忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[167] [166] [165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前々からFOXで番宣を見て気になっていた『デクスター』の先行放送を見ました。
どんな話か乱暴にいっちゃうと
マイアミ警察殺人課の血痕分析官デクスターの趣味でやる必殺仕置き人。
FOXのサイトを見ると
彼には誰にも言えない趣味があった。
それは、一風変わった殺人を繰り返し、殺した相手の血のコレクションをすること。
らしいのだが、殺し方がハッキリ描かれてないの。
一風変わってるのは殺害方法じゃないのだろうか?
マイアミで血をすべて抜き取られバラバラにされるという連続殺人が発生。
彼は、この犯人の手腕に驚嘆し、また賞賛しているようにすら思われるので、彼自身の殺し方もこういう感じになっていくのかも。
「えぇ~次どうなんの!?」というところで終わった第1話なんだけど、後はCRIMEで……ってことのようですね。残念。
主演はシックス・フィート・アンダーの人。(何だ、そりゃ;;)1,2回見て挫けたので、よく分からない(笑)
マット・デイモン系ということは、ジミー大西系、ならば「あなた、ひょっとしてネアンデルタール人?」みたいなルックスの人です。(酷い?)
『殺人事件』が好きなのかな~私。(あくまで、フィクションの、ですが…)
ドラマとか、どギツイ方が割と好きかも知れない……
CSIは、何故かあまり好きじゃないというか、1,2話見て「まぁまぁ」と思ったけど、毎週見ようと思わなかったのですよね。
HOUSEよりもNIP/TUCKだし…
ヒューマンドラマみたいなのは、ちょっと苦手です(~_~;)
この、デクスター君、ルックスは…あまり好みじゃありませんが、SEXがダメというのが、大変イイ。
ダメな人間ているんだってば(-_-;)
まぁ、TVや映画で見てる限りは自分に降りかかってくるわけじゃないので、別にいいんですけど。
でも、1話目からして、話が違うやん!という展開になりかけたので、これから『殺し方』、『血抜き殺人鬼』(勝手に命名)と、彼の『貞操の危機』(違うか;;)
それと、彼の趣味が勤務先である警察にバレないのか?というあたりが、描かれていくのだろうと思います。
続きが見られる日が来るといいんですけど……冷蔵庫にあんなもの…気になります。
それと、あんな業務用のラップを大量に買って怪しまれないのかも……(笑)

NCISシーズン2もそのまま見ちゃいました。
シーズン1の放送が始まった頃、CRIMEの番宣で面白そうだと思って、見たのですが、ちょっと違うかな~と。
CSIぽく感じたからかな?
それと、毎日24時~って、ちょっとキツくて(-_-;)
そこまで頑張れるほどは気に入ってなかったわけですね。
でも、数日前、また、たまたま見たら「え!ダッキーってデビッド・マッカラムなの!?」
き、気がつかなかった~不覚(~_~;)
だけど、感覚としてはイリヤから一足飛びにダッキーに移行した感じがして、妙な気もち。
その合間の彼の姿をあまり見てないですからね……もちろん出てるんだろうけど、何かに。
と、いうわけで、シーズン2は週一なので、出来るだけ見ようかな、と思ってます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]