忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[165] [164] [163] [162] [161] [160] [159] [158] [157] [156] [155]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年二度目の蜷川です。
スパンが短いなぁ……確か春に『恋の骨折り損』を見たばかりなのですが、蜷川組というか、レギュラーのごとく出ている方はすぐお稽古だったのでしょうか?
そうでもないのかな、商業演劇って……?
『恋の~』はよかったけど、ちょっと、なぁ……というのもあって今回のチケット取るの迷っていたのです。
小栗旬、成宮寛貴という、旬な人気者が出るので、チケット取るのも大変そうだし、お高いし……
どうしようかな~と、チラシを裏返したのがいけなかった。(え!?)
えぇ~山下さんお出になるの!?
今回は再演で前も出てらしたようなんですけど……迂闊、知らなかった……。
山下さんは花組芝居に所属してらっしゃる方で、美しい女形ッぷりで(ちょっと、顔が大きい気もするんですが;;)とても好きな方なのです。
で、まぁ、チケット取ることに。
劇場についてみると真ん中のブロックの左端だったですね。
『恋の~』でも、かなり通路を使っていたので、今回も使うのかなと思っていたら、荷物を置かないよう注意が。
最初、トレーニング着状態で役者さんが客席の奥から登場。
私の横を、成宮君が駆け抜けていきました(^_^;)
その後も、通路も舞台の一部として使う演出だったので、度々いろんな人が通ったり。
ラストシーンの主人公の二番目の兄が登場するシーンでは、私の真横で台詞を言ってました。(なので見えない;;)
今回思ったのは、田山さんや、吉田さんの上手さはもちろんなんですけど。
小栗旬て結構ちゃんと出来るやん。(←偉そう;;)という……ファンの方に殴られそうな感想なんですけど(汗)
日本のドラマとか、映画とかあんまり見ないんで、舞台で見ない方ってよく分からないんですけど、割かし出来てるやんという……
再演で主要キャストは同じようですから、それもあるでしょうけど。
成宮君……微妙、というか、もうずい分公演が続いているせいか、かなり声が枯れ気味。
&噛み噛み。かなり、噛んでたね~うん。
でも、佇まいが可愛らしくてね、キレイな人って得だな~と思いました。
最悪の予想よりはずい分よかったです。はい。
声がちゃんと出てれば、もっとよかったと思います。
『恋の~』にも出ていた、今回シーリア(成宮君のロザリンドのいとこで親友)役の月川悠貴さん。
この方は本当にイイ。
何か、もう気品があって、立ち居振る舞いも貴族の少女そのもの。声もとても良くて。
無表情にちょっと面白いことをするのがまたイイのです。(キートンタイプですね。)
そんなわけで、なかなか楽しめた舞台でした。
ウェディングドレス姿の成宮君が私の脇を駆け上がって駆け下りて来る時の形相がちょっと怖すぎでしたけど(~_~;)
すんごい速いし……本当にメチャメチャ速いし、顔は怖いし(笑)
カーテンコールとかも時々顔が怖かった。
う~ん、凛々しいお顔立ちだからですかね~?
オフィシャル・ブログに画像がありますのでよかったら。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]