忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[392] [391] [390] [389] [388] [387] [386] [385] [384] [383] [382]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観て来ました。
同じ劇場では『ゴヤ』もやってて、どっちでもいいなぁ……と思っていたんですが、昼から何だか鬱々とした気分になったので、こちらに。

1944年12月25日、ナチス・ドイツは、完全な劣勢に陥っていた。
そんな時、宣伝大臣ゲッベルスは、ある案を思いつく。
来る新年に、ヒトラー総統の演説をベルリンで行い、大勢の市民を前にしたスピーチを何台ものカメラで撮影。
プロパガンダ映画に仕立てて、国民の戦意を高揚させようというものだ。
ところがこの計画には大きな問題があった。
肝心のヒトラーが自信を喪失していて、とてもスピーチ出来る状態ではなかったのだ。
わずか5日間で総統を立ち直らせるため、ゲッベルスが白羽の矢を立てたのはアドルフ・グリュンバウム教授。
戦前は世界的なユダヤ人俳優であったグリュンバウムは、かつてヒトラーに発声法を指導した実績があった。
また、ユダヤ人ということでヒトラーの内にくすぶる怒りを甦らせるには最適の人物と考えたのだ。
膨大な事務手続きを経て、グリュンバウムはザクセンハウゼン強制収容所からベルリンの総統官邸へとやって来た。
サンドイッチを与えられ、ゲッベルスと対面したグリュンバウムは皮肉な状況に戸惑うが、妻や4人の子供と一緒に暮らせることを条件に、任務を引き受ける。
かくして、二人きりでの指導が始まった。(但し、マジックミラー越しに監視されているけれど)
ふと机上の金塊(?)を手にしたグリュンバウムはヒトラーに殴りかかろうとするが、幼少期のトラウマに苦しむヒトラーの哀れな姿を目にすると実行することは出来なかった。
憎き独裁者を亡き者にする絶好の機会に、彼の心は揺れたのだ。
グリュンバウムの指導の効果で、ヒトラーに復活の兆しが見え始める。
グリュンバウムはこの重責に見合う新たな報酬として、ゲッベルスにザクセンハウゼン収容所の解放を要求。
ゲッベルスは激怒し、グリュンバウムと家族を収容所に送り返してしまう。
しかしグリュンバウムのことをすっかり気に入ったヒトラーは、教師の交代を断固拒否し、ゲッベルスは渋々グリュンバウムを呼び戻す羽目に。
指導の甲斐あって、ヒトラーは見違えるように最盛期を彷彿とさせる威光を取り戻した。
だが、いよいよ演説という日、思わぬトラブルが発生した。
ある事件から声が出なくなってしまったのだ。
グリュンバウムにステージの下に身を隠して演説原稿を読み上げさせ、ヒトラーが口パクで聴衆にアピールするという段取りが急遽整えられる。
銃を突きつけられ、演説原稿を読み上げるグリュンバウム。
このまま世紀の演説は成功するのか!?

ユダヤ人の監督によるヒトラーの映画。
コメディー、というか喜劇ですね。
辛いことこそ笑い飛ばしちゃえ!という、まさに喜劇のあるべき姿だと思います。
ヒムラー役の人、見たことあるなぁ……と思ったら『最期の12日間』のヒムラーと同じ方が演じていました。
180度違うって感じですね。
この映画に登場するヒムラーは何だか憎めません(^_^;)
今回、珍しくこの記事を書く前に他の方のレビューとかチョコチョコッと拝見したのですが、「おちょくり過ぎて悪趣味」と書いておられる方もいらして、そう言われればそうかな…とも思うのですが……
う~ん、徹底的におちょくる、というのも一つの手だと思うのですよね。
それと、ヒトラーをごく普通の(?)弱い人間として描いたというのも、なかなかに画期的なのでは?(『最期の~』も、ある意味そうだったけど)
今もそうなのかどうかよく知らないのですが、ドイツではヒトラーの話はタブーという感じがありましたよね?
自分達とはまるで違う怪物扱いというか……。
この映画は、演説の天才と呼ばれたヒトラーに実は指導者がいたという史実から発想されたフィクションではあるのですが、ある意味今までにない『真実かもしれないこと』を描いているのではないかと思います。
怪物として生まれてくる人はいないのであって、怪物になってしまうのだということ。
エンドロールに、ドイツ人へのインタビューが流れます。
「ヒトラーって?」
子供達は知らないと答え、年配のご婦人は、話したくもないと言う。
辛いことだけど、そろそろしっかりと振り返ってみるべき時なのかもしれない。
どこの国にも当てはまることだろうけど。
原題は『MEIN FUEHRER』。
国民にそう呼ばれたヒトラーが、グリュンバウムをこう呼ぶシーンに、いろんなことがギュッと詰まっている気がします。

グリュンバウムがヒトラーに言った言葉で「演説は国民への愛の告白です。」というものがありました。
政治家の皆さんは、この言葉をどう思うのでしょう?
それ以前に、あんたら国民を愛してんのか?

グリュンバウムを演じたのは、『善き人のためのソナタ』で監視員を演じ、絶賛された旧東ドイツ出身の名優ウルリッヒ・ミューエ。
残念ながらこの作品が遺作となってしまいました。
ヒトラーやゲッベルスと力強く渡り合うグリュンバウムの、静かな気迫をこめた(それでいて軽やかな)演技をご覧いただきたい、です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
指導者って
なんか、ヒムラー役がタイプ・キャストになっちゃう役者さんってのも気の毒かなと・・・。

これ面白そうだね!私はヒトラーみたいな人は必ず参謀とか指導する人とかいると思うよ。絶対ワンマンであそこまで出来ないと思う。この政権が崩れたら自分の身も危ない、と思う人たちが、指導者をプッシュしていくのじゃない?

うちの会社がそうだから(爆)
チュチュ姫 2008/10/23(Thu)22:26:22 編集
Re:指導者って
かつがれて何ぼってことですか。
まぁ、そういわれればそうかな。

ヒムラーさんは、『最期の~』とは、まるで正反対!て感じで上手いなぁ……と。
ぜひ、見比べていただきたいです。
あと、やっぱりあの軍服は、ゲルマン民族のためのデザインなんだなぁと思いますね。
他の人達が着るとやっぱりイマイチしっくりこないんですよね。
トーマス・クレッチマンは、ほんっっっとに似合ってた(*^_^*)

て、ことはさておき、好き嫌い分かれそうですが、私は面白かったです。
【2008/10/27 17:11】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]