忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[386] [385] [384] [383] [382] [381] [380] [378] [379] [377] [376]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきました。
ショッキングなニュースを知った後だったけど、予約しちゃってるから貧乏人は行くしかないのだ。

大学を優秀な成績で卒業したアニー。
母の期待を背負って銀行の面接に行くが、「あなたという人間を説明して」と言われ、何も答えられずに会社を後にしてしまう。
セントラルパークのベンチに座り、自分の行く末を想像するアニー。
そこで、事故に遭いかけた男の子を助けたところから、思わぬ運命の扉が開く。
男の子の母親に『アニー』と名乗ると、彼女は『ナニー』と勘違い。
「前のナニーが辞めて困っていたのよ!」等々まくし立て、「連絡してね!」と名刺を手渡し去っていく。
呆気に取られたものの、自分が何をするべきか分からなくなったアニーは、しばらくの間『ナニー』としてその家で働くことを決める。
マンハッタンのゴージャスなセレブの家で子どもの面倒を見るだけの割のいい仕事、と思っていたのだが……

大学で(多分母親の希望で)経済を学んだものの、人類学への夢を捨て切れないアニー。
面接に失敗したのを機に、アッパーイーストでのフィールドワークを始める。
冒頭とラストがレポートの形を取っていて、(映像もそれに合うように工夫してある)面白い。
彼女が勤めた家は観察対象であるためX家と呼ばれている。
このX家の男の子、グレイヤーの子守が彼女の仕事。
我がまま放題で手のつけられない悪ガキと思っていたが、一緒に過ごすうちに彼の孤独を知る。
そして要求ばかり押し付けて、自分を振り回すミセスXの苦悩と寂しさも。
辞めたいと思いながらも、自分を慕うグレイヤーのことを思うとなかなか言い出せないアニー。
しかし、とばっちりからいきなりクビにされてしまう。
すぐに、出て行くように言われ、最後の給料と渡された封筒の中身は、ほんのちょっぴり。
我慢しきれなくなったアニーは、雇い主に、今まで溜め込んできた本音を叩きつける!!

スカヨハの映画で私が観た中では、一番面白かったかも。
今までこういう『普通』の役って少なかったと思うし、等身大な感じがよかったのかな。
セレブ夫婦を演じてるのはローラ・リニーとポール・ジアマッティ。
ローラ・リニーにゴージャスセレブなんて……と思ってたけど、メイクさんの力なのか、はたまた目が慣れていくのか、見ているうちにディオールのドレスやダイヤのネックレスも違和感なく。
とんでもない、傍若無人ぶりも素なんじゃないかしら?と思わせる芸達者ぶり。
ジアマッティもハゲでチビでデブでお金しか取り柄がないイヤ~な男を好演(褒めてんのよ)。
グレイヤー君も我がまま放題からだんだんと心を開いて、アニーを信頼しきる姿が可愛いです(不憫でもあるけど)。
一応、ラブストーリー的要素も盛り込んで、恋に仕事に悩むお嬢さん方のハートを鷲掴み!なんでしょうか?
『なりたいあなたがきっとみつかる!』というキャプションが付いてますが、まぁ、見つけるのはアニーなんであって……
でも、やっぱり好きなことしなきゃダメなのよ。
好きなことじゃないと頑張れないし。(だから、ちっとも頑張らないのさ、オイラ;;)
高校の時の先生とかが「好きなことは仕事にしないほうがいい」とか言ってたけどさ。
確かに一理あるんだ。
仕事にしたら嫌な面も見るだろうし、ただ好きでばかりいられないけど、『好き』っていう気もちを持てないものを毎日毎日繰り返すなんて……ね。
だから、まぁ、ちょっと恨んでるかもね(笑)
それは、さておき、結論の一つとしては非常に月並みだけど『お金があれば幸せってもんじゃない』ってことなんだと思う。
とはいえ、『幸せには、多少のお金が必要』って持論は(てか、これは某先輩の受け売りだけど)変わらないけど。

あ、そうそう、この映画、久々になかなかいい邦題だったよね。
『ナニー』っていう言葉が日本ではあまり馴染みがないだろうという考えもあってのことなんだろうけど。
原題の『THE NANNY DIARIES』をカタカナにしたりするよりはずっといい。
「何ソレ?」って感じが、個人的には◎です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
これも
観る気なかったけど、まーちゃんのを読むと・・・。

まーちゃん、文才あるのよ!
チュチュ姫 2008/10/15(Wed)21:11:55 編集
あらっ。
も~チュチュさんたら、上げたり下げたり(^_^;)

それはさておき、コレ面白かったですよ、私は。だけど。
そんなに期待に満ち満ちてなかったせいかもしれないですけど。
ローラ・リニーだし、ご覧になるかと思ってたんですが……
冒頭とラストの構成はアイディア賞ものかな。
脇を上手い人で固めたっていうのもこの映画の質を上げたんじゃないでしょうか?
イントゥ・ザ・ワイルドと2日続けて大学を卒業して、自分探しをする人の話を見たわけですが、確固とした『自分』なんて、そうそう見つかるもんじゃないんだろうなぁ、と。
私ゃ、未だに分かりませんしね、自分のことなんて(~_~;)
【2008/10/16 17:50】
自分も他人も
「これだ!」というものが見つかる方がラッキーつーもので、「必ずいる(ある)」なんて思ってるとハズすよねー。

アタシも自分で自分わかりませーん。
チュチュ姫 2008/10/16(Thu)21:11:18 編集
Re:自分も他人も
そうですね。
きっと、死ぬまで何だかんだ迷って終わるんだろうなぁ。と思います。
でも、「必ずいる(ある)」と思いたいっていうのも、分かるし、自分にもそんな気もちがあるんだろうと思います。

うぅむ、生きるって難しい。んだろうな、ボーっと生きてると忘れてるけど。
【2008/10/17 18:02】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]