忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[381] [380] [378] [379] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきました。
『ザ・セル』のターセム監督の2作目。

1915年、映画創成期のアメリカ。
オレンジの収穫を手伝っている時に木から落ちて腕に怪我をして、入院中の少女、アレクサンドリア。
ベッドでじっとしていられない彼女は病院内をアチコチ歩き回っていた。
ある日仲良しの看護婦に渡そうとした手紙が風に流されてしまう。
アレクサンドリアは、その手紙を手にした青年を見つけた。
彼は、スタントマンなのだが、スタントに失敗して怪我をしてしまい、歩くことも出来ずにいた。
その青年、ロイはアレクサンドリアの名にちなんでアレキサンダー大王にまつわる話を彼女に聞かせる。
そして言った。
「明日、別の話をしてあげる。愛と復讐の叙事詩だ。」

実は、ロイは自分の怪我と失恋のショックから自殺を考え、そのためにアレクサンドリアを利用しようとしていたのだった。

映画の舞台となるのは、ともに『落ちた』二人の入院している病院と、5(6)人の勇者達が活躍する愛と復讐の物語にふさわしい壮大な景観を持つ土地土地。
これは4年がかりで13の世界遺産を含む世界24カ国以上で撮影されたそう。
ロイが語る、この物語の舞台がとにかく素晴らしく美しい。
現実から逃避するにはもってこいです。
でも、それだけでなく、少女と青年の物語がとてもいい。
ロイの話す物語は、ところどころアレクサンドリアの意向を取り入れ方向を変えたりして、いつしか二人の物語になっていく。
迎えるラストは、少し悲しくて、とても優しく美しい。
自分のことを誰かがこんなにも想ってくれていると知ることは、人に勇気を与えるのだ、ね。

ロイを演じたのは、リー・ペイス。
『グッド・シェパード』や、『上海の伯爵夫人』に小さな役で出ていたとか……
う~ん、『上海~』は観たけど、覚えてないなぁ。
こんな、眉毛の太い子いたかしら?
睫毛も長くて、悲しげに俯く顔がイイ!!
アメリカのテレビ映画でトランス・ジェンダーを演じて注目されて色々賞を取ったようです。(見てみたいなぁ)
そして、アレクサンドリア役のカティンカ・アンタルーちゃんは、これがデビュー作。
監督は彼女の素のリアクションや勘違いなども脚本に活かし、女優としての意識が芽生える前に撮影を終えてしまおうとしたんだとか。
子どもってプクプクしてる方が可愛いわよね~、やっぱり。

ストーリー自体は(どちらも)込み入ったものではなく、どちらかといえば単純なんで、好き嫌いがあるかもしれませんが、個人的にはとってもオススメです。
あの、この世のものとは思えない景色を見るだけでも、一見の価値あり、です。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
東京は
明日までなんですよ~、涙
無理です~、もっと長くやってくり~
URL 2008/10/09(Thu)22:41:22 編集
あいや~
それは、残念。
東京って大阪よりもミニシアター系の映画館も多くて長い期間上映してるイメージがあるんですが……。
大阪はシネコンはいっぱい出来てるけど、どこも同じ映画ばっかりだし。
ミニシアター系は数が限られているから、大阪での上映が無い作品も結構あるし、あっても上映期間がたった一週間という場合も。
上映時間を振り分けて対応してくれることもありますが、働いてる人間には無理です……見たいな時間帯のみの上映だったり。
何とかしてくれ~(>_<)
【2008/10/10 17:17】
と思ったら
延長されたみたいで、もう一週間やるみたい♪
&開始時間も1時間延びたわ~♪♪
でも19時前って、やっぱりどうよ~(>へ<
ミニシアター系のターゲットって学生なのかしらん?それとも隠居の世代??
はっ!もしかして公務員向け?? ← 間違ってる
URL 2008/10/10(Fri)20:18:53 編集
Re:と思ったら
それは、めでたい♪
お時間が許せば、ぜひ観てくださいましね。
19時前って、普通の社会人の方にはやっぱり厳しいのですね。
場所的なことも関係あるかと思いますが。
でも、朝1回とか、17時台が最終とかは、どんな考えなんですかね~
やっぱり、隠居世代?
【2008/10/14 17:30】
またまた・・・
も~あなたが書くと面白そうだわ!
チュチュ姫 2008/10/10(Fri)22:08:58 編集
知らなかった。
そんな、才能があったとは。
おすぎの後釜狙おうかしら~?
あ、オカマじゃないからダメかしら??
それは、さておき、自分が面白かったものしか面白そうには書けないので。
その時点で、職業にするには不向きですな。
思い切って帯の文句だけで知らないアーティストのアルバムを買うような気持ちで見てください。
【2008/10/14 17:36】
テレパシーよっ
でもたいがいまーちゃんのとこでピックアップしたものは面白いのよ!(けして「まーちゃんのオススメ」ではないのよね)

きっと、私が知りたいツボを本能で知っているのね・・・・
チュチュ姫 2008/10/14(Tue)21:17:13 編集
なぁんや……
才能は、やっぱ無いのね(ショボン)。

私がピックアップしたものが面白いというのは、関心のあるものが近いってことなんでしょうか?
でも、オススメではないのですね~(~_~;)
まぁ、最終段階で何を好しとするかって所に、かなり差があるということでしょうか?
ま、人間そうじゃなくっちゃね。
【2008/10/15 17:42】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「落下の王国」
「落下の王国」、観ました。 アメリカ、インド、イギリス製作で、原題「THE FALL」の2006年の映画。1915年のアメリカで怪我を負ったスタント...
URL 2008/10/11(Sat)14:53:14
忍者ブログ [PR]