忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[559] [558] [557] [556] [555] [554] [553] [552] [551] [550] [549]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2年くらい放ったらかしになっていたDVDをやっと見ました(^_^;)
何しろ4時間を越える大作なので、時間も気力も体力も必要でして……
見るならちゃんと続けて見てしまいたいし……
という訳で、のびのびになっていました。
母と、今はもう無くなった三番街シネマで見ました。
公開は、もう10年以上前なので、ご存知の方はお分かりかと思いますが、あのイスで4時間は辛かった(>_<)
途中で休憩もありましたけど……

ストーリーは今更お話しするまでもないですが……
父の死に打ちひしがれる、デンマークの王子ハムレット。
しかも、葬儀からたった数カ月で、母は父の弟と結婚しようとしている。
きらびやかな結婚式の片隅で、黒い喪服に身を包み一人悲しみに耐えるハムレット。
父の死を深く嘆き悲しんでいたはずの母の突然の結婚に、ハムレットは深い衝撃を受けていた。
しかし、ある夜亡くなった先の国王、父の亡霊が現れ、ハムレットに自分の死の真相を告げる。
王位を狙う弟のクローディアスの陰謀で毒殺されたというのだ。
恐ろしい真実に愕然としながらも、彼は父の復讐を誓う。

という感じでしょうか?
この1996年の製作版は、舞台を19世紀に移しています。
タイツ時代(笑)よりも、ちょっと受け入れやすく、でも程々に遠い時代。
監督、脚色、そしてハムレット役を務めたのは、ケネス・ブラナー。
観た当時、王子と呼ぶにはちょっと年が……;;
と思っていたのですが、ハムレットの設定は30歳。
ケネス・ブラナーは撮影当時35歳ということで、結構ピッタリだったのでした。
いや、でも、35歳でこれだけのことを任せてもらえてやり遂げたというのは、ホント凄いです。
オフィーリアには、ケイト・ウィンスレット。
今まで見た中で、最も死ななさそうなオフィーリアです。
クローディアスには、ブラナーが初めて見たハムレットを演じていたデレク・ジャコビ。
旅役者の一座にはチャールトン・ヘストンがいるし、墓掘り人はビリー・クリスタル。
亡霊を見たことをハムレットに伝える歩哨にジャック・レモン。
大詰めのフェンシングの試合の立会いを勤める道化役にロビン・ウィリアムズ。
惨劇の広間に登場する英国からの大使にリチャード・アッテンボロー。
ジェラール・ドパルデューもチラッと、ポローニアスでしたっけ?オフィーリアの父ちゃんは?の使いの役で。
そして、名前だけで省かれちゃうことが多い、ローゼンクランツにティモシー・スポール。
この映画には、ちゃんと出ますよ、完全版ですから。
そして、そしてノルウェーの王子フォーティンブラスにルーファス・シーウェル。
この映画で彼と出会ったんですね~
って、一方的にですけど(笑)
フォーティンブラスも、結構省かれちゃう役どころなのですが、最後の最後に出てきておいしい所を持っていっちゃうのです。
同じ脇役でも演るならコレ!という感じですね。

撮影は70mmフィルムで行われており、衣装もセットも贅を凝らしてあります。
台詞回しは小難しいけど、時代を経ても色褪せない『何か』を見つけられることと思います。
よろしかったら、時間と気力と体力のある時に、ぜひ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
えらい!
見ましたか!
試写会に行った友人がバテてました。
私?見ませんわ~
ケネス・ブラナーがあかんねん。
しかしキャストが豪華ですね!
でも4時間はキツイな。
angie 2009/10/13(Tue)20:16:17 編集
え~
レッツ・トライざますよ!
オリヴィエのハムレット像とはまた違ってて興味深いし、衣装もキャストも豪華であります。
「え?ジュディー・デンチやんな…そんな一瞬!?」とか(笑)

まぁ、しんどかったですけどね~;;
お家で寝転んでDVD見るのはもう少し楽チンです。

『赤と黒』行きましょうね!
たった3時間だし(爆)
【2009/10/16 18:17】
想像つく
>今まで見た中で、最も死ななさそうなオフィーリアです

あはははははははは!!!
chuchu 2009/10/19(Mon)23:41:35 編集
ご想像どおり
とは思いますが……
そんなに、ウケたらケイトが可哀想……っても、逞しいんですよね~;;
(鷹の爪団の吉田君のケイトに対する意見を聞かせた~い!!)

でも、オマケに入ってた予告編集のメルギブのハムレットの方が、ちょっと……
こんな、小汚いハムレット、ダメ、絶対!!
【2009/10/20 18:17】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]