忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557] [556] [555] [554]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友達から警告を受けました。
「スッピンのキャメロン・ディアスなんか見たら、泣いてしまうよ!」

キャメロン・ディアスが殆どノーメイクで、初の母親役ということでも話題の作品ですね。

11歳の少女アナは、白血病の姉に臓器を提供するため、遺伝子操作によってこの世に生まれた。
生まれてからこれまで何度も姉の治療のために犠牲を強いられてきたアナ。
母のサラは愛する家族のためなら当然のことだと信じて疑わない。
そんなある日、ケイトのために医療処置を受けることを拒否すると、アナは突然、両親を相手に訴訟を起こす。
その決断にはある隠された理由があった…。

最初からドナーとして創られる子供。
臓器移植。
生きていくこと、死んでいくこと。
などなど、実は重いテーマがそこここに見えるのですが、家族の愛情を軸として描くことで受け止めやすくなっていると思います。

ケイトが重病であることが判明してから、それに振り回されながらもそれなりに幸せだった家族だが、ケイトの病状が重くなるにつれて家族にかかる負担が大きくなっていく。
母のサラは、とにかくケイトを生きながらえさせることに必死。
何が何でも死なすまいと思っている。
父のブライアンはサラの基本的にはサラの意向に従っているけど、ケイトに楽しい日々を過ごさせたいと思っている様子だし、アナが何故自分たちを訴えるようなことをしたのかを理解しようとしている。
ここに、世間的な「死」に対する2大意見というか、立場が表されていると思う。
どちらが正しいとか間違っているとか言うことは出来ないけど、「生きている」とはどういうことか?という、言わば究極とも言える問題が提議されているように思う。

が、ストーリーの随所にユーモアが散りばめられているし、ケイトの初恋に家族中が沸き立つ様子など観ているこちらも自然に微笑んでしまう。
とはいえ、やはりいわゆる普通の家族とは違ってしまっていることに、実は一番胸を痛めているのはケイトだ。
病気の自分が父から母を奪ってしまったのではないかと思っているし、失読症の弟が家族から十分なサポートを受けられなかったことも、もちろん自分のために数々の手術をアナに受けさせてきたことにも胸を痛めている。

担当医から特別の許可を得てビーチで家族が過ごすシーンがとてもいい。
穏やかで幸福感に溢れていてると同時に、一抹の寂しさ悲しさが垣間見える。

ラストは多分とても悲しいのだろうけど、それだけではないと思えるものがある。

生きること、生きていくこと、死んでいくことについて、改めて考える機会をくれる映画だと思います。

エンディングテーマのVega4は久しぶりに聴いたけど、やっぱりいいね。

あ、そうそう。
キャメロンはスッピンよりメイクした方が怖いことが判明しました!(私は;;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]