忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[378] [379] [377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

試写会に行ってきました。
云わずと知れた『三国志』の中でも有名な『赤壁の戦い』をテーマに描いた大作。
三国志をあんまり知らなくても最初に説明があるので、大丈夫そう。
子どもの頃、人形劇(某国営放送の)とか、アニメとかで見たけど、あんまり覚えてないもんですね~。
なので、中国はともかく世界規模で勝負するとなるとどうなのか!?とは思うんですが……

208年、中国三国時代。
天下統一の野望に燃える曹操(魏)は80万もの兵力を率い、他の国を征服していった。
彼の天下統一の野望を打ち砕くため、劉備軍(蜀)の若き天才軍師・諸葛孔明は孫権軍(呉)に力をあわせて曹操軍と戦うよう交渉に向かう。
孫権は孔明の申し出を受け入れ、ここに連合軍が出来上がった。
その数6万、孔明と孫権軍の知将・周瑜の2人は、圧倒的に巨大な勢力へと立ち向かうため、奇策と知略をめぐらし、戦いへと挑む。
そして、曹操の野望の裏には、一人の女性に秘められた目的があった――。

何だかね~スケールも大きいし、『三国志』自体、話としては面白いと思うのですが、何かあんまりハラハラドキドキしない。
戦闘シーンとかもジョン・ウーらしく血も飛び散って、迫力のある映像なのに、どことなくたるい気がする。
何かね~深夜にCATVとかでやってる『プロレス・懐かしの名勝負』みたいな感じがするの。
昭和50年代、後楽園ホール、ジャンボ鶴田vsテリー・ファンク。
名勝負なんだ、名勝負なんだよ!
でも……
今のプロレス(私は主にWWE見てるんだけど)見てると、スピード感に雲泥の差があって、何かトロくさい。
鶴田に限らず、昔のリック・フレアーの試合とか見ても同じ感じがする。
今のスピードや高さに慣れた私の目にはあんまり凄く映らないのだ。
当時凄かったことが分かってても。
つまり
ジョン・ウーらしいスローモーションを多用したアクションシーンが、妙にトロくさい感じがしてしまうのだ、私は。
迫力はあるんですよ。
だから、そう感じてしまう自分が何とも悔しかったりするのだね~
アクションシーンに限らず、一つ一つ大切なエピソードだと思うものの、ちょっと冗漫に感じたり……
前後編にしないで3~4時間でドカーンと作っちゃった方がよかったかも。
興行的には難しいだろうけど。
何といっても、肝心の『赤壁の戦い』を前にして以下次号!!なのだ。
ちょっと、ガクッとしちゃうよね~。
まぁ、ここで切って、引っ張っとかないといけないんですけどね。

胡軍(フー・ジュン)が、今回の楽しみの一つでもあったんですけど、思っていたよりも凄い大役じゃないですか!!
日本の映画紹介とかじゃあんまり取り上げられないし(日本じゃあんまり有名じゃないですから仕方ないんですが)、出番少ないのかしら?と思ってたの。
スッゴイいい役や~ん!
格好いい役どころです。
義に厚い男~(他の人も皆そうなんですけどね;;)、戦闘シーンも男前です。
友達にも「格好いい人いたんやけど、言うてた人?」と言われ~(以前から宣伝しておいた)
通り縋る人達の「あの人格好よかった。」と言う声に「あぁ、それはきっと胡軍のことですよ~!」と言いたくなり(さすがに言ってない;;)。
もう一人、楽しみにしてた人張震(チャン・チェン)は、今のところ動くシーンはないので(孫権だから、この先もなさそうですが)ちょっと残念。
珍しくプレスシート付きの前売り券の販売があったんだけど、お財布の中身の都合で買えず(>_<)
でも、もう1回見るってちょっとしんどいなぁ……。
Part2の前に、もう1回観たいわ。

ところで、金城武の諸葛亮ってどうですか?
個人的には相当イメージじゃないんですけど……
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
観てきました
フー・ジュンって誰よ、と思ったら、趙雲ね~。確かに男前な役だった(笑)
いい役者さんだよね、って初めて観たんだと思うけど・・・多分・・・(;-- ← キャストを覚えない人

話が変わるけど、今朝(それも早朝)の番組でこの3人が出ていてお互いの印象や今までの事を語り合っていたの。
金城武って私の中ではうまいんだか下手なんだか、観ている側を煙にまくような雰囲気を持ったヤツだと思っています(笑)
その彼が今回の孔明のついては相手が超有名人だから、どう演じていいのかというより、どう振り向いたらいいのか、どう振舞ったらいいのかも分からずひたすら古文を暗記していたけど、ジョン・ウーが気持ちよく見えるように振舞えって助言し、ああいう孔明になったと・・・ふーん。

あ、ワタシ自分がいかに戦争映画が好きじゃないのかってことを再認識しました。撮りたいことっていうのは伝わってくるんだけど、歩兵を引きづり倒した後ガシガシ槍?突き刺すシーンあんなに映さんでもええんとちゃう?(爆
URL 2008/11/02(Sun)09:05:19 編集
Re:観てきました
ご覧になりましたか。
えへへ、フー・ジュンを褒めていただいて嬉しいです<3
インファナル・アフェア2作目(かな?)に出てたようなんですが、私も覚えがない(-_-;)
まぁ、これからってことで(結構ベテランだけど)。

その早朝の番組見たかったなぁ……でも、全然起きてなかったです(>_<)

私は日本語を話す金城武が、どうもしっくりこないんですよね;;
だから、今回はちょっとマシだったかな(笑)
なるほど、孔明のの役作りにはそんなエピソードが……
確かに、三国志の登場人物なんて、ヒーロー中のヒーローっ感じですからね。やりにくかったのかも。

戦闘シーンがあまりにも肉弾戦で、何かちょっと、胃にきましたね(~_~;)
【2008/11/04 18:45】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]