忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[122] [121] [120] [119] [118] [117] [116] [115] [114] [113] [112]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

カンヌでとても評判がよかったいう話だったので、もっと混んでいるかと思ったけどそうでもなくてちょっとホッ。
時間軸的にはラストシーンから始まって、一気にフラッシュバックし、登場人物に沿って何度も巻き戻しては再生されていく合間にいつ取ったのか解らない(最後に解りますが)インタビューが挟み込まれていく。
なので、続きのシーンだと思っていたら、あ、さっきのはこの前にあったことなのか…ということも度々。
特に新しくもない気がするんですが、それぞれの主観で同じ時間が繰り返されていくという手法は生々しさがより感じられます。
チラシでも書いてるし、予告でもわかるし、最初のシーンだから書いちゃいますが、個室で誰かが死んでいる。
そのことだけを明らかにして、それぞれに痛みを抱えた、つまり誰もがその死んでいるコであってもおかしくないことが各自の口から語られていく。
比較的予想通りの展開をしていきます。
あのコも実はゲイなんじゃないか?とか、それは身内のせいなんでは?とか……
だから、映画そのものの流れをただ追っていくだけでなく、あの中で血を流しているのはどのコなのだろうと考えながら、過去に自分の身に起こったことを振り返っていく。
そのことがこの映画を特別にするのではないかと思います。
程度は違っても、誰もが結構身に憶えのあることがあるのじゃないでしょうか?
私なぞはいじめられっ子だったのでとても……身につまされる、というか……
なんだかとても痛い映画です。
でも、観て欲しいとも思います。
それはさておき、オーストラリア人てごっついねぇ……。
こんなに分厚いのに普通の人なんだねぇ…っていう。やっぱり土地が広いと体格が大きく進化するというのは本当のことなんだな。と、しみじみ感じたのでした(笑)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]