忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一日を過ごしてしまいましたよ、昨日は。
え、いつものこと?
まぁ、そうどす。
あ、ブログは珍しく書いたけど。
前の日にディスカバリーチャンネルを遅くまで見てしまい(映画見た後とかって脳が休めないのかな?夜中チャンネルいじってたら、カニバリズムについての番組でさ。見ちゃった;;)
遅くに起きだして、ボーっとした後、信樂團の『ONE NIGHT @火星』をチョコチョコ見て。
CATVで『ファーゴ』の放送があって、今度こそ!!と見て。
何か、前にも何度か見る機会があったんだけど、どうしても最初の10分くらいで嫌になっちゃって……
今回は何とか最後まで見ました。
ラストシーンのこの空気、『ノーカントリー』にも通じるものがありますね。
で、夜になって、また信樂團のDVD見て(笑)
残念ながら、今この形の信樂團はもうないんですけどね。
阿信(Vo)が抜けちゃった理由や、その他バンドとの間に何があって、どうなったのかは私にはわかりません。
まぁ、どっちの言い分を聞いても、それはその当人から見て…の話だから
その人にとっては、それが真実なんだろうし。
自分が友達とケンカした時とか、思い出してみると分かりますよね。
主張しているとことが食い違うのはどちらも主観でしか物事を見られないから、人間てね。
阿信が黙ってソロ契約しちゃった。という話も聞いたことあるけど。
実は気が小さそうな人の気がするから、言い出せないうちにズルズルと……つていうのも考えられますが……
いずれにしても、もうない(この形の、はね)のは、勿体ない話です。
でも、このライブのDVDに限ってのことしかいえないんだけど、完全にオリジナルの曲の比率が低すぎ。
『バンド』であるとしたら、これはやっぱり問題だよね。
せめて70%くらいあれば、もっと違ってたのかも。
半分以上他人の曲って状態じゃ、レコード会社が作ったユニットみたいやん?
まぁ、私も長い間欧米のバンドを見てきたから、抜けただの、クビにしただの散々聞いてきたんだけど。
何でも人間が寄り集まってやるんだから難しいよね~
兄弟だって確執があったりするし、他人じゃ尚更。
ホント、難しい。
信樂團も活動再開したとのことなので頑張って欲しいです。上手いから。
阿信は、どうなんですかね?売れてんの?
まぁ、Vocalistとしては、いいと思うよ。
声も出るし、見栄えもするし(デカイから、190センチある台湾人て想像したことなかった;;)
だから、バンド向きだと思うんだけどな。
従えてるの図が(本当に従えてる必要はないけど)似合う人だと思う。

あぁ、何か個人的信樂團考、見たいになっちゃった(^_^;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]