忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[312] [311] [310] [309] [308] [307] [306] [305] [304] [303] [302]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

をば、観に行った、んだけどね……
お財布忘れてさ~取りに帰ったら、なんば着でギリギリくらいだったのに、映画館が駅から遠くてさ~
しかも、着いたら着いたで、劇場に上がるエレベーターから、アホほど並んでやがんの!!
何とか、たどり着いたものの、発券機もまたまた長蛇の列(>_<)
全然間に合わなかった……
すっかり、本編が始まってた。
前にも1日で日曜って行ってみたけど、ここまで酷くはなかったのに……
あれは、他で一本観て、午後から行ったんだっけ……
朝一がこげな恐ろしかことになっちょるとは、思いもよらんかったとです。(どこの人よ;;)
いっそ、ネット予約しなきゃよかったよ~と思った。
なら、アホほど並んでチケット買って間に合うヤツ見るか、諦めて帰るかだもんにゃ。

んで、映画ね。
これ、邦画なんですね。
今更言うまでもないと思うけど……。
このブログをいつも読んでくださってる方はご存知と思いますが、私ゃ基本的に邦画は観ないんですね。
日常から逃避するために映画館に行くのにさ~、その辺を歩いてるような人をスクリーンで見せられてもなぁ……というのがあるわけなんです。
今回は何で行ったかっていうと、キャスティング、ですかね。
佐々木蔵之助、大泉洋、東京オレンジっていう…名前で書けよ!て感じですか?
何か、つい東京オレンジって言ってしまうんですね。
え~と、堺正人。
蔵ちゃんは(と、呼んでしまう)惑星ピスタチオの頃、観てみたいなぁ……と思っている内に辞めはって、劇団も今はナシ。
洋ちゃんのTEAM NACSは、少し前、やっと観れまして、(それまでもチケット取ろうとしたけど、ダメだったんだね)、意外と泣かすね。と。
東京オレンジは劇団としては観てないんですね。
VAMP SHOWで、蔵ちゃんと出てたの観たりとか、フルチン(こと古田新太)と出てた舞台で観たことあるんですけど。

大人になった同級生と過ごす放課後には、予測不可能な展開が待っていた!
頭フル回転!驚きエンターテインメントムービー!

母校の中学校で働く、人の良い教師・神野のもとに、かつての同級生だと名乗る怪しい探偵が訪ねてくる。
探偵は神野の親友で同じく同級生、現在は一流企業に勤めるサラリーマン・木村の行方を追っていた。
心ならずも神野は木村探しに巻き込まれてしまう――

人を疑うことを知らない男と人の裏側ばかり見てきた男。
ちぐはぐコンビの捜索活動から、神野の知らなかった友人・木村の一面が次々と明らかになり、物語は思いもよらぬ方向へと転がりだす!

と、映画については、公式サイトの煽りだけご紹介。

先に書いたように、初めの方が見れなかったんですね。
で、パンフをポイント貯まってたんで、それと交換してもらったんですが、一応シナリオ採録があるんです。
シールが貼ってあって開かないようになってる、だけだと思ったら、本当に袋とじなんだよ。
家帰ってシールのとこ切ってみたらそれでも開かなくって(ま、一部は見えるんだけど)「おぉ!!」と。
んで、読んでみると、最初にネタふりがあるんだね。
自分が結構シーン進んでから観たんだなぁ…と、それで思い知ったわけなんだけど。
そこを観てなくても面白く観れたけど、やっぱり出来るだけ最初から観た方がいいでしょう。
あんまり、色々書くと面白くなくなると思うので、煽り文句くらいを心に留めて劇場に行きましょう。

あ、木村探しに巻き込まれてしまう神野と、同級生を名乗る男、この二人のバディ・ムービーとしても楽しめます。
何か、こう、入れ子構造、かな。

あと、こんなところにムロツヨシとか、こんなところで中山佑一郎?とか、芝居好きの方にもお楽しみがあります。

あ、そうだ!
何で、朝一なんかに行ったかっていうとですね。
新感線のチケットとか買ったりしようと思ってたわけなんですね。
んで、なるぺく早く帰って野球を見よう、という……
久々にROYAL HUNTが来ますんで、ツアります。
っても、東阪なんですけど……
でも、その直後に、ライヴが決まる前から取ってた芝居があるんで、出ずっぱりなんですよ。
だから、しばらくサボると思います。
すんまそんm(__)m
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
知らなかった
私も邦画見ないから、全然俳優さんをしらなくて・・・
何十年かぶりに「篤姫」を毎週見てたら家定役で
出てるんです。堺正人も東京オレンジも初耳です。
なかなか、インパクトのある俳優さんですね!

あそこの映画館は遠い~
私も「ランボー」最初を見損ねました。普段はガラガラなのに映画の日だけすごい人ですよね・・・

東京ですね~水曜駅でお持ちしてます!
angie 2008/06/03(Tue)00:11:42 編集
笑顔良しには気をつけろ!
座右の銘でございます。
ってか、あんまり始終ニコニコしてるおっさんとか怪しいのよ。
ちょっとした時に本性が出ておぉ!!と思ったり。
ま、本当にニコニコさんもいてはると思うんですが……
東京オレンジも裏のありそうな微笑がいい感じです(笑)

水曜日お迎えありがとうございました!って、全然気づいてもらえんかったし(^_^;)
【2008/06/09 17:07】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]