忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[42] [41] [40] [39] [38] [37] [36] [35] [34] [33] [32]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ずい分体調がよくなったので、昨日久々に映画観たんですけど『トリスタンとイゾルデ』
ジェームズ・フランコが、珍しく(失礼;;)良さげに見えたので……
でも、ヒロインが……あぁいう女の人、ダメ(~_~;)自分の恋に生きすぎちゃって腹立たしいし、周りの人の気持ちをあまりに踏みつけにしてるみたいで、凄い性格悪い女に見えてしまう…
庶民じゃなくて、姫様なんだしさ~もう少し考えろよ!!とか、思ってしまいます。
マーク王なんて、すごく可哀想じゃないですか!? あんなに思ってるし、優しいのに。
ストーカーみたいになってるトリスタンより絶対いいと思うけど。

ところで、マーク王役のルーファス・シーウェルが実は私、かなり好きなんですけど、『ハムレット』以来の良い役だったな~最近悪役ばかりだったような気がするから。
『ハムレット』では、最後の最後に出てきて美味しい役どころのノルウェーの王子フォーティンブラス(でしたっけ、名前?)「ハムレット王子を祭壇へ!」あ~かっこよかったわ(*^。^*)
結構気品のある佇まいの人だと思うので、彼にはコスチューム・プレイが似合いますね。

こっちの男女の三角関係より、私的に気になったのは男三人の方。(パンフにもあったけど)
マーク王と、トリスタンと、メロート(マーク王の甥、トリスタンと兄弟のように育てられる。)
マーク王は片手を失いながらも、命がけで守った、また、両親を亡くして不憫なトリスタンをとても可愛がるし部下としても信頼している。(自分の与えた恩に応えてくれるという思いもあるのだと思います。)一方で、王は妹の息子であるメロートも、息子同然に思っているし、大事にしているけど、彼の方ではトリスタンの方に重きが置かれているように思われて不満なわけです。
血縁であるが故に、却って、メロートの方に冷たくなるというか、厳しくなるのではないかと思うんですけどね。王様としては、やっぱり身内ばかり贔屓にしているとは思われたくないと思うのですよ。普通。で、同じくらい力があっても身内でないほうを重んじると思うし、トリスタンの方が力が少し上回っているから余計に、彼の方を重用する。で、ますます甥っ子は不満が募る。
という図式、かな?
こっちの方が、何か悲劇よね~(;_;)

私のようなラヴ・ストーリーダメ派の方はこっちの三角関係に注目してご覧下さいませ。

あと、ちょこっとだけ映る兵士とかにも、なかなか男前さんのいる目に嬉しい映画でありました。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ルーファス・シーウェル
ルーファス・シーウェルは悪役が多いですがこの作品の彼は愛しいです。イゾルテにゾッコンで可愛そうよね・・・
ラストで二人を思うあたりは大人やわ。
イゾルテはトリスタンが死んでマーク王に戻るんですよね(・ ・;)
angie 2006/11/10(Fri)22:27:55 編集
戻っちゃいますか?
angieさま。
週末寝込んじゃって遅くなりまして…
戻っちゃいますかね?え~、嫌な女!
あ~、でも、きっとマーク王は良いって言うでしょうね~いい人過ぎる!!
赤姫 2006/11/13(Mon)10:04:41 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]