忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[446] [445] [444] [443] [442] [441] [440] [439] [438] [437] [436]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ムーラン・ルージュのダンサー、ピエール。
身体の異常を感じて病院を訪れた彼は、重い心臓病で余命わずかと宣告される。
疎遠だった姉を自分の部屋に呼び、自分の命が残り少ないことを告白した。
「何をしているの?」
そう尋ねる姉に、彼は答える。
「ガーデニングを始めたんだ。それから、街を行く人々を見ている。」

姉のエリーズはシングルマザー。
彼女は弟の身体を気遣い仕事を減らし、子供達と彼の部屋に住むことにする。
ピエールが眺める通りには様々な人が行きかう。
少し気になる向かいのアパートに住む女子学生。
彼女に恋した大学教授。
その弟である建築家は兄にいわれた言葉に思い悩む。
ごみ収集をする男。
その弟はカメルーンからやってこようとしている。
エリーズが買い物に出かける市場。
そこで離婚した妻と働く男。
などなどなど。

それぞれの人々が時にはピエールの目を通して、時には彼ら自身の視点から描かれている。
死を前にして、当たり前の日常がどれだけ幸せに満ちていたのかと、思うピエール。
移植のため、病院へ向かう彼が見たパリの景色は、その目にどんな風に映ったのだろう?

フランス映画祭で、日程の都合がつかなくて見そびれていた作品。
何かね、ストーリーはあるんだけどないような。
様々な人たちの日常の一コマを覗き見する感じ。
だから、オチは自分でつけないといけないのです。
とっても、フランス映画らしい映画だと思う。
ゆえに、ハリウッド映画好きにはオススメできない。
ちょっと、『パリ、ジュテーム』を思い出しますね。
あれは、色々な監督が撮ったオムニバス映画だけど、一人で撮ったらこんな感じかな?
美しいパリの景色を背景に行きかう人々を眺め、その暮らしを想像するのは楽しいことだろうと思える方はぜひ。

それにしても、『生』と『死』の、何と街に溢れ、埋もれていることか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]