忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[447] [446] [445] [444] [443] [442] [441] [440] [439] [438] [437]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきました。
のは、もう一週間も前なんだね~
翌日に、パッタリ倒れちゃいまして。
いや、本当には倒れてないんだけど。
朝起きて、「あれ、喉が何かガラガラ~」と思い、ちょっとダルイかなぁと思ったけど、まだ平気。
お使い物の調達に百貨店(て、関東の人はあんまり言わないんだってね)に寄って、仕事へ。
お昼ごはんに、デパ地下で買ったお稲荷さんをパクついてる時は、まだ元気だった。
なのに、その一時間後くらいには身体がバラバラになりそうな感じに……
そんな訳で、フラフラしながら早退。
昨日は、行事だったため、ギリギリまで休んでいいから、その日だけは出てくるようにということで。
ま、何とか。
帰った時は、とにかく横になるのが先決って感じだったので、夜になってやっと熱を測ったんですけど。
久々に39度近く出ました。
いったんは、下がったんだけど、どうしても!!なことが土曜日にあって、ちょっと無理をしちゃって(~_~;)
それでも、高熱状態は2日くらいでした。
家に何も食べ物がないと思ったから、金曜日、フラフラしつつもスーパーでヨーグルトだけ買って帰ったんだけど。
これがなかったら、どうしょうもなかったな~
あんなフラフラで、自分でお粥炊いてる場合ちゃうもん;;

そんな訳で、大分観た時の気もちとか薄れつつあると思うのですが、ま、何とぞm(__)m

海辺にある孤児院で育ったラウラは、長い間閉鎖されていたその孤児院を買い取った。
障害を持つ子どもたちの施設として再建するつもりだったのだ。
医師である夫のカルロスと息子のシモンとともに移り住み、施設開園の準備を進めている。
しかし、シモンは遊び相手のいない寂しさからか、空想上の友だちを作って遊ぶようになった。
ある日、シモンとラウラは海辺へと出かけた。
そこにある洞窟の中で、シモンは『新しい友だち』に会ったと言う。
帰り道『友達が迷わないように』と、貝殻を撒きながら帰るシモン。
しばらくして、その貝殻が玄関の前に小山になって置かれているのを見つける。
シモンの『新しい友達』がやってきたのだ。
その日以来、家の中に他に誰かがいる気配がし始め、不思議な出来事が起こり始める。
そして、入園希望者を集めたパーティーの日、シモンが姿を消してしまう。

古い洋館の怖さ。
いわゆるゴシックホラー、というのでしょうか?
そういう怖さと、やっぱり幽霊的なものが存在する怖さ。
それから『音』、そして謎の婆さん。
この婆さんが、また怖い。

必死にシモンを探すラウラは、だんだんと昔この館、つまり孤児院で起きた事件をも明らかにしていく。
そして、その事件こそが息子の失踪を解く鍵だと考えるのだ。

心理的に怖がらせるだけかと思うと、えぐい映像を見せられてビックリ!とか。
結構裏切られます。
そして、我が子の失踪の真相。
こ~れ~は~、こ~わ~い~わ~(>_<)
人間が一番戦慄する瞬間じゃないでしょうか?

そして、最後に訪れるこの穏やかな瞬間を、ハッピーエンドと見るかどうかは、『パンズ・ラビリンス』同様意見が別れる所でしょう。

ホラーというよりはサスペンス色が強いかな?
ただ、親子の愛情物語みたいに思って観に行くと、ビックリすると思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
面白そうだな~
いつもながら、うまいねっ、まーちゃん!
眠れなくなっちゃうかな?
チュチュ姫 2009/01/30(Fri)01:09:00 編集
毎度、あり。
ハリウッドのホラーとも違うし、アジアのホラーともまた違う、独特な怖さがあります。
まぁ、ホラーというよりはサスペンス・スリラーなんでしょうが、ホラーな味付けかな?

眠れなくなっちゃう程ではないかと思いますが、何かちょっとイヤな感じがして、観た日は数珠して寝ました(^_^;)
【2009/02/02 17:23】
はらま~
全快した?お大事に~栄養取るんだよ~
これさ・・・・もしかして・・・・・ラスト・・・・・
ま、愚だ愚だ言わずに見ますかね
2009/01/30(Fri)21:26:38 編集
お気遣いありがとうございます。
なかなか、全快とはいきませんが、とりあえずは、何とか。

栄養か~
何か、どんどん料理しなくなってきて。
学生の頃、ひとり暮らしした時は、色々やってみたんですけどね~
上げ膳据え膳で美味しいもの食べさしてもらって、十日くらいゆっくり寝れば、全快間違いなし!なんでしょうが(笑)

そうなんですよ~・・・・・ラストは・・・・・

って、まぁ、観てくださいませ。
【2009/02/02 17:27】
ラストはあれで・・・
面白い、いや恐いと聞いて見ましたが
ギレルモワールド全開でした。
エグイシーンもありどうなっちゃうんだろう?と
ドキドキしながら見てましたが、ラストシーンは
恐いです。
ハリウッド作品ならハッピーエンドなんでしょうが
これでいいんでしょうね!

あっ、友人が書き込みで「虐められて死んだ子と虐めて殺された子達。
最後は一緒に集まっていたけれど、あの世では魂は浄化されて仲良くなれるのか?」 と書いてましたがどう思います?
angie 2009/02/01(Sun)18:05:57 編集
監督じゃないんですけどね。
なのに、ギレルモワールド全開。なんですよね。
不思議(^_^;)

ところで、あのラスト、ハッピーエンドでしょ!?
あれ?違うの??
だって、その手前で終わったら救いがないですよ。
その方がいいって話もありますが……

「虐められて死んだ子と虐めて殺された子達。」
それを繋ぐのがシモンとラウラの存在なんじゃないでしょうか?

事件に関わってない、みんなを愛してくれる存在。
【2009/02/02 17:33】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]