忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[483] [482] [481] [480] [479] [478] [477] [476] [475] [474] [473]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何観に行ってんだよ~!?て感じでしょうか?
いや、でも好きなの、こういうの。
何せ、体調不良をおして行ってきたのですよ、レイトショー(字幕はこれ1回なので;;)

冴えない独身男のスキーターは、ホテルの設備係として働いている。
このホテルは元々彼の父親の持ち物だった小さなホテルの上に建てられたもので、オーナーはいずれ息子を経営者にしてもいいという約束をすっかり忘れたらしく、彼は万年設備係のまま。
ある日、姉のウェンディから仕事の面接でアリゾナに行かなければいけないので子供たちの面倒を見て欲しいと頼まれる。
慌てふためく彼だが、昼間は友達が見てくれるから、夜だけ寝かしつけてくれればいいと言われて、引き受けることに。
夜になって、子どもたちに「おやすみ」を告げると、「お話をして」とねだられ、絵本を取り出してみるものの『自然派』の姉の選んだ絵本は……
そんな訳で、自分でお話を作ることにしたスキーター、自分を主人公に物語を語って聞かせます。
翌日、不思議なことに物語の中の出来事が現実として彼の身に起こりました。
夢の中で願いを叶えれば現実になる!
スキーターはお話を自分の望みどおりにしようとするのですが……

本当に丸々現実になっちゃうのかしらん?と思ってたら、それは違ってました。
『お話の力』に気づいたスキーターが自分の望む方向に持って行こうとする度に、子供たちにとんでもない茶々を入れられ、彼の身にもとんでもないことが!
子供らしい(?)とんでもない発想に振り回される大人(というのはどうなのか、なアダム・サンドラーなんですけど)。

中世の騎士、西部劇、ギリシャ時代のオリンピアに、未来の宇宙。
舞台も様々、衣装も様々。
ガイ・ピアースが頑張ってるね~
夢の中じゃないのに歌って踊ってくれるし(笑)

水戸黄門のような勧善懲悪とハッピーエンド。
子供向けなのでしょうが、ちょっと生活に疲れ気味の大人も暫し現実を離れてみるのもいいかもです。
現実は、確かに厳しいけど、いいことがないって訳ではないことを思い出させてくれるかも。

疲れ気味といえば、ケリー・ラッセルがヒロインなんですけど、コスプレ以外いつも疲れた感じなの。
(それでいい場面もあるんだけど)そこが、ちょっと残念(-_-;)

それにしても、流行ってんの、ジャーニー?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]