忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[510] [509] [508] [507] [506] [505] [504] [503] [502] [501] [500]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

しんどい身体に鞭打って、観て参りましたよ。

80年代に一世を風靡したプロレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。
50代になった今ではスーパーでアルバイトをしながら、小さなリングで細々とプロレスを続けている。
ある日、激しい試合の後に心臓発作を起こして倒れてしまう。
医者はプロレスを続けるのは自殺行為だとランディに告げた。
妻とは離婚し、一人娘のステファニー(エヴァン・レイチェル・ウッド)とも疎遠、今まで孤独に生きてきたランディ。
彼は医者の忠告を聞いて引退した。
バイトのシフトを増やし、娘にも会いに行き、顔なじみのストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)ともより親密な関係を築こうとするのだが……

しかし、彼は気づいてしまったのだ。
自分の本当の居場所がどこなのか……

私はプロレスが好きだ。
あんなもの嘘っぱちじゃないかと言う輩もいるけれど、嘘っぱち上等!
プロレスはショーだ!
エンターテインメントなんだよ。
ただ馬乗りになってタコ殴りにすりゃ勝ち、みたいな野蛮なもんじゃないんだ!!

この映画はランディという、一世を風靡したが今は落ちぶれた中年レスラーの立つ舞台の表と裏を描いている。
『ビヨンド・ザ・マット』とかのシーンを思い出すよね。
彼の落ちぶれっぷりや娘との関係はジェイク“ザ・スネーク”ロバーツを思い起こさせる。
コスチュームや決め技などの戦い方はHBKぽいし、因縁の宿敵アヤトッラーはどう見てもアイアン・シーク。
本物のプロレスラーもいっぱい出ている(らしい。小さな団体まで知らないんだもん;;)。
ミッキー・ロークも頑張ってレスラーらしい身体を作り、毎日、試合でどう振る舞うかのトレーニングもしたとの話は嘘じゃないと思うレスラーぶり。
ロークって、昔から好きじゃなかったんだよ。
顔が崩れる前から、こんな顔のどこがいいんだか全く理解できない!と思っていたの。
でもね。
この映画のロークはいい。
私達が彼の人生と重ねているとか、そういう要素もあるだろうと思う。
実際、彼の経験が演技に生きていないということは無い筈だ。
この映画のロークは本当にいい。

色々書きたいけど、書きたくない感じがする。
自分の目で確かめて欲しいんです。

ランディのリングネームはランディ“ザ・ラム”ロビンソン。
プロレスラーは皆、ある意味私たちの欲望のいけにえかもしれない。
無理をして(時にはクスリを使い)身体を大きくし、過酷なトレーニングで鍛え、毎日のように移動と試合を繰り返す。
そんな彼らは若くして亡くなってしまうことが多い。
本当に過酷な仕事なのだ。
それなのに、彼らがまたリングに上がるのは何故だろう?
引退後や、まだ現役中に始めた商売が結構上手く行ってても、リングに戻ってきてしまうのは何故だろう?

ランディは不器用だ。
彼にはプロレスしかない。
だけど、そんな不器用な自分が人々から愛され求められる場所があるって、幸せなんじゃないんだろうか……

日本のプロレス界には詳しくない私ですが、三沢の訃報はショックだった。
ご冥福をお祈りします。
でも、リングで死ぬってある意味幸せかも。
ホークなんか、引越しが終わって「あ~やれやれ」とか言ってベッドに座ったまま死んじゃったとか、聞いたもん(ToT)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
>自分の目で確かめて欲しいんです。

了解~。。。。梅雨の合間に。

人間って人生の悲哀がにじみ出るようになるよね、年取ると(;^^A
2009/06/17(Wed)21:37:30 編集
ぜひ!
にじみ出るのは悲哀だけじゃない!と、思いたいです……(>_<)
【2009/06/23 18:17】
何が幸せか、幸せってなんだろうって思うよね。
チュチュ姫 2009/06/20(Sat)02:21:35 編集
感じ方次第
なんでしょうね。
他人から見えたら不幸に見えても本人は結構幸せかもしんないって思います。
自分には『これがある!』と思える人は、やっぱ幸せ者だと思います。

幸せなんて感じたもん勝ちっていうのをどっかで聞きました。
真理かもしんないです。
【2009/06/23 18:20】
痛いよりしんどかった
心臓発作後のシーンは自分と重なって(まだ発作出てないけど)具合が悪くなってどうしようと思いました。
ラストはこれでいいんやろうな~と思いつつ
ハッピーエンドが好きな私はあの時家でじっとしとけば・・・なんて思ってしまいました。

赤姫様はこれがハッピーエンドとおっしゃるかも(^^ゞ)



angie 2009/06/21(Sun)23:15:37 編集
確かに。
あれは、どう見てもハッピーエンド、でございます。
トップロープから飛ばない彼は、もうランディじゃないんやもん。
自分で自分が許せないと思う。
家でじっとしてたら……んで、残りの人生ずーっと後悔すると思う。
そんな人生は辛すぎる(>_<)
【2009/06/23 18:23】
死に様
私も昔はangieさんのように感じたと思う。でもね、今は「死ななきゃいい」「不幸にならなきゃいい」とは思えなくなってきた。「生き様」っていう言葉は実は間違いで、「死に様」ってのが本当の表現だ、って聞いたことあります?どう生きたかより、どう死ぬか、が美学であるという。死んで本望なことで死ねる、またはそういうものを持てた人生っていうのが、安定して確実な人生より幸せかも、という考え方ですよねー。
chuchu 2009/06/23(Tue)22:15:56 編集
あがり
書いてくれはったこととちょっとずれてるかもしれんのですが
この間テレビ見てたら、ぶわ~って涙が出た言葉がありました。

平気で生きておるのは難しい
死ぬ時が来たら死んだらいいんやし
平気で生きておられる間は平気で生きておればいいんや

正確ではないと思うけど、聞いた途端に何でか解らないけど涙が零れた。
先年亡くなった永平寺の百歳を超える貫主さんが言うてはったんですけど
何か、そういう風に生きとったらえぇんやな、と。
それでも難しいけど。
【2009/06/25 18:32】
楽じゃないのよ
赤姫さんがなんで生きるってことをそんなに難しいと思ってるのかわからないけど、最近私は「生きるってことは難しくて当たり前」と受け入れることにしました。「誰が楽だ、なんて言った?」って感じで。私的には、「楽なはず」と思っているものが辛いと辛いけど、「楽じゃないの」って最初から思ってると「なーんだ。こんなもんか」と思える性質なんだよね~。
チュチュ姫 2009/06/30(Tue)21:25:20 編集
Re:楽じゃないのよ
難しいというか
生きづらい、生きにくい、という感じでしょうか?
例えば、聞こえすぎる耳を持て余したりとか。
きっと、他人から見れば、大変にしょうもないことなのですが、本人は結構しんどかったりする、ということかな~?
悟りを開いた禅僧のようになれればいいのですが……
【2009/07/02 17:54】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
レスラー (試写会)
   これが俺の生きる場所 公式サイト http://www.wrestler.jp6月13日公開2
URL 2009/07/20(Mon)14:48:42
忍者ブログ [PR]