忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137] [136]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観ました。
これは、ミステリーではないので、犯人探しがないと物足りない方は不向きです。
いわゆる刑事コロンボ方式なので、最初に分かってしまいます。
それと、ちょっとデッド・ゾーンみたい。
観てもらえれば知ってる方は分かると思います(笑)
さて、ストーリーですが、ミステリーじゃないからなのか、チラシや公式サイトにもトニー・レオンが初めて犯罪者を演じる。と書いてます。
そう、犯人は彼です。
だから、犯人探しではなくて、何故彼はそうしなくてはならなかったのか?というのが、ストーリーの核ですね。
始まりは2002年のクリスマス、ヘイ(トニー)とポン(金城武)は、ある事件の犯人を追っています。
カーチェイス(て言う程でもないけど)のシーンはさすが『頭文字D』の監督?
犯人を逮捕後、恋人の待つ家に帰ったポンを悲劇が襲います。
眠っている恋人に口づけると彼の手にぬるりとした感触が……
彼女は自殺していたのです。
それから3年後
ポンは刑事を辞めて、探偵をしています。
飲めなかった酒を無理やり飲む毎日。
彼の上司だったヘイは、富豪の娘と結婚していますが、ポンを心配して頻繁に彼と会っています。
ある日、ヘイの義父が殺されて……
警察の捜査に納得の出来ない、ヘイの妻はポンに捜査を依頼しますが……
次第に明かされていく、思いもかけない過去の事件と因縁。
彼は何故、復讐しなくてはいけなかったのか……(てチラシとかに書いてあるんやもん。)

なかなか面白かったです。
ただ全体的に平坦というか、大きな事件もドラマチックにでなく淡々と見せている感じがします。
この映画もハリウッドでリメイクするそうです。
どうなるんでしょう?
しかも、ディカプリオ。どっちをやるのかな~?主役はポン?
この平坦さにハリウッドが耐えられるのか、ちょっと疑問。
ドカンと派手にやっちゃうのでしょうか?
それだと、私が感じてるのこの映画のよさが死んじゃう気がするんだけどな……

トニーファンには怒られるかもですが、トニーの役ってレオン・ライとかの方が似合わない?
悲劇をより悲劇的に見せるには美しい人が必要って誰か言ってなかったっけ?
(トニーが美しくないとは言わんけど)私のイメージでは、少し違う感じがしました。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
刑事コロンボ
うちの母親が好きで、良く一緒に見てた~。良く考えると、トレンチ・コートを買ってもらって、良くマネしてたな。「ちょっとお聞きしますが」とか。今考えると、すっげーちゃちいドラマなのに、いやに感心して観ていたな。うちのママも、バカだから。
ちゅちゅ 2007/06/29(Fri)21:02:28 編集
Re:刑事コロンボ
うちも母子そろって好きで見てました
ちゃちいですか?でも、細かいところが結構好きなんですよね。
パラシュート工場で「あなた、コロンボっていうの?イタリア系ね。イタリア系の男性は優しいのよね~」などと、パートのおばちゃんに言われてるのとかが、コロンボの行動とリンクしたり……
【2007/07/02 17:39】
わかる!わかる!
そうなんですよね。でもさ、あんまりに辻褄が合い過ぎて、真実味がないというか。コロンボがあんまり振り回されたりしないじゃん!
ちゅちゅ 2007/07/03(Tue)00:51:33 編集
でも、やっぱり好きなの
あんまり振り回されたりなくて、ジリジリと犯人が追い詰められていくのを見るのもいいじゃないですか。
飼ってる犬とかボロい車とかもうまく使って接近というのが、まぁ、そんなんうまくいくのん?て感じですが……
今でもTVでやると、結構観てしまいます(^_^;)
【2007/07/03 17:21】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「傷だらけの男たち」男たちの苦悩、でもこれでは泣けない
「傷だらけの男たち」★★★ トニー・レオン、金城武主演 アンドリュー・ラウ監督、2006年、香港(111分) 「男たちの挽歌」や「インファナル・アフェア」を連想させる、 前編画面は印象として薄暗く 登場する男たちは 下を向いて何か永遠に解決できそうにな...
URL 2007/07/12(Thu)11:07:33
忍者ブログ [PR]