忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[286] [285] [284] [283] [282] [281] [280] [279] [278] [277] [276]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきました。
オデットは、美容師の息子と生意気盛りの娘を持つ、明るくてちょっと夢見がちな主婦。
10年前に夫に先立たれ、昼はデパートの化粧品売り場で働き、夜は踊り子の羽根飾りを内職しながら、2人の子供たちを育てている。
決して裕福な生活でないが、楽しく毎日を送っている。
そんな彼女の幸せの素の一つがバルタザール・バルザンのロマンス小説。
作家自身も、オデットにとっては憧れの存在。彼の本は、たちまち彼女を夢の世界へといざなってくれるのだ。
待ちに待った彼のサイン会。とびっきりのおしゃれをして会場に向かったオデットだったが、緊張のあまり自分の名前すら上手く言えず、落ち込んでしまう。
悲しみに暮れている彼女に息子が「手紙を書いたら?」と勧める。
「素人が作家に宛てて文章を書くなんて……」とためらっていたオデットだったが、別の日にサイン会があることを知り、今度こそ自分の想いを彼に伝えようと、ファンレターを渡そうと考える。
そして当日。彼女はついにバルタザールにファンレターを渡すことに成功する。
一方、バルタザールは成功しながらもどこか満たされない生活を送っている。妻とも最近すれ違ってばかり。
そんな時、自分の最新刊がTV番組で酷評されているのを目にしてしまい、挙句妻がその評論家と浮気している事実を知る。
思い余って自殺を図るバルタザールだったが、なんとか一命を取り留める。
退院した彼はポケットに入ったままになっていたオデットからもらったファンレターを読む。
そこには、彼に対する尊敬と感謝の言葉が並んでいた。
すっかり感激してしまったバルタザールはオデットの元を訪れる。
普通の主婦とベストセラー作家の奇妙な生活がこうして始まった…。

憧れの人との生活に、夢見心地のオデット。
この映画の面白いところは小説で比喩として使う表現を実際に映像として見せてしまうこと。
例えば、『幸せで空に舞い上がりそうな気もち』の時、オデットは本当に舞い上がってしまうのだ!
オデットの笑顔と、この特殊効果を駆使した漫画じみた表現が私たちを現実からほんの少しだけ浮き上がらせて幸せにしてくれる。

幸せのコツってあるんだと思う。
例えば、アイスクリームがおいしいとか、夕日がすごく綺麗だとか、観た映画が楽しかったとか……
そんな些細なことで幸せになれたりする時もあるけど、そんなことをまるで考えられない時もある。
オデットは、上に上げたようなこととは違うけど、幸せになるコツを知っている人だと思う。
誰もが羨むような幸せは、なかなか手に入るもんじゃないし、はたから見て幸せだと思う人の心が幸せかどうかは分からない。
このコツを知っていて、実践できる人が幸せな人なのだと思う。
オデットはさらに、自分の周りの人も幸せにする力を持っている。
でも、後半職場の仲間から敵視される場面があったりするんだけど……
いつも幸せそうな彼女に対するやっかみが、あることをきっかけに噴出してしまったんじゃないのかと思う。
みんながみんな他人の幸せを喜べない。
「よかったな」と思うのと同時に、悔しい気持ちもあるのだと思う。普通のことだよね。

いつも、ふわふわとしているようで、毅然としたところもある彼女。
彼女への想いを募らせるバルタザールを振ってしまう。
『憧れの人』なんだけど、やっぱりそこは現実をきちんと知っているのだと思う。
慎ましやかな幸せを大事にする彼女に、その集大成ともいえる幸せが訪れる。
ま、ロマンスだから(笑)

彼女の幸せの素の一つがジョセフィン・ベイカーの歌。
フランスで最も愛されたアメリカ黒人歌手(らしい)。
アメリカでデビューしたものの人種差別に嫌気が差し、渡仏。
表現力豊かなチャールストン・ダンスと躍動的な裸体は、ヘミングウェイやピカソ、マン・レイなどの芸術家を虜にし、‘黒いヴィーナス’と称された。
1926年には、バナナの腰蓑のみを纏ったダンスで名門劇場フォリー・ベルジェールの看板スターになる。(これに対してのオマージュが劇中出てきます。)
彼女の歌と、それに合わせてグラスが踊りだしたり、バスルームがジャングルになったり、それを見るだけでも楽しめます。

本当に楽しい映画で、笑い声が上がったところもたくさん!なのですが
書いている私が、ちょっと気分が↓↓↓な感じに今なっているので……伝わるか心配です(-_-;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
無題
>例えば、アイスクリームがおいしいとか、夕日がすごく綺麗だとか、観た映画が楽しかったとか……

やっぱ食べ物が一番に来ちゃいますよね!

これ面白そう!赤姫さんのせいでフランス映画にハマるかも!

私は、幸せになるということは、自分で自分を愛せることだと思います。Love thy self!
チュチュ姫 2008/04/14(Mon)21:03:09 編集
見てくださひ。
やっぱ食べ物が一番ダイレクトに影響ありそうですね。
楽しい映画ですよ~。ぜひ、観てください!

>私は、幸せになるということは、自分で自分を愛せることだと思います。
う~ん……、これがどうしてもダメなんですなぁ……(-_-;)
日曜日、本当に久しぶりにアイスクリーム食べたのに(ウチに冷凍庫がないため;;)幸せどころか、あまり美味しくもなかったの。
久々なのに~!!(>_<)
【2008/04/15 17:14】
良くわかる
それって、わかる~~~!!!
私も、余りにチョコレートを食べ過ぎるので、禁煙みたく、「禁チョコ」してて。ある日、

「あーもうずっと食べてないから、おいしいだろうなあ~」

と、チョコが口の中で溶ける感じ、とか、食べたときの快感とかを想像しながら、一口だけ食べたら、案外どってことなくて、がっかりしたことがある。

しょっちゅう食べている方がハイになれるのかも!?
チュチュ姫 2008/04/16(Wed)21:02:56 編集
仲間?
おぉ~チュチュ姫様もチョコレートジャンキー?
いや、こりゃ、聞こえが悪いか(~_~;)
【2008/04/17 17:33】
観たいのに
この映画、ないっ!
チュチュ姫 2008/04/16(Wed)21:08:21 編集
ありゃ
ないっすか……
まだ、出てないだけかも……
う~ん、同じ作者の「イブラヒムおじさんとコーランの花たち」とかも、私は好き。
オマー・シャリフがよいです。
監督では、パトリス・シェロー(でも、この人のはタイプが全然違うな)とか、オゾンとか、クラピッシュとか……
トニー・ガトリフもいいかな。この人はロマ(ジプシー)なのでフランス映画~って感じじゃないかもですが。
【2008/04/17 17:32】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]