忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[290] [289] [288] [287] [286] [285] [284] [283] [282] [281] [280]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

pretty_odd
PANIC AT THE DISCOの2nd。
PRETTY ODD。
一曲目
あぁ長かった。
いなくなっててごめん。
君たちのために曲を作るのに忙しかったんだ。
心配しなくてもいいよ、僕らは同じバンドだから。
というようなフレーズが歌われている。
ということは、本人達も変身具合に気づいているということなのだ。
1stを聴き直していないので、そんなに劇的な変化かどうかよく分からないのだけど、「こんなだったっけ?」と思ったのも確か。
中期のBEATLESが、引き合いに出されたりしている。
ん~何ていうか……これは、個人的な感覚だけど、アメリカのバンドっぽくないね。
変化すること自体は特に良くも悪くもないと思っている。
その変化が、聴き手の好ましい方への変化か否か?ということなのだ。
無理だと思うバンドに義理立てして着いて行くのも変な話なんである。
B!誌で、バンドへの忠誠心云々みたいな話を昔々読んだことがある。(と思う。今は全然買わないから、どんな感じになってんのか分からないけど…)
そりゃ、1枚、2枚くらいはものすごく好きだったなら我慢してみてもいいかもね。
でも~「あぁ、こりゃ無理」と思ってるのに、我慢して聴くなんてバンドにも失礼だと思うんだね。
バンドも変わるし、聴き手も変わる。
その変化の方向性がどうしても相容れないなら、ここは潔くお別れしましょう。
そして、もしも、また道が交わるようなことがあったらその時はよろしくね。
で、いいと思うんだよね~

さて、このアルバム。
イイです。
好きだな~
色々なスタイルを詰め込んだ。といわれてみれば、なるほどそのとおりなんだけど、まるでまとまりがないという感じはない。
んで、何といってもカバーアートが、まるで大好きなSMALL FACESの『OGDENS NUTGONE FLAKE』みたい!(と思ったんだけど。)
1曲目のシングルを貼り付けときます。
中期BEATLESを引き合いに出されるのを逆手に取ったPVになってます。
この人たちのPVってどれも面白いよね。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]