忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[567] [566] [565] [564] [563] [562] [561] [560] [559] [558] [557]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あ゛~疲れた。
映画じゃなくって、時間潰すのが……
レイトショーでしかやってなくって。
いつもならもう1本観るとかするんだけど、あいにく近くの映画館では既に観たヤツか、観たくないヤツか、観てもいいけど尺が合わないヤツしかなくて……
まだ、体調はイマイチなんで、家に帰ったりしたら、絶対出かける気力をなくしちゃうし、観ないと終わっちゃうし。
んで、タワレコとかうろついて、結局散財するという……
手ぶらで出ようとしてたんだよ。
急ぐことはないから、もう少し考えて……と、出口に向かったのに
何故、回り込んでしまったんだろう……?
呼ばれたのかしらね~;;
ま、好きなアーティストなら、それもまたヨシ。としておくしかありませんな。

そんな、ちょっとばかし後悔の念を抱きながらの鑑賞でございました。

投資会社の副社長、ニックは、美しい妻と二人の息子に囲まれ、幸せな日々を送っていた。
しかし、その幸せは突然、打ち砕かれた。
ある夜、長男のブレンダンが出場するホッケーの試合の応援に行ったニック。
その帰り道、立ち寄ったガソリンスタンドでギャングの襲撃に遭遇する。
そして、あろうことか彼の目の前でブレンダンは殺されてしまう。
犯人は捕まり、息子を殺した理由がギャングへ加入する為の通過儀礼でしかなかった事を告げられる。
しかも、実刑は長くて5年、裁判に持ち込めば無罪もあり得ると聞かされる。
予審の席で証言を翻し、犯人の姿はよく見えなかったと答えるニック。
彼は、法廷で裁くことを諦めたのだ。
怒りと悔しさから法廷を後にする犯人を尾行。
図らずも自らの手で復讐を果たすことになった。
だが、その相手はギャング団のボス、ビリーの弟だった!
ニック、そして家族に反撃の手が迫る!!

ニックって、嫌なヤツなんだよ。
自分がアメリカの良識の中心であると信じて疑わない男。
子供のいない家庭よりいる家庭の方が優れているとか
離婚は悪だとか
喫煙は害だとか(ま、確かに身体に悪いし、傍で吸われると気管支の弱い私は咳が止まらないので、ぜひ控えてもらいたいものですが…)
ほんで、まぁ、自分は全てをクリアしている良識あるアメリカ人だと思って暮らしているわけ。
だけど、最初の子供ってこともあるんだろうけど、兄の方にばかり注意が行って、ちょっと理解できない所のある弟の方は可愛がってるふりして、そんなに思ってない感じ。
この兄弟も、ちょっと溝がある。
母親がもめる兄弟に“Let be the family”って言ったと思うんだよね~
この辺りに、無理して家族ごっこしてるんじゃないか、この家は…?
と、ちょっとうかがわせる所がある。
で、普段私が観るような映画だとこの辺のですね、弟の葛藤とか、家族の溝とかすれ違いとかをガンガン掘り下げていくのですが…
これは違うの。
そういう映画じゃないからね。

息子を殺した犯人の居場所を突き止めると、家に戻ってナイフを探すニック。
それを持って再び、犯人のいる所へ戻る。
車の中で色々考えて、やっぱり帰ろうとした所に、犯人が現われて怒りに我を忘れてしまう。(割にちょっと慎重;;)
火サスとかでもよくあるパターンですが、本当に殺すつもりだったのか、護身用のつもりだったのか持っていたナイフを犯人に奪われてしまうが、もみ合ううちにそれが刺さって犯人は死んでしまう。
ここで、メッチャ動揺するんだけど、「はずみで殺しちゃったんです;;」とか、警察に行ったりはしない。
警察はギャング同士の抗争か何かで死んだと片付けたらしいし、家族三人で何とか元通りの生活を取り戻そうとするんだけど、そうはいかなかった。
ギャング団のメンバーの妹に目撃されてたり、息子の事件が新聞に載ったりで、ギャング達に突き止められてしまう。
家族が襲われて、自分も怪我をして病院で意識を取り戻すニック。
担当の刑事が、新しい人生を生きるように諭すが、一命を取り留めた息子(弟ね)を見ている内に、また怒りが沸々と湧いてきたのか病室を抜け出してしまう。
家に帰って着替えると、預金も全部下ろし、銃を手に入れ……
全てを終わらせるべく、ギャング達のアジトへと向かう。

まぁ、いろいろ「?」な所もあるんですけど(銃の説明書読んだだけで、メッチャ戦闘スキルが上がってたり;;)、ラストシーンは、ほのかな希望を感じさせる穏やかさがあります。

しかし、ケビン・ベーコンもこの年でこんなに走り回らされるとは思ってなかっただろうな~の立体駐車場の追跡シーンとか。
見所がチョコチョコあります。
弟を殺されたギャング団のボス、ビリーには『エラゴン』で私のお気に入りだったギャレッド・ヘドランド。
ま~ハゲだわ、いかついわ(^_^;)
でも、男前サンよね~やっぱり(笑)
ジェイムズ・ワンの割には、思いの外殺され方とかがえぐくないので、ホッとするか期待ハズレかは、人によるでしょうね。

でも、やっぱり、これは私の持論なんですけど、どんだけ正当な理由をつけたって人殺しは人殺しなんで……ね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]