忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[423] [422] [421] [420] [419] [418] [417] [416] [415] [414] [413]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきました。

地表には無数の高層ビルとゴミ、ゴミ、ゴミ。
そこに一台のお掃除ロボット(?)ウォーリーがカタカタと走り回ってはゴミを片付けている。
ウォーリーはゴミを体に取り込み、ギューッと四角く圧縮しては積み上げていく。
高層ビルかと思っていたものは、実はウォーリーが積み上げたゴミの塊で出来ていたりする。
ここは29世紀の地球。
人類は汚染のために住めなくなった地球を離れ、スペースシップでバカンスへと旅立ったのだ。
カタカタと走り回るウォーリーが今は動かなくなった『ウォーリー』の横を通り過ぎていく。
どうやら以前は何台もの同型のロボットが働いていたらしい。
しかし、今ではウォーリーだけになり、たった一台で地球を片付け続けている。
その間にウォーリーには“感情”が芽生えたらしい。
たくさんのゴミの中から気になるものを取り出しては自分の住処に大事にしまっている。
そんなウォーリーはビデオも見たりする。
一番のお気に入りはミュージカル「ハロー・ドーリー!」。
何度も繰り返し見ては、主人公のカップルのように誰かと“手を握る”ことを夢見ていた。

そんなある日、ひとりぼっちのウォーリーの前に巨大な宇宙船が!
その中から白くピカピカと輝く一台のロボット“イヴ”が出現。
初めて見る美しいロボットにウォーリーは一目惚れ。
しかし、イヴには何か任務があるらしく、ウォーリーは邪魔者でしかない。
数日後、激しい砂嵐に遭い、身動きできなくなったイヴを連れて、自分の住処へ。
集めた宝物を次々とイヴに見せるウォーリー。
イヴも次第に警戒心を解いていく。
しかしウォーリーが差し出したある宝物を見た途端にイヴに異変が!!
それを体内に取り込むとカチンと一つの塊のようになって動かなくなってしまった。
何とか、イヴを元通りにしようと必死にあれこれ試すウォーリー。
しかし、イヴは『塊』になってしまったままだ。
すると、また巨大宇宙船がやってきて、イヴ連れて飛び立ってしまう。
イヴを助け出さなければ!!
ウォーリーは飛び立つ宇宙船にしがみつき、宇宙へ……

ウォーリーはイヴを助けられるのか!?

可愛かったし面白くてちょっと考えさせられる。
ウォーリーとイヴの関係性は少女漫画の1パターンのよう。
しっかり者で強くってちょっと暴力的だったりする女の子と、頼りなくって彼女の後を付いて行く男の子(たいてい幼馴染とかのパターンですよね)。
でも、ある日そんなしっかり者の女の子がピンチに陥って、頼りない筈の男子は彼女のために必死で頑張る。
っていう。
でも、結局女の子に助けられちゃったりするんだけど(笑)
素直になれなかった女の子も男の子が自分のために振るってくれた勇気を見て、ただの友達から格上げする。
みたいな。
王道少女漫画ラヴコメでしょうか?
この2人(?)に関しては。
イヴと何とかして手を繋ごうとするウォーリーがメチャ可愛いです!

ちょっと考えさせられちゃうのは地球から旅立った人達。
5年のバカンスの予定は700年に延び延び。
スペースシップの船長も何代も変わっている。
そこで暮らす人たちは、多分未来、便利になることだけを追求したらこんな風になるんだろうな~という姿と生活をしている。
でも~食べ物に関してはどうなのかなと思うけど。
色んな料理の味がするドリンクみたいなのをチューっと飲んで食事完了。
こういう風景は、未来を描いたものとかでよく見るけど『食事の喜び』って、手放せない人は多いと思うのですよ。
味がすればいいってもんじゃないのよ。うん。

それは、さておき、実はイヴがウォーリーのところで手に入れた『宝物』が人類の運命を握っていたのです。
イヴは『それ』を探すために地球に送り込まれた探査ロボットだったのです。
『それ』が地球で発見されたら、人々は宇宙船の行き先を地球へと変更し故郷に帰るはずだったのですが……
元のプログラムと違う指令が送られていたり、人々も慣れ親しんだ環境を手放すことを怖く思ったり。
それでも、彼らは『母なる星』へ向かいたいのか!?
というのも疑問なんだけどね。
何不自由なく暮らしているし、自分は地面を踏んだこともない。
それでも?

ここで描かれている未来は多少大げさだとしても、当たらずとも遠からずだと思うのですよ。
てか、29世紀まで、人はいるのか知らん?て感じもあるんですけど。
だから、未来がこうなってしまわないためには何をすべきなのかちょっと考えつつ、ウォーリーとイヴの可愛い恋物語にほっこりしましょう。

人類のアートの歴史を辿るようなエンドロールも見物。
せっかくだから、余程お急ぎでなければ見てくださいね。

今回も付いているおなじみのおまけ短編アニメ。
可愛くって面白くて、ホント楽しめます。
だから、上映時間に遅刻は厳禁。です!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]