忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

7月3日渋谷O-EASTでの、一夜限りのライヴに行って来ました。
既に今年3度目の東京……貧乏になるわけだ(>_<)
1989年の来日時も、東京1回きりだったので、観に行くことが出来ず……。
その後解散しちゃったんですね~。
今回もオリジナルのVoだったFダナリーはいったんは参加したものの再び抜けちゃって、ニューアルバムのレコーディング中(だと思う)にBのDノーランも抜けちゃうという……
観に行ってガッカリしないかしら?状態だったんですが……
ただ、ニューアルバムやその前にリリースされたライブを聴いた人は分かると思うんですが、今回ヴォーカルで参加しているジョン・ミッチェルは声の雰囲気がダナリーによく似ています。
なので、まぁ、今のジャーニーみたいな感じ(?)で、何となく納得しながら聴けます。
1曲目は“Kiss like Judas”その後も新旧取り混ぜて……という感じ。
ニューアルバムも結構気に入っているので、というか、まぁIT BITESの雰囲気があるのでセットリストも違和感は感じませんでした。
でも、オリジナル程は変態的じゃないので(笑)
ちょっと物足りなさもあったり。
好きな曲でやってくれないのが結構あって、ちょっと残念だったり。
まぁ、こういうことは、どのバンドのライヴでもありますよね。
好きな曲、全部やってくれたー!!なんて、有り得んですよ(^_^;)
トータルで1時間半程だったでしょうか?
物足りないけど、もうおじさん達だし、あまり無理をさせてはいけません。
観てよかった、かな……うん。
ジョン(keyの方)がノッポさんに似てることも分かったし(爆)
あ、今回どうしてみんな真っ白の格好なんでしょう?
どなたかご存知の方、教えてくださいm(__)m

20年前観れなかったことが悔いが残りすぎちゃってて……生まれてないとかなら仕方がないけど、今考えると、絶対に行けないということもなかったと思うし……
でも、大阪でやってくれてたらな~(;_;)
ま、こうして今回観れただけでも、よかったと思います。

翌日はフリー
一緒に行ったお友達と国立新美術館のラリック展を見に行ったり
一度行ってみたかった首塚(平将門塚)に付き合ってもらったり(ひっきりなしに人が来て、ビックリでした!)
千疋屋さんでフルーツサンドを食べたり。
いつもより、ちょっとオマケの楽しみをたくさん味わいました。

は~でも、疲れが溜まっちゃってホント、ダメダメです;;

今回はこちら(日本橋総本店)のフルーツサンドを食べました。
090704_1643~0001.jpg








PR
追加で出た最終日です。
初横アリ。
お天気悪くて残念。
写真も撮らず終い。
またもビリー側;;(嫌なんじゃないんすよ)
武道館もだけどこの日も花道が出来てまして、その花道の一番てっぺん(て、変な言い方だな;;)がほぼ正面にあるくらいの位置のスタンド席。
ここって、スタンド席をアリーナって言うんだね~へぇえ。
この日のライヴもアンコール前はもちろん変わらず(爆)
ポールのドラムソロ復活。
そしてそして、スペシャル~!
うきゃ~30 Days In The Holeだぁ!!
何でそんなに好きなの?って訊かれると自分でも上手く答えられないこのバンドなのですが、コレのせいかもね~。
赤姫はHUMBLE PIEがメッチャ好きなの!
で、別にカバー曲の定番でもないこの曲がアルバムに入ってたんだね。
てことは、それなりに好きなんだろうということですね。
要は、趣味が合うっていうか……そういうことなんでしょう。
この後は昨日と一緒。
てことは、増えてるんだね。
何か疲れてボーっとしてたのかもしれないんだけど、気がついたら終盤の曲になっててね……あぁ、もう終わっちゃうんだなぁと思った。
30 Daysのイントロが始まった時は嬉しかったからか、これでもう終わっちゃうかもしんないと思ってか、目の前がじわ~ってした。
疲れたけど、楽しい5/10ツアーだった。
唯一の“MR.BIG”も聴けたし。
残念なのはBlame It On My Youthに1回も当たらなかったこと。
名古屋で一度削って、福岡で復活したけど、後はやってないらしい。
全部の公演のセットリストUPしてくださった方がいてとっても助かりました(^_^)
エリック以外の三人でやる It's For You~♪っていうのが知ってる気がするけど分からなくてむずむずしてたんだけど、Three Dog Nightやったんやね~
あぁ、スッキリ!

それと、武道館で観た後、自分のホテルでテレビ点けてたらば、古いミュージカル映画みたいなのやってたんだけど、暗転した時にかかるI Believe in You~♪ていう歌が聞こえたんですよ!
もう、シャワーも済ませて寝るところだったんだけど、その後ずーっと観てしまいました。(寝るつもりで横になって観てたんだけど寝られなかったの;;)
この映画は『努力しないで出世する方法』でした。
ふぅ~ん。

ところで、ヨーロッパツアーも決まってるみたいですが、長いんだこれがまた……心配だなや(~_~;)
何かまた一波乱ありそうだべ?
budokan
20日土曜日。
はい、そうなの、行って来ちゃったよ(^_^;)
この日はいいお天気。
武道館て久しぶりだな~
そういえば、この人たちしか観たことないんじゃないかな?
そんなにデカいバンド好きじゃないんだもん;;
初めてのスタンド席。
自分の席にたどり着く……と、そこにはテレビカメラが……
「お、ぉおっ!?」
もう一度階段を上って係員さんの所へ。
「あの~、席ここなんですけど~;;」
「すみません、ご覧のようにカメラが入ってしまってるんで……」
「……(だからどうすんだよ?)」
「お席は振り替えになりまして……」
と、元々の場所からもう少し南ブロック寄り?になりました。
ちょっと遠くなったけど、ちょっと正面になったという……微妙だな。
この日もビリー側。
やっぱり、アンコールまでは何も変わらず(笑)
この日のSmoke on The Waterで、パットがヴォーカルを取るのが遅れるという……
うんうん、ちょっと、広いもんな武道館。
でも、リハしたんだべ?
後は名古屋でやったI Love You Japanが復活。
んで Baba O'rileyでShy Boyと、増えてるね。
武道館だからWoman from Tokyoとかやるかと思ったんだけど、やらず。
ちょっと残念。
は、18日だったんだけどね。
遅くなりました;;
誰も待ってないだろうから、いいんだけどもさ。

この日はビリーの前より、もうちょっと左。
友達は(別の場所で観てたんだけど)ベースの音が悪かったって言ってたんだけど、あんまり分かんなかったな~;;
普段からベースの音とかは上げて聞くので、自分がいいと思うサウンドのバランスが人と違っている可能性は高いです(^_^;)
この人達はアンコール前はいじらないので、さすがに3回目ともなると「おぉ~っ!」ということもなく……
Smoke on The Waterの前にポールがチョコッとドラムソロをやったくらいかな?
んで、パットが思いっきり間違えてましたね(^_^;)
ここまで(観た所では)順調にきてたのに~
この日特筆すべきはコレですね。
Shy Boyやったの!
初めて、かな?
「うきゃ~」ってなって、オイラが喉を傷めました;;
さて、2回目です。
大阪は3列目だったんですが、これまた段差が無くって;;
席はポールの真ん前よりもう少し右寄り。
左斜め前の男がでかくてそっち側はあんま見えない(>_<)
ま、それはいいとしてよ。
音がっ……
ギターばっか聞こえんの。
モニターの返りがデカイのかしら?って、難聴だとかでヘッドホンしてるやんか。
も~とにかく、ギターのリフの音が一番デカイので最初ちょっと気分が悪くなってしまった(-_-;)
しばらくしたら慣れたけど。
とはいえ、バランスは悪いからね~
ボーカルはまだいいけど、リズム隊はかなり聴き辛かったです。
名古屋は全然見えなかったけど、PA前に貼り付いてただけあって音は本当によかったの。
やってることは大体名古屋と一緒ですね~
細かいところはチョコチョコ違うかな?
エリックが何と“To Be With You”の歌詞を間違えましたよ;;
ラストにやるカバー曲が名古屋と違ってたのですが、やり終えた後何やら相談して……名古屋と同じ曲もやりました。
そんで、おしまい。
まぁ、サンダーみたいにセットをかなりいじってくるということはなさそうです。
でも、何だか楽しいから、いいんじゃない?
漏れ聞く話や何かを総合するとやっぱり『なかよしさん』ではないみたいですが、(そりゃ、そんな簡単に戻らんわな)ステージの上だけでも我慢できるようになったってことは大人になったってことですよ。
よく言うやん、「舞台の上には銭が落ちてる」って。
そう思って我慢出来るなら、まぁ大丈夫でしょ。

あ、思い出した。
あの曲やらんかったわ!
名古屋でやったのはやっぱりmakitaと関係あるのでしょうか?(コレで分かっちゃうか;;)
忍者ブログ [PR]