忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

友達が今年のROCKLAHOMA出演者を教えてくれました。

Twisted Sister, Great White, Vixen, Saxon, Hurricane Alice, Helix, Danger Danger, Warrant, Night Ranger, Gypsy Pistoleros, Nelson, KEEL, KIX, Bang Tango, Beautiful Creatures, LA Guns, Britny Fox, Faster Pussycat, Lillian Axe, Dirty Penny, Legendary Scorpions Drummer Herman Rarebell and Bonfire. Icon, Big Cock, Baton Rouge, Lord Tracy, featuring ex-Pantera vocalist Terry Glaze, Silent Rage, Warrior, Pair-a-Dice, Julliet, Wild Street, Vougan

え、Baton Rouge?
え~、マジでBaton Rouge?
他にも、まだやってたの(?)か、このフェスのための再結成なのか、個人的にはおいしいバンドがてんこ盛りです!

でも、行くのは無理だな~(-_-;)
4月と6月にライヴでウロウロするもんで……
6月なんて、そのせいでRAVEN観れないんだよ~(ToT)
教えてもらった時には、他のを取っちゃってました……
もう、5時間早かったらね~(>_<)くぅ~っ
ま、これも運でしょう。
仕方ねぇやな。
といいつつ、また弟が怪我とかして延期しねえかなとか、考えてしまう悪いヤツなのだった;;
ごめんなさいm(__)m

とりあえず、素敵過ぎるメンツにときめいたあなた様は、オフィシャルサイトをチェックだ!

http://www.rocklahoma.com/

も~いっぺん書いてたの消えちゃったよ~(@_@;)
PR
大阪厚生年金会館(いつまで、存続ってことになったの?)でのライヴに昨日行って来ました。
YOUTUBEで見つけたっつうフィリピン人(だっけ?)新ヴォーカルも一応チェックして、ニューアルバムもちゃんと聴いてから行ったので、驚くようなことはなかったですけど。
いや~ちっちゃいわ!(そこかよ;;)
ニール・ショーンより小さいという、相当稀有な人材ですよ!
ま、上手いですね。
分かってたけど。
私は、中音域が一番スティーブ・ペリーを彷彿とさせると思うのだけど、もうペリーの声自体だんだん忘れてきてるしね~
ただ、友達とかはその似てる部分がある分、余計に「う~ん……」となったところはあったらしいです。
個人的には、ちょっとハスキーな感じがするところも好きだし(そこがペリーっぽい?)、とにかくよく声が出るので、ライヴは安心して楽しめました。
ちょっと、ピョンピョンしすぎかな~と思うけど(^_^;)
若いからね。
後、見てるうちにだんだん珍獣ハンターイモトに見えてきてさぁ……(爆)
あの眉描いたら絶対そっくりだって!!
それはおいといて~
ディーン(Dr)の声も相変わらず伸び伸び♪
叩きながらこれだけ歌えるのは、歳を考えるとスゴイなぁ…と。
彼の声は凄く好きなので、結構歌ってくれて(4曲くらいだっけ?)嬉しかったです。
歳を考えるといえば……
ジョナサンの腹が……ショックだった~(>_<)
もう、来月くらいには生まれそうよ!みたいな……
前に見た時はここまでじゃなかった……。
王子様みたいだったのに、BABYSの時(←どんだけ前よ;;)
そんな訳で
色々ありましたが、2時間10分くらいかな?もうちょっと?楽しく過ごせました。
会場はオッサン率が非常に高かったです(笑)
いやいや、オッサンもどんどん楽しまないとね(^・^)
ライヴに行って来ました。
今回、どうしょうかな~と思ってたの。
どうせPatもいないんだしさ~、って、いてるやん!!
というわけで、急いでチケット申し込んだんですが……
いや~自分が如何にB!誌に載るようなBANDと縁がなくなってるかを思い知る。
てか、雑誌買うの極力止めてるんですよ。
お金がないのは元より、捨てられない性格なので、よっぽどじゃないと買うのは止めようと……

というわけで、十数年ぶりに(?)大好きだったPatのいるextreme。
今回何と!席は最前列の真ん中辺り……;;
いや、好きなBANDだから、嬉しいんだけど、オーケストラピットも埋めちゃってて、本当に目の前なんですよ。
そんなに目の前に立たれたら、見えんつうの(~_~;)
ウェストの辺りがステージの高さだから、ちょっとね~
こんな至近距離でデベソ見せられても……(-_-;)
会場のキャパもいい感じだったですかね。ちゃんと埋まってました。
デフレパとか寂しかったからね……(>_<)
会場に着いたら、最初の三曲の間撮影可ってことになってたんですが、そんなこと言われてもケータイくらいしかないし。
フラッシュはダメってことで……普段あんまり使わないから、どうやってフラッシュ禁止にするのか試行錯誤;;
で、まぁ、ちょっと撮ってみました。
でもさぁ、動くやん?
特に、Garyなんか、めっちゃ動くやん?
まともに撮られへんかった(-_-;)
やし、「あ、今ベタライトで明るいし撮れるかも?」とか、「あ、今ちょっと動きゆっくりやん。撮れるかも?」とか、気にしとったから、まともにライヴ観てなかったわ(~_~;)
まぁ、四曲目からは普通に観ましたけど。
時々Garyのマイクで殴られるんちゃうか!?(だって、めっちゃ近くで暴れはるねんもん;;)
と、身の危険を若干感じながらのライヴでございました。
新譜をチョコッと聞いただけで、昔のを聞き返したりはしてなかったんやけど、それなりには覚えてるものの、デフレパ程は完璧に歌えませんでしたわ。
この辺りにファン暦(ていうか、バンド暦)と、思い入れの差が出るらしい。
私はあんまりソロをピロピロ弾くギタリストは好きじゃないんですが、まぁ、Nunoが上手いのは認めてるしね。
フレーズも面白いし。
ま、何といっても好きだったんですから、今もやっぱり好きな曲は好きなわけです。
で、久々に結構暴れて首がちょっと痛いです(笑)
楽しくて、ちょっと疲れた2時間でした。(始まる前に糖分補給しといてよかった。)
「すぐ、戻って来るよ」の常套句を残して、彼らはそのステージから永遠にいなくなったわけなんですが……
「すぐ」も「戻ってくる」も、なかなか信じられない子になってしまいましたわ(~_~;)
予想を裏切ってくれるとえぇけど。

ほんで、何でPatは出戻りすることになったんやろ?
何も読んでないから、分からんわ(^_^;)
行ってきました~!!
朝っぱらから酷い頭痛で、仕事も遅刻;;
どうなることかと思ったんですけどね~
元気でしたわ、ライヴ中は(笑)
前回の記念すべき初来日の大阪ドームでは、会員先行で取ったから、そんなに酷い席だった筈はないんだけど、会場が会場なんで、何かよく見えなかった記憶があるな~
音も悪いしね、あそこは。
単独では初の来日公演。
やっと、や~っと、ホントやっとです。
やっぱりさ~ギャラとか折り合わなかったんだろうなぁ……AC/DCもだけど。
せめて、ジョンが生きてるうちに来て欲しかったよ……というのが正直なところ。
大阪って、初日だったんだね!←如何にチェックしてないか、丸分かり(^_^;)
なので、オープニングは○○とか書くと、もしかしてもしかしてこれからご覧になる方でこんな僻地のブログを読んで下さっている方がいらっしゃるといけないので、まぁ、内緒で。
ヒント:私はこれを口ずさむといつの間にかスコピーバージョンになってしまいます(笑)
で、この曲の間に後ろのスクリーンに昔々の映像が流れるんですよ。
キースとか、ジョンとかも。
ロジャーも若くてビューチホーだった頃のヤツ。
なので、いきなりスクリーンばっか観ている私;;
今回もあんまり曲順とか覚えてません。←相変わらずバカ;;
でも、ハゲのオッサン…て、ピートね、の問題発言は覚えている。
“Hello Yokohama!”
次だから、そこは。
そこでしまったと思ったのか、次にTokyo!で、Osakaと、ギャグにしたけど、いや~マジ間違えたんじゃないですかね?
後、4年前に始めて日本に来たけど、大阪は来なかったから~と言ってなかったですか?
はっきり分かんなかったんだけどdidn't come Osakaって、言ってたような……来たから、ね、来てるから。
問題発言ばかりではなんなので、オッサンの名言
“Everybody say f**kin' Jump!”“I'm too old to Jump!”
はい、はい。
森光子さんも、もうでんぐり返ししないしね。仕方ないんじゃないですかね。
中盤、ロジャーのマイクがトラブったようで……その時ピートが言ってたことがイマイチ分かんなかったんだよね~
もう1回最初からステージをrebuiltして、どうのこうの……あぁ、アホやわ、俺;;
で、そんな風に喋りながら「俺のマイクは生きてるから~」と言うピートに、マイクの直ったロジャーが言い返す。
“You got your own mixer.It's unfair!”
そうだそうだ~
この言い方が可愛いの!ってか、めっさイギリス人~なので、私が好きなだけ(^_^;)
私の席は、今回3列目だったんですが、ステージの切れ目を過ぎて更にその右へ数席……というところだったので、ライヴ中はずっと横向いてました。
おまけに、でかいライトが丁度自分の前にあって、もう眩しいったら!!
実は、会場を横に使ってるんじゃないかとちょっとドキドキしてたんですけど(デフレパ/ホワスネもメイデンも横使いだった)縦使いでちょっとホッ。
ず~っと、横向きの二人を見る羽目になったし、ザッカリーは全然見れず。
HEALERSで来た時はクアトロで見たのにね~出世したなぁ。
そんな風な席だったので、ピート専用のミキサーのおっちゃんとかがめっちゃ見えてたんですよ(^_^;)
何か、全然ライヴレポートになってませんな。
まぁ、ちゃんとしたレポートは、他の方々がたくさん挙げて下さると思うので、ウチはこんなんで…(笑)
だって~アンコール前はこれで、アンコール1曲目はこれ、とか書くのも、これから観はる人の方が多いと思うとちょっと…ねぇ。
観に行って「おぉ、これか~!!」て、なる方がいいですやん?(まぁ、そんなに読んでる人はいないんですけどね;;)
アンコールの締め曲も盛り上がって、大団円。な感じで、オッサン二人が抱き合う光景が微妙な感じかも(笑)
その後、二人だけでもう1曲やります。
ロジャーの右手には(多分温い紅茶の入った)マグカップ。

2時間近く、しっかりやってくれました。
この間の誰かと違ってホントに歌ってたと思うし。(音がズレたり、歌いきれないところがあったから;;)
いや~楽しかったです。
観れてよかったよ。
単独で、たっぷりで、よかった。
もうちょっと、早かったらね、言うことナシだったんだけど。
表の看板(?)撮ってみました。
人だかりが凄かったし、暗いのに黒いので、あんまりちゃんと撮れなかった(-_-;)
081113_2116~0001.jpg









さてさて、昨日ロールケーキの写メとともに突っ込んだとおりデフレパ/白蛇の名古屋公演を観て帰ってきました。
あ、もちろん大阪も観たよ。
本当ならデフレパをたった2回なんて……(>_<)
という感じなんですが、今回は2バンドってことで、お値段もそれなり。
&仕事の都合もあって2回のみ(デフレパだけなら、とりあえずチケットは押さえてたかもしれないけど、今回は名阪だけ)。
白蛇は、あんまり詳しくないし、曲とかも超有名なのしか知らないんだけど、まぁまぁ、頑張ってましたかね、デビカバは。
でも~1曲目は絶対、……だよね~。
隣で見てた友達は気が付かなかったと言ってたけど、違う所で観てた人と話して確信。
絶対、口の動きがずれてたってば!
まぁ、ちゃんと歌ってたのもあると思うし、新しいのが覚えられなかっただけなのかもしれない。
うん。

さて、私のメイン、デフ・レパード。
1曲目はRocket、だったんだけど……
今回、セットは大きなスクリーンてか、ビジョンなんだね。
そこに映像が流れるわけなんですが、古い写真とかがコラージュされてるの。
そんで、もちろん、いるんだ、(スティーブ)クラークが……
私は、未だに準備なし(要するに、心の)で彼の写真とか見せられるとダメなんですよ。
も~、ぶわって涙が出ちゃうの。
実はさ、やっぱり、ベストくらい一度聴いとくかな~と思ったんだけど、ブックレット出して開いたところがクラークで、もう、ほんっっっとに久々に見たんだけど、ダメだった。
泣いちゃってね~、結局ベストは聴かずじまい。
でも、結構覚えてるもんですね。
ガキの頃に好きになったバンドって、やっぱり特別なのかも。
Pour some sugar on me なんて、あんな訳の分からない歌詞なのに、始まると歌えちゃう自分にビックリ(笑)
ニューアルバムのおまけのDVDで、ジョーが「ヒットした曲はみんなやる」と言ってたとおりの選曲だったかな?
まぁ、絶対「あれもやって欲しかったのに……」というのは、あるけど「あのヒット曲をやらないなんて!?」というのは無かった筈。
でも、今回さ~ビジョンにクラーク映し過ぎでない?
泣けちゃうのに、映ってるんじゃないかと思うと見ずにはいられなくて、その間メンバーを見てなかったですね(苦笑)
でもさ、羽付けちゃダメだってば(>_<)
ま、でも、いなかったことにはしないのが、らしいといえばとてもらしくて、嬉しくもありました。
ホント、楽しかった。
何か全然足りないって感じだった。
デフレパのファンとしては、白蛇ナシで2時間とか2時間半とかやってくれた方が相当嬉しかったな~と思う。

名古屋、白蛇は多分セット(曲の方)変えてなかったと思います。
デフレパはチョコチョコといじってますね。
複数回来る輩が多いって分かっているのでしょうか?(笑)
前日、2日間公演がなかったのにもかかわらず、Joeの声がちょっと出てなくて心配したんだけど、思っていたよりはマシだった。
いや、基本出てないんだけど(~_~;)
楽しい時間は早く過ぎちゃうってホントだね。
ライヴの時間はあっという間に過ぎちゃうのだ。
移動とか、結構時間かかるなぁ…て感じなのにね。
Joeが最後にThere will be a(ei) next! って言うのに「次っていつだよ!?」と、つっこまずにはいられない;;
頼むから、もうちょっと早くアルバム作って、やって来てちょーだい。
もう、お互い若くないんやからさ~(^_^;)
それにしても、疲れた。
楽しいだけでは身体が持たない自分をしみじみ実感(-_-;)

あ、そうそうBringin' on the heartbreak で taking の発音がやっぱり「タイキン」なところが、大好きです(笑)
忍者ブログ [PR]