忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

試写会に連れてってもらいました。

お話
科学者ブルース・バナーは、アメリカ陸軍の命令による科学実験の副作用により、怒りや恐怖などで心拍数が高まると緑色の巨人に変身するようになってしてしまった。
その力をコントロールできずに悩んでいたブルースは、アメリカを離れブラジルの飲料水工場で働いていた。
だが、ふとしたことで彼の血が工場で作っている『ガラナソーダ』に混入してしまう。
それはアメリカに運ばれ、ソーダを口にした人に起こった異常から執拗に彼の行方を追っていたロス将軍はブルースの居所を突き止め、兵士を送り込む。
工場での争いごとに巻き込まれたところに、軍からの攻撃を受け、彼はとうとう緑色の巨人に変身する。
彼の変身を目の当たりにした兵士の1人ブロンスキーは、そのパワーに魅了され、自分もそうなりたいと願う。
その願いを叶えるため、ロス将軍に自ら志願し血清を投与されるブロンスキー、そして彼は更に[力]を欲してそれを手に入れる。
まさしく怪物となったブロンスキー、破壊されるニューヨークの街、そして恋人に迫る危機。

この[]を使う
お願いだから
僕を信じて欲しい

彼は街を、恋人を、そして自分を救えるのか?

前作は観てないんですよ。
昔々に見たTVシリーズが好きだったので、『全然違う』みたいな評判を聞いてしまったので、とても観に行く気にはならなかったのです。
今作はTVシリーズを踏襲しているという話だったので楽しみにしていました。
身を隠しながら居場所を転々とし、自分の身体を元に戻す方法を探し、何かに追われている。
という点ではTVシリーズに近いですね。
彼には逃亡者の苦悩と悲哀がある。
追われているのは片や記者、片や軍隊なので、自分の危険度は多少違うかもしれませんが……
でも、自分が実は怪物に変身して暴れるなんて知れたら、生きていくのは大変でしょうから、記者に追われる方が大変かもしれません。
今回の映画では、アメリカ陸軍はブルースの身体に起きた変化を利用し最強の兵士を作ろうとしているようです。
軍事利用されることを嫌ったブルースは、身を隠しているというわけ。
変身しない身体に戻るために薬品の研究をしたり、心拍数を上げないように自分をコントロールしようとする方法を身につけようとしています。
でも、なかなか上手く行かない。
ある男にチャットで自分の秘密を打ち明けて直す方法を探してもらっている、というのが藁にも縋るようでもあり、無防備なんじゃないのか、と思わせたり……。
所々に入れてあるジョークっぽいやり取りや映像も、少し緊迫感を殺いでしまうような気もしますが、日常の隣にある非日常を感じさせていいのかもしれない。
ストレッチのきくズボンを探すところとかね、個人的には好きです。
あ、ズボンは変身から戻った後はボロボロになっちゃうようです。(変身中は大丈夫、何故だ?)
恋人ベティと『ハルク』の姿がちょっと『キングコング』(この前の)を彷彿とさせます。
だから、ラブ・ストーリーとしても成立してる、のかな。
ラストの戦いのシーンをどう思うか、なんですけど……CGまみれだからね。
でも、まぁ、見応えはありますね。
最後のおまけもよいです。

私的にいちばん「おぉ!!」となったのはグレイシーさん家の長男(だっけ?)。
ヒクソンや~ん、おぉ…そうか、ブラジルやもんな。
そして、ガラナソーダを飲んでしまうお爺……ホント出るの好きやね、スタン・リー。
やっぱり、リヴ・タイラーの肩幅は今日も立派だ!(ノートン君よりがっしりしてるかも)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]