忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327] [326]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

歯が痛い!
何にもしてないのに、何の拍子でか神経が刺激されるのか、痛いです~((+_+))
そんな痛さを暫しでも紛らわせようと、観てきました。

お話は
自分の農場から自分で作ったロケットで宇宙へ行く……
そんな(とんでもない)夢を追い続ける父親と、その夢を支える家族の感動の物語。
大学で航空宇宙工学を学び、空軍へ入隊、宇宙飛行士としての訓練も受けていたチャーリー・ファーマー。
しかし、父親が急死して除隊し、実家の農場を継ぐことに……。
彼の宇宙への夢は破れたかに見えたが、ファーマーは諦めていなかったのだ。
自作のロケットで、自分の農場から宇宙へ行くことを計画。
妻のオーディと3人の子供たちも彼を応援してくれている。
夢を諦めないファーマーを家族は誇りに思っていた。
しかし、発射用の燃料を購入しようとしたことからFBIやFAA等国の機関からの様々な妨害にあう。
果たして、自分の夢のために、愛する家族のために、ファーマーは宇宙へ行くことが出来るのか…?

夢を支える家族の愛に満ちた、古きよきアメリカを思わせる感動作
なんだって。
でも、まさにそうなんだね。
『古きよきアメリカ』なんですよ。
もう、冒頭から家族は当然のこととして父親の『ロケット作り』を認めているのですが、ここがもうおとぎ話ですよね。
ま、子供たちは物心つく前からそんな父親のすることをごく当然のこととして、見てきたわけなんだろうけど。
嫁が凄いわ。
やっぱり、普通はなかなか認められないよ。
「実は、ロケット作ろうと思ってんねんけど……」て言われて、どう返事する?
もちろん、諦めた経緯とか、色んなことを知っての上でのことなんでしょうけど。
それに、いくら専門知識があるとはいえ、個人でロケットが作れるのか!?というのもあるし……ね。
街の人は彼のロケットが成功するかどうか賭けにしたり、今は銀行のエライ人になった幼馴染も、「もう金は貸せない、目を覚ませ。」と言ったりするんだけど、基本的に彼のことを認めているんだね。
でも、借金の返済期限は迫り、農場を取られそうになったり、FBIにずっと監視されたり……。
集まったマスコミのお陰で支援者は増えたかに見えるけど、それで生活が楽になるわけでもない。
追い詰められたファーマーは、置手紙を残して……

でも、これは現代のアメリカを舞台にしたおとぎ話なのだ。
だから、美しくて楽しい、それでもって少し悲しい出来事もあって、だけどめでたしめでたし、というお話なので、「そ~んなアホなことあるかい!!」というのが嫌いな方にはオススメしません。
個人的には、とても楽しめました。HAPY ENDだけど(笑)。

ビリー・ボブ・ソーントンがまさに、珍しく『好演』て感じ。
ヴァージニア・マドセンも『今宵フィッツジェラルド劇場で』の謎めいた雰囲気とは打って変わった優しくて逞しい母親そして妻ぶり。
長男役の子、いいですね。
『ジャンパー』でヘイデンの子ども時代をやってた、とか。
そして、二人の娘達をポーリッシュ家のそれぞれの娘が演じているそう。(どっちがどっちかは分からんけど)
『ツイン・フォールズ・アイダホ』のキレイな双子もいつの間にかオトンになってたのね。
時の流れを感じます。
あ、そうそう、ちょびっと出てくるアルマゲドンのハゲの(あの時ハゲだった?)宇宙飛行士がいい。
いつになくいい(気がする)、髪もあるしね(笑)
そして、エンディングに流れるエルトン・ジョンの『ロケット・マン』がいい!こんないい曲だったっけ?

Elton John-Rocket man
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
やっと見た
幸せの1ページであくびしてた息子が今日もあかん?と思ってましたが面白かったと言ってました。
どっちもありえへん話ですが、面白かった!ブルース・ダーンが優しいおじいちゃんで出てた。
昔、悪役してた人が歳とると、こんなになるんだと
見てました。夢を持ち続けるのは難しい・・・
angie 2008/09/23(Tue)23:53:09 編集
ありえな~い
けど、こんな風にほんわか気分で帰れる映画もいいですよね。
夢を諦めなくてもよくって、それを分かってくれる人がいるっていうのは、現実には難しいことだけど、だから、スクリーンでくらいは観たいですよね。
たまには。
【2008/09/24 17:16】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]