忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[229] [228] [227] [226] [225] [224] [223] [222] [221] [220] [219]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

銀行の用事もあったので、昨日はお休みしました。
用事を済ませて早速映画へ。
『光の六つのしるし』
原作を読んでないから、何ともいえないけど……
しるしが簡単に見つかってしまうのは、そういう能力を持っているってことでいいんじゃないかなと思うのですが、手に入るのも比較的簡単ね(^_^;)
出来れば、隠すところも映像化して欲しかったけど……
まぁ、でも、私が好きな『ファンタジーの形』(ハリポタは違うのよ、残念だけど。)なので、まぁまぁ楽しめました。
結構ハラハラするし。
ただ、主人公が…時々「お前、アホなんか!?」と言いたくなってしまうのだけど、主人公ってきっとアホじゃないとアカンのよね。
アホじゃないとあっけらかんとピンチに陥ったり出来ないもんね。
楽しみにしてたグレゴリー・スミスですが、出番が少ない~。
パンフをチラ読みして『エバーウッド』に出てたことを知りました。見てなかったなぁ……
あ、『タロットカード殺人事件』で人体消滅の手品の箱の中に出てくる死んじゃった濃い~ジャーナリスト、イアン・マクシェーンが、SEEKERとともに闇と戦う『古老』の一人として出ています。
普段は執事なの。濃い~執事だな(笑)
『ナショナル・トレジャー2』
ハッキリ言っておっさん祭りです。
ジョン・ヴォイト、ハーヴェイ・カイテル、エド・ハリス…ニコラス・ケイジも、もうおっさんやね~。
1作目もなかなか楽しめたので、今回も割と期待してました。
期待通り、だったんじゃないですかね~。
ハラハラ、ドキドキ、あんまり難しいこと考えずに、楽しませてもらえばいいんじゃないでしょうか?
個人的には荒唐無稽な話というか、隠された文明が…とか、秘密の財宝が…とか、そんな話が好きだし、娯楽大作としてはいいんじゃないかな~。
ジェリー・ブラッカイマーなんだから、しっかりとした歴史的裏づけとか、気にしちゃいかんのですよ。(そんな人が、あんなキング・アーサーが作れるかって~の;;)
ところで、ライリー君、可愛くてお気に入りなんですが、他であんまり見ない気がするんですけど……日本に来てるのは少ないのかな?
シメは『俺たちフィギュアスケーター』
このタイトル、どうかと思うよね~(-_-;)
『俺たちニュースキャスター』を捻っているのだろうけど、これって日本でそんなに知名度あるのかな?
私、あんまりコメディーは得意分野じゃないので見たことないんだけど……
知っててこその、もじりですからね~。
でも、まぁ、『Blades of Glory』を訳すのも困難だしね。(訳分からんくなるでしょ、直訳しちゃうと『栄光の刃』だしな;;)
コレ、設定を考えた時点で力の90%くらいを使っちゃったんじゃないでしょうか?
設定だけで十分面白いんだけどね。
冷静に考えたら、内容としてはそれほど面白いことはやってない気がする。
まぁ、いいけど。(いや、よくないのかな?)
せっかく、贅沢なキャスト使っていると思うので、ちょっと勿体なかったかな~。
ジミーの養父はインベイジョンの保安官ですね。
あのドラマすっごい中途半端な終わり方でしたが、シーズン2とかあったりするのでしょうか?
一番面白かったのは、ジミーのストーカー、ヘクター君かも。
彼が最後まで、大活躍!なので、見る方はエンドロールが流れてきても立ち上がって帰ったりしちゃ駄目よ。
隣のカップルとか、終わってみると結構人がいなくなってて、「あぁ、勿体ない……」と、思ったのでした。
あ、それと何だか可愛くないマスコットはイイ(笑)
結構良いイスの映画館だったけど、腰が痛いわ、さすがに…(~_~;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]