忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[346] [345] [344] [343] [342] [341] [340] [339] [338] [337] [336]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

shoot'em_up
観てきました。
土砂降りの天六で……。
予告を見た時に面白そうだなぁ…と思ってたのですが、ホント郊外のシネコン(一番向いてないと思われるのですが;;)だけでの上映だったので諦めてたんですよね~。
最近の天六は封切館みたいになってたんだけど、やっぱり二番館でいいんじゃ……

upとかがつくと○○し尽くす、みたいな意味になるんだろうと、思ってたのですが、もうコレは慣用句なのですね。
アメリカ口語で『派手な撃ち合い映画』を意味するんだそう。
まさにその通りの映画です。
何せ2万5千発!と謳ってるんですからね~

深夜と思われる寂しい通りのベンチに男が座って(多分)スープ片手にニンジンをかじっている。
そこへ臨月間近と思しき妊婦が通りかかるが、様子がおかしい。
すると男が追いかけてきた。
気になった彼が後を追っていくと、先程の男が妊婦をナイフで襲おうとしているところだった。
思わず彼女を助けるが、そこに男の仲間らしき男たちが次々と乱入し、銃撃戦に。
そんな最中にショックからか産気づいた妊婦から赤ちゃんを取り上げた男は、逃げる途中に命尽きた母親に代わって赤ん坊を抱えて逃走する。
すると男たちは、今度は赤ん坊を奪おうと襲い掛かってきた。
赤ん坊が狙われる理由がわからないまま、必死に逃げるのだが……。

ベンチに座ってニンジンをかじってる男が、この映画の主人公。
売春宿では、ミスター・スミスと呼ばれている。
スミスは赤ん坊に「何か飲ませなくては」と思いついてここにやってきたのだ。
そして、登場するのがドンナ。
母乳プレイ(って;;)専門の娼婦。
金をやるから赤ん坊を預かって欲しいと、スミスは頼むが断られてしまう。
そして、スミスを追いかけていた男達のボス、ハーツ。
頭は切れるが少々変態気味の恐妻家、妻からの電話にはどんな状況でも必ず出る男。
この三人が中心となって(赤ん坊も)物語は回っていく。
何故、赤ん坊は狙われるのか?
その裏には思いもかけない大掛かりな陰謀が……!

面白かったよ~
この、アクションシーンを考えた人(監督?)はアホか天才です。
よくも、まぁこれだけ考えついたな、と。
とにかくバリエーション豊富。
この監督、香港のアクション映画が好きだそうで、そういわれればなるほど『男達の挽歌』とか、思い出すシーンもあります。
でも、何よりもすごいのは銃撃戦が笑えるってことなんだよね。
普通、笑うところじゃないと思うんだけど、この映画笑える。
小ネタもいい。(スミスが住んでる廃墟の『鍵』とか…)
スミスをクライヴ・オーウェン、ドンナをモニカ・ベルッチ、ハーツをポール・ジアマッティが演じています。
ポール・ジアマッティがホントにいい!
悪い人ってこういう感じだと思うんだよね~一見無害そうなごくごく普通の男。って感じ。
『リボルバー』の殺し屋さんも銀行員みたいで、あぁ本当はまさにこんな感じの人なんだろうな…というリアリティがありましたが、それと同じ感じ。
悪い人たちを仕切る更に悪い人も奥さんは怖い、みたいな。
『イタリアの宝石』モニカ・ベルッチもアップになるとさすがによる年波には……と思うけど、まぁ元がキレイだから、いいかな。
最近のハリウッド映画のヒロインはどうにも解せないルックスなので、それよりは相当いいな、と。
まぁ、兄貴金本と同い年なんだから、これはもうご立派でしょう。
クライヴ・オーウェンがいいです。
こんなゴツゴツした顔でラヴ・ストーリーとかやられると目眩がしますけど(でも、クサイ台詞あり)、こういうアウトサイダーでヒーローみたいなのはハマりますね。
あ、そうそう彼が演じる『スミス』も謎が多くて、その正体はハーツが調べていくことによって少しずつ明らかになっていくというのもいい。
『スミス』っていうと、偽名中の偽名って感じですが、アメリカにガンスミス・スクールとかあるんですよね?
銃器の専門家養成学校みたいなの。
そっちから取ってるのかな?と思ったんだけど……どうだろ?

本編とは全然関係ないんですが、私はソンナトコロにピアスをしてるのはボトムの男だけだろうと思ってたんですが……違うの?

ちょっとえぐいシーンも多いですが、それとニンジンもやたらと出てくるので私みたいなニンジン嫌いは若干「ウッ」となりますが、ストレス溜まってる方にはオススメかな?
とんでもなくて且つ笑える銃撃戦でスカッとしましょう!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]