忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[322] [321] [320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっと、観て来ました。

前作から1年くらい?(現実世界では、ね)
現実世界に戻ったペベンシー4兄弟は、地下鉄の駅からナルニア国へ。
4人はカスピアン王子が吹いた(スーザンの)角笛によって導かれたのだった。
ナルニアにやって来た4人は自分達が住んでいた城が既に廃墟となっていることから、自分達がいない間にナルニアに何百年もの月日が流れたのだと知る。
実はナルニア国はテルマール人に攻め滅ぼされたのだ。
そのテルマールの王子カスピアンは父王は既に亡くなり、彼の叔父が今は実権を握っているのだが、その叔父に息子が誕生したことから命を狙われる。
危機一髪で逃げ延びる王子、その時窮地にはこれを吹くようにと角笛を渡されたのだった。
絶滅した筈のナルニアの住人に遭遇して驚く王子。
4兄弟が果たす役割は?
王子は、ナルニア国はどうなるのか?

原作を読んだ人には、少々不満もあったようなことも聞きますが、私は昔々読もうかなぁ……と思ってたものの、そのまま挫折したので内容は全然知らないんですよね。
なので、特に「こんなんじゃない!」というような不満もなく、楽しめました。
前作も思ったけど、冒頭のシーンが暗い。
雰囲気とかじゃなくて、ずばり画面が暗い。
私があまり目がよくないせいかもしれないんだけど、何かハッキリ見えんのですよね~(~_~;)
今回は、前半から王子の暗殺未遂、とか結構ハラハラさせられます。
王子は、スターダストの時、こっちが主役の方がいいんじゃないか?と思っていたベン・バーンズ。
4兄弟は姉、兄は見た目あまり変わらないけど、次男が育ったなぁ……て感じ。
結構見た目も小マシになったんじゃないでしょうか?
末っ子は……縮尺が違うだけな感じが否めませんが……(^_^;)
4人の中で特にお兄ちゃんは、一度は大人だったのに、また子どもに逆戻りの生活になかなか馴染めないようで、そういう妙な焦りもいいなぁ。と思ったり。
この4人の成長の物語でもあるんだね。
そして、今作では王子様も成長する。
戦闘シーンがどうしても『指輪』っぽいのは仕方ないけど、よく出来ていたと思います。
超デカいカタパルトが……素敵(*^_^*)
二時間半長いなァと思わずに見られると思います。

『指輪』の後書きで読んだのかなぁ?
ナルニア~は滅びへと向かっているのに、物語が持つ雰囲気はあくまでも明るい。と書いてあって、本作でもその『明るさ』が感じられます。
まぁ、まだまだ滅びまでは遠いしね。
どこまで続くのか?
全部映画化できるのか?
そういった意味でも楽しみです。(ちょっと根性悪?)

あ、唯一不満があるとしたら、王子様の髪?
髪質だと思うんですけど、こうサラ~っとしてないのですよ、それがちょっと残念。(髪型は私は別にOKですよ、angieさん。)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
そう?
あの髪型は好きになれないわ。
あれではサラサラにならないような気がしますが・・・
angie 2008/06/20(Fri)23:45:58 編集
そうですか?
あの髪質だから、あの髪型になっちゃうのでは?
とりあえず王子様は短髪じゃ嫌なんで……(^_^;)
【2008/06/23 17:18】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]