忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[438] [437] [436] [435] [434] [433] [431] [430] [432] [429] [428]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと迷ってたんですけどね~
「世界最速のインディアン」と同じ監督だというので、観て来ました。
バンク・ジョブっつっても銀行員の仕事ではありません(笑)←あ、おかしくない?

舞台は1971年のイースト・ロンドン。
中古車屋を経営するテリーは、借金に追われていた。
そこへ古くからの知り合いでモデルだったマルティーヌから銀行強盗の話を持ちかけられる。
付き合っている男が、ある銀行の警報システムが交換のために一時期作動しないと漏らしたのだという。
「一生に一度のチャンス」と説得され、テリーは決意する。
売れない役者やカメラマン崩れの友人の他、小悪党時代の知り合いのプロを含めて総勢7人の実行メンバーが集められた。
銀行の一軒隣の店が売りに出ており、そこから地下トンネルを掘って侵入を計画、強奪のプロではない彼らだったが何とか金庫への侵入に成功する。
しかし、その盗んだ貸金庫の中には、現金や宝石だけでなく、犯罪組織やイギリス政府、警察、王室にまで関わる秘密が預けられていたのだった!

実話なんだそうである。
というか、Based on true storyってやつですね。

1971年、ロンドンで、とある銀行の地下金庫に強盗団が侵入、数百万ポンドにも及ぶ現金と宝石が強奪された。
事件は数日間トップニュースとして報道されたが、何故か突如打ち切られる。
その理由はイギリス政府からのD通告(国防機密報道禁止令)だった……ということらしいです。
政府からの禁止令が出るくらいだから、ひょっとしたら金庫の中には王室を揺るがすようなスキャンダルが隠されていたのでは!?という設定に。

何かね、そんなに期待してなかったせいか、めっさ面白かったです。
素人ばっかりで、金庫破りなんで、みんな妙にテンション高かったり、腹が減ったと隣のレストランに出前頼んだりするアホがおったりで最初は何かユルユルなんですよ。
でも、実は金庫破りを持ちかけた女には裏の魂胆があって……という、二転三転していくのとリズムがゆるくなったりハラハラドキドキの展開になったりと、飽きさせない。
スケールがそんなに大きいわけでもないんだけど(MI5だの6だのも出てくるけど基本イギリス国内だし)、これはこれでいいんだと思うの。
元々がちっこいヤツ等がやってることなんで、そんな世界を股にかけるようなことは無理でしょ。
まぁ、そんなちっこいヤツ等が思いがけず国家レベルという身の丈に合わない大きな舞台に引きずり出されることになった、その右往左往振りや、いつも取り澄ましてるようなお偉方の狼狽振りを楽しめばいいんじゃないでしょうか?
やっぱり、小市民ですからね、ちっこい方に感情移入というか、肩入れしがちですけど。
「あぁ、もう、何をあほなことを!」と、保護者のように心配するのもよし。
「そろそろ何か大きいことをしないと」ってやるのがこれかよ!?と呆れるもよし。
この近所を借りて地下掘って銀行を襲う犯行ってホームズの話に同じようなのがあったよね?
「赤毛同盟」だっけ?
そんな古典的名作推理小説と比べてみるのも面白いかも。

好き嫌いが分かれる映画だと思いますが、「ロック、ストック~」が好きだった人はなかなか楽しめるんじゃないかと思います。(私もメチャ好き!)
「ロック、ストック~」といえば、ジェイソン・ステイサムってあの映画の時は全然印象ないのですよ、私は。
でも、一番出世したよね~。
ジェイソン・フレミングも最近観たのじゃミラーズで刑事役でチョロっと出てただけやし。(キーファーに付いて行って一緒に調べろよ!と思いました;;)
コックの人、えぇとデクスター・フレッチャーか、もチョコチョコっと見た時期もあったけど最近はあんまりのようだし。
一番のお気に入りだったエディ役のコ、えぇと忘れた。調べます……。
あ、あった。
ニック・モランは、ホントに見ない。
いや、仕事はやってるんだろうけど、全部が全部日本に来るわけでもないし。
近況をご存知の方はご一報ください(笑)

あ、そうそう、ホームズと並ぶ名探偵ポアロを演じたデビッド・スーシェが、ポルノ監督でストリップバー経営者なんだけど裏社会では結構な顔役という、悪い人で出ています。
ポアロは吹替えで観てたので、この人がそうだろうなぁと思いつつも何だか違和感があったんだけど、やっぱり上手い!
もう、何か、ホント上手い!

ところで、T-REXといえば“Get It On”なの?
カバーアルバム出した時にウシこと、ジョー・エリオットも言うてたけど。
日本では“20th Century Boy”なんじゃないかな~と思うんやけど、20世紀少年とは関係なしに(と思うけど)。
まず、あの曲ありきでしょ?
だって、あのイントロ、忘れられんやん!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]