忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[433] [431] [430] [432] [429] [428] [427] [426] [425] [424] [423]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

一応、観ようかな~と思ってた映画だったのですが、使用期限ギリギリとはいえタダ券をいただけたので出かけてきました。
う~ん……やっぱりキアヌの出番が多い映画は……(赤姫基準)
オリジナルは未見なので比べようもないのですが、米ソの冷戦を背景に核兵器の廃棄を目指した内容だったようです。
で、ソ連も崩壊しちゃった現代ではどうするのかというと、『環境破壊』への警告。
以下、どこがポイントで隠しどころか見極められないのでネタバレ満載でお届けします。
観る予定の方はご注意を。

ある日、地球に何だか分からんが、物体が大接近。
宇宙生物学者のヘレンを始め、科学者達が緊急に集められるが、地球にぶつかると予測されるまで残り時間は78分!
通信衛星システムは破壊され、物体の爆破も中止を余儀なくされる。
もはや、これまでか……と思われた時、物体は何故か速度を落とし地球にふんわり着地。
中から出てきた宇宙人らしきものをびびったアメリカ兵が撃ってしまい血が飛び散る。
病院へと運ばれる宇宙人らしきもの。
銀色にかがやくぬらぬらした体から、そのぬらぬらが次第に剥がれ落ちていく、と、中からは人間そっくりさんが!
凄い速度で成長する人間そっくりの宇宙人らしきものさん。
彼はクラトゥと名乗り、自分を調べようとする人たちにすぐさま自分を開放するよう要求する。
彼には、任務があったのだ。

「放せ」と言われて、「はい、そうですか。」ってことはもちろんない。
自分達より高い文明を持った彼らに滅ばされてしまうと言う官房長官は彼に自白を強要させるよう命令。
何故か、このままではいけないと思ったヘレンはクラトゥを逃がすため政府に協力する振りをする。
宇宙人ならではの凄い能力を使って逃げ出すクラトゥ。
でも、移動は出来ないのか足代わりに使われるヘレン……。
そのお礼にか(違うよな;;)クラトゥは地球にやってきた目的を話す。
彼は「地球を救うためにやってきた」のだった。

地球=私達、としてしまうヘレンの思考が、地球人の思考なのかな?
このまま、人間が好き勝手に地球を痛めていくと地球が危ないから、害のあるものを取り除こうということなのだね。
まぁ、テーマとしてはタイムリーつか、考えていかなくちゃいけないことだしね、いいと思うんだけど。
脱出に成功したクラトゥは、先発隊として地球に来て住み着いていた爺ちゃんとマクドで会う。
人間はもうダメやと言う爺ちゃん。
じゃあ、一緒に帰ろうというクラトゥに爺ちゃんは「ここに残る」と言う。
で、まぁ、爺ちゃんの人間への思いを聞いたり、ヘレンと息子に出会ったりして、クラトゥは考えを変えたんやけど、時既に遅く地球への攻撃は始まっていた!
聖書にさぁイナゴが襲うとか、あったっけ?なんか聞いたことあるような気がしたんやけど、気のせい?
官房長官は『洪水』が来ると予想していたんだけど、これが洪水?
何もかもを食い尽くす虫が地球を襲う。
でも、クラトゥは考えを変えたんやね。
ヘレンの懇願もあって、猶予を与えることにして帰っていく。
黙って。
あの~そんなことしたら、すぐに戻らなアカンよ(~_~;)
ヘレンが地球人達を説得するってことなんでしょうか?
でも、皆が訳も分からず酷い目に遭った訳で、地球の女が説明したところで信憑性が……
やっぱり宇宙から来た人に説明してもらった方が……

そして、この映画、結構ツッコミどころ満載。
まず、先発隊として地球に来て住み着いていた爺ちゃんは中国系なんやね。
潜入していて人間はどうなんだ?、みたいな話は中国語で交わされる。
のだが、クラトゥに爺ちゃんが「ここに残る」と言うのは、英語。
いや、でもさ~爺ちゃんは孫につれて来てもらってる訳で、まぁ孫世代なんて中国語は全然分からんかも知れんけど、どこに誰がいるか分からないのに、普通に地球の言語でそんな大事なことを話すってどうなの?
しかも、途中から英語やし。
宇宙語とか、テレパシーとか、そういうのはないの?(まぁ、移動も出来ひんしな…)

ちょびっと出てきたヘレンの恩師(パイソン・ファンならときめいちゃうジョン・クリーズ)も、ヘレンは本当の指導者とか言ってクラトゥに紹介するけど実権があるわけでもないし。
ほんで、責任者かなんか知らんけど、自分だけで判断していいのか、クラトゥはん!?
それに、アメリカに来た以外の丸い物体からはクラトゥみたいな人は出てきてなかったのでしょうか?
謎が多すぎる~(~_~;)

画面を見てるとアメリカは大丈夫なんかな?と思うシーンが端々に。
ヘレンのケータイ、子どもの使ってるノートPCはLG製。
ヘレンの車はホンダ製やし、途中で映るトラックのカーステレオはパイオニア。
普通?

とりあえず、タダでよかったなぁ。って感じかな。
キアヌの大ファンなら、まぁ、千円くらいは払ってもいいでしょう。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]