忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[407] [406] [405] [404] [403] [402] [401] [400] [399] [398] [397]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

男の渋いドラマやアクションを撮り続けてきた香港の鬼才ジョニー・トー監督の初の恋愛映画。
脚本は『ラヴソング』のアイヴィ・ホー。
主人公のアトン役には、台湾の大人気ユニットF4のヴィック・チョウ。

う゛~ん……
ちょっとしんどかったので、レイトショーしか時間の合わないXファイルはキツイし、イーグルアイも別に見たくないし……
という訳でこれを観ました。
まぁ、ちょっと気になってたのよ。
F4は特に好きって訳でもないけど。
ヴィックよりはジェリーの方がちょっと好きかも、だし(笑)
ジョニー・トーは『エレクション』が気になってたんだけど、見そびれちゃってました。
印象としては北野武のようなタランティーノのような感じ?
黒社会系?
なので、まぁ、私の得意分野ではないんですけど……
『ラヴソング』は、珍しく、私がいいと思えたラヴ・ストーリーで、その脚本家が今回も手がけているというのが大きかったかな~
あと、タイトル。
私は、この邦題は、結構好き。
これで、40%くらい持っていかれた(笑)

大学の人気者で恋人はミスキャンパスというアトンに密かに想いを寄せていたエンジャ。
想いが通じて2人は次第に惹かれ合い結ばれる。
しかし、ある日口論の最中にアトンは事故で帰らぬ人となってしまう。
それから3年、法律事務所で働くエンジャは、哀しい過去を忘れることが出来ず、病院に通い、薬に頼る日々を送っていた。
そんなある夜、アトンが3年前と変わらぬ姿で目の前に現れる。
これは幻覚?それとも幽霊なのか?
最初は、恐怖に震えていたエンジャだが次第にアトンを受け入れ始める。
そして二人で過ごすうち、アトンの秘められた想いが次第に明らになっていく……

と、粗筋を書くと、何だかロマンチックですな。
でも~、最初、ホラーかと思うよ(-_-;)
アレ!?って感じ。
映像の独特の美しさでは定評のある(らしい)監督、これは別に、まぁいいや。
ヴィックは、正直言って上手くはないと思うけど、まぁボロクソに言うほどでもね。
ヒロイン役は、3年後がメインの設定だから、学生時代ちょっと無理あるわ~;;というのは大目に見て。
ラスト、ヒロインは爽やかに立ち直って、アトンも行くべきところに行ったんでしょう。

何がいけなかったんだろう(?_?)
一番よかったのは、アトンのオトンですわ。(シャレではない;;)

何かね~、やっぱり、この監督にラヴ・ストーリーは、無理ってことじゃないの?
来年かな?にやるEXILEDは、良さそうね。
アンソニー・ウォンに、リッチー・レン。
やっぱ、男臭い映画を撮ってた方がえぇんちゃうかな~(^_^;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]