忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[400] [399] [398] [397] [396] [395] [394] [393] [392] [391] [390]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

映画館に着いたら、すっっっっごい並んでて(祝日の朝だったから?)、思わず挫けて帰りそうになったんですが、朝1回しかなかったので我慢。
それでも、カウンターに行き着くまでに上映時間になっちゃうかも(>_<)
と、思い始めたところで、ピックアップされて優先でチケットカウンターへ。

見終わって思うのは、何だかミシェル・ゴンドリーらしくなくて、ヨカッタ(笑)
いやいや、嫌いじゃないのよ、ホワイトストライプスのレゴのクリップとかいいよね。
でも、『エターナルサンシャイン』とか、『恋愛睡眠のすすめ』とか、嫌いじゃないんだけど「好き」って言えない感じだったんですよね。
よぉく考えたら、どっちも『恋愛』が、話の核なんだよね。
本当に、そういうのが好きじゃないんやわ(笑)

再開発の波が押し寄せる街角。
未だにビデオテープしか置いていない、おんぼろレンタルビデオ店。
ジェリー(ジャック・ブラック)とこの店の店員のマイク(モス・デフ)は友達だ。
ある日、マイクに店を任せ、店長(ダニー・グローヴァー)は旅行に出かける。
店長の期待に応えようと、張り切るマイクだったが、何故かテープが空だとのクレームが相次ぐ。
実は、前日に発電所を破壊しようと忍び込んだジェリーが強力な電磁波を浴びてしまい、そのジェリーを店に入れたせいで全てのビデオの中身が消えてしまったのだ!
そこへ、店長と親しいおばさんが来店、「ゴーストバスターズ」を借りたいと言い出した。
貸し出せないとなると店長に言いつけられると考えた二人は、明日までに用意すると、とりあえずおばさんを帰す。
友達に電話をかけまくり、「ゴーストバスターズ」を探すマイク、しかし唯一持っている友達もDVDだという。
困りきったマイクは、店に古いビデオカメラがあるのを思い出した。
このカメラで「ゴーストバスターズ」を自分達で撮影することを思いついたのだ。
見たことのないおばさんなら、何とか誤魔化せるかもしれない。
しかし、お客はおばさんだけのわけがなく、二人は更に「ラッシュアワー2」などビデオテープから消えた名作・旧作を自分達でリメイクすることに!
驚くことにその『リメイク』が、大評判になり、たちまち店には長蛇の列が!
リクエストに応えて、次々と作品を増やすために、町の人達も巻き込んで撮影を敢行していく。
ところが、そこへハリウッドの映画会社の弁護士達が著作権の侵害を訴えにやって来た。
二人は、レンタルビデオ店は、そして町はいったいどうなってしまうのか…?

ミシェル・ゴンドリーらしからぬ映画かもしれないけど、彼の監督作の中では一番好きかも。
『落下の王国』で映画への愛がある映画と書いたけど、この映画は映画制作への愛が溢れている。
いろいろなことを自分で考え、工夫して作る楽しさ。
子どもの頃にパラパラ漫画を書いた時の喜び。
そういうものが、画面から滲み出している感じがする。
二人の作る映画は、アルミ箔の衣装、ダンボールに書いた背景などなどチープ感満載なのだが、そういうのが楽しいんだよ。というのを私達にもう一度訴えようとしているのじゃないかと思う。
確かに、お金をかければCGで何でも作れてしまうけど、それってやっぱりつまらないでしょ?
どんどん向上していく二人の特撮技術(?)は、映画の歴史をたどっているよう。

最後に撮った映画の上映会の後、店や二人や店長がどうなってしまうのかは誰も分からない。
ま、多分、Happy End とはいかないんだろうけど。
何かを自分の手で作ることの楽しさを思い出させてくれる映画、かな?
私は、メジャーどころの映画って見ないから「あぁ、これはあの場面か……」と分かるものは少なかったんだけど、それでも楽しめたので、映画好きを自負するあなた様、ぜひどうぞ。

ところで、この邦題は百歩譲っていいとして(「巻き戻してね、よろしく」じゃね~;;)
キャプション(ていうのかな?)の『はっぴいえんどにリメイク中』は、余計だよ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
これ最高
バカバカしさも適度でいいし、感動もやり過ぎじゃないし、いい感じの映画だよね。ジャック・ブラックも、時々使い方間違えると嫌味なんだけど、これはハマってて良かった!
チュチュ姫 2008/11/06(Thu)22:09:33 編集
Re:これ最高
うん、ホントに面白かったです。
ジャック・ブラックがちょっとやり過ぎか?て、感じもしなくはないけど、これくらいならギリギリOKかな。
感動大巨編にならないのは、やっぱり、ハリウッド出の監督じゃないからじゃないですか?
この映画にある、『余白』みたいな部分が、実は、作品作りで大事なことなんじゃないかなと思います。
【2008/11/07 17:54】
余白!
そうですね!観ている方に考えさせるところをわざと残す、っていうのは、簡単なようで難しいよね。残し過ぎるとわけわかんないし、全部説明ちちゃうとつまらないし。この作品は、小作品でありながらその辺一生懸命考えていて、好感がもてますよね。
チュチュ 2008/11/08(Sat)22:40:06 編集
頃、加減。
あんまり何もかも説明されると、『おみやげ』がないし。
確かに残し過ぎて、わけ分かんないのもたまにありますよね~
どうやって、食べたらいいのか分からないものをもらった時のように、それも困ります(-_-;)
何でも、頃、加減が大事ってことですね。
この映画は、そういう意味でもよく出来てると思います、私も。
【2008/11/10 17:32】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
『僕らのミライへ逆回転』−映画に対する愛情を感じます
Be Kind Rewind 映画データベース−allcinemaのストーリー概要がすっごく上手なので、引用させていただきます。 「まじめな青年マイクが働く小さ...
URL 2008/11/06(Thu)22:09:57
忍者ブログ [PR]