忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[331] [330] [329] [328] [327] [326] [325] [324] [323] [322] [321]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブログなんか書いちゃってるよ!
ちょびっとお久しぶりです。
え~っとね、金曜日に歌舞伎に誘ってもらいまして、んでその夜にオカンの襲撃があって~、日曜日は芝居で。
その後もオカンがいて~。
いる間はあんまりいじれなかったので、遅くなりました。
オカンは昨日帰って行きました。
米買ってもらったのはよかったけど(新潟産コシヒカリ5kg)、ご飯を食べさせられたり(あんま食欲ないというか、量が食べられないの、今)。
家に他に人がいないのに慣れている状態なので、なかなかにしんどかったです(~_~;)

金曜日の歌舞伎はね。

まず
一谷嫩軍記の熊谷陣屋(くまがいじんや)
仁左衛門の直実、秀太郎の相模。
子どもの頃、孝玉もいいけど、この兄弟の『ご両人』も好きだったんだな~。
秀太郎には玉三郎とは違う可憐さがあってさ~。
でも、連日の暑さで眠りが浅いせいか、あまり動きの多くない芝居なので、直実が登場した辺りから時々意識が……
あぁ、勿体ない(>_<)
正直、何度も見ているせいもあるのだろうけど、今までにあまり見たことのない場面までやったので、(弥兵衛宗清が出てくるところ)そこはさすがにしっかり起きてました。

次が
黒手組曲輪達引(くろてぐみくるわのたてひき)
世話物の助六といわれているお話です。
これも観たことある気がするんだけど、最初舞台に出てきた菊五郎の姿にビックリ!
声を聴くまでは分からなかったよ~
菊之助と二人で登場して『音羽屋』の声しかかからなかったから、もしやと思ったんだけど。
そして、あんなことまで……
まだまだ上演が続くから、ここでネタ晴らししちゃうのは止めときましょう。
でも、菊五郎はともかく、田之助さんにまであんなことを……。
さすがは阪神ぶっちぎり首位なんである。

後は踊りが二つ。
羽衣(はごろも)
天女の菊之助がホントに綺麗でした。松緑も、まずまず。
辰之助時代にマジ下手な六方を観た時は頭を抱えたけどね~(^_^;)

団子売(だんごうり)
天神祭りにあわせてか、天満宮の橋の前で団子屋の夫婦が、踊ると。
お臼が孝太郎、杵造が愛之助。
この二人は、まぁ安心。
でも、『ご両人』の大向こうをかける人が誰もいなくて残念だった。

土曜日は歯医者行った後、野球をTV観戦。
この間大嶺が入ったから、俊ちゃんのローテーションずれたんだな~。
まぁ、いいや。
勝てば。

日曜日
『ウーマン・イン・ブラック』
私も黒ずくめで出かけてみました。(別に意味はないんだけど;;)

観客のいない劇場、登場するのはたった2人の男。
中年の弁護士と若い俳優だ。
二人は弁護士が過去に体験した世にも恐ろしい出来事を再現していく。
俳優は若き日の弁護士を、弁護士は彼が出会った人々演じることに……。

物語の進行とともに、様々な登場人物を演じ分け、わずかな小道具を見事に操り、その『時』を再現する。
観客は自分の想像力を駆使し、想像力をフルに働かせ、ひたひたと迫る恐怖を予感する。

斎藤晴彦、上川隆也の顔合わせの初演99年、再演2003年と、気にしつつも観れなかったこの作品。
三度目の正直で、行ってきました。
斎藤晴彦さんが、ホント、上手い。
冒頭ボソボソと自分の書いたものを読み上げていた人が、自然に登場人物そのものになっていくのが、スゴイ。
二重に演じていることになるんだもんね。
で、相方の俳優、そして劇中劇での弁護士を演じる上川隆也は、そうね、この人に「クスリ」とさせられるとは思わなかった。
とにかく、コンビネーションは、(3回目ってこともあるだろうけど)素晴らしかったです。

ストーリーの方はといえば、割と単純な怪談話っていうか……
観客の方が、先に真実に気づいているだろうと思うんだけどな。
ラスト、ガビーン!!てなるのは、登場人物であって、私ら(観客)じゃないのだね。
私らは、「あぁ、やっぱり……」と思うのである。

9月にはこの日本版をロンドンで上演するらしいです。
日本版は英国版より「湿度がある」と、言ってた気がするんですけど、それを感じるのは、観客だと思うんだな。
もちろん、演出も関係あると思うけど。
『死んだ人』に対する気もちが、私らのほうがウエットってことなんだと思うんだけど。
何はともあれ、ロンドン公演のご成功を祈ります。

いつもよりは(世間的には)マシなものを食べていた数日ですが、疲れました(-_-;)
今上映している映画でお金払ってまで観たいものがないので(無くはないんだけど、時間がちょっと;;)、今日もTVで野球観戦です!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]