忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[820] [819] [818] [817] [816] [815] [814] [813] [812] [811] [810]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

故郷の星・ロリアンを追われ、地球に逃れてきた9人の若者たち。
彼らは守護者とともに、地球の各地に散らばっていた。
ある日、“ナンバー3”が殺される。
それを察知した“ナンバー4”。
次は自分の番だ。
居場所を変えた“ナンバー4”にある日覚醒が訪れる。
それは、レガシーと呼ばれ、“ナンバー4”と“ナンバー9”だけが持つ特別な力だ。
守護者ヘンリーの反対を押し切り学校に通う“ナンバー4”。
しかし、彼らの星を滅ぼした敵、モガドリアンの魔手はすぐそばに迫っていた。

予告編を一回見たくらいかな~
あまり、予備知識なしで出掛けました。
アレックス・ペティファーは『アレックス・ライダー』を見て気に入ってたんですけど、ちょっとゴッツクなっちゃいましたね。
顎のラインとか。
仕方ないけど、美少年だったのに……と、ため息を漏らさずにはおられません。

ため息は続きます。
始まって最初のクレジット。
あちゃ~マイケル・ベイだわ(^_^;)
まぁ、覚悟して観なくてはなりますまい。

先に書いたようにまるで予備知識なしだったので、“ナンバー4”がエイリアンだったとは知りませんでした。
何か、特殊組織の人かと思ってた。
『ハンナ』みたいな。

さて、いきなり“ナンバー3”が襲われる場面から始まります。
可愛い子だったのに残念;;

この映画、背景が全く描かれないので分からないことだらけ。
まず、ロリアンは何故滅ぼされたのか?
モガドリアンがロリアンを滅ぼし、何とか生き残った9人すらわざわざ地球までやって来て狙うのは何故なのか?
何故、律儀に順番に殺すのか?
ロリアンの人は元々あぁいう容姿なのか?
変身してるなら、逃げる時に何故容姿を変えないのか?
“ナンバー4”は恐らくほぼ地球育ちで、故郷のことを知らないにしても、まるで危機感ゼロなのは何故なのか?
まぁ、ここは分かってるかな。
バカだから。
自分の命が危ないのはもちろん、他人にも迷惑がかかると理解する想像力も欠除。
守護者がいくら言ってもまるで聞かない。
ただのわがままな自己顕示欲の権化。
こんな子のお守をしている守護者の命が長い筈もなく……
この辺りで、ようやくことの重大さを把握したんじゃないかとは思うんですけど……

主人公が異星人でこれまた異星人の敵に命を狙われているという設定以外は学園ドラマ。
転校生いじめにあったり、好きになった子の元彼が有力者で、他からもシカトされたり、いじめられてる子と仲良くなったり、好きになった子も彼に思いを寄せているが故にますます目の敵にされたり……。
でもさ、もうちょっと悩め。
自分は異星人なんだし、女の子を普通に好きになっていいのか?とか。
女の子の方も相手は異星人なんだし、自分より滅茶苦茶長生きしたり、全然年取らなかったり、だいたい自分が今見ているのは本当の姿なのか?とか、まるで考えない。

地球に来た9人はお互いの居場所は知らないらしいんだけど、そんなのあり?
種として生き残るためには、一緒にいるかどうかはともかく、お互いのことを把握してる必要があるんじゃないの?
本人達はともかく、守護者も知らないのかな~?
そもそも、どうやって地球に来たんだよ~

という、“ナンバー4”達の背景はまったくもって描かれません。
でも、つまらないかというとそんなこともないのです。
その場その場は面白いの。
ショッカー要素もあって、ビクッとさせられたり、ちょっと受け狙いな笑わし所とか。
観てる間は楽しめるんだけど、観終わって振り返ると、結局何だったんだ?
というマイケル・ベイ印。
いかにも続きを作りたそうなエンディング。
てか、このまま終わったら、本当に一部分だけ映像化してみました。的作品です。

そっか~アレックスはこれでクイン(何でgleeの役名;;)と会ったのか~
もう、別れちゃったみたいですけど。
まぁ、暴力沙汰な男は止めた方がいいですよ。

気になったのは、いじめっ子マーク役のJAKE ABEL。
スーパー・ナチュラルにも出てたみたいですが、シーズン3の途中からサボって見てないので4,5に出てた人は分からない;;
何か、ケビン・ベーコンに似てない?
三白眼とか、目のくぼみ具合とか。
声も喋り方もかなりソックリ。
「む、息子!?」って思っちゃう程だけど、違うみたい。
まぁ、実は息子です。
とか言われても驚かないわ~
“ナンバー4”の守護者役の男前は、ティモシー・オリファントだったけど、ダイ・ハードとか見てないんだけど見覚えがあって、何で見たんだろ?
そういえば、守護者は男前に決めてるんですかね?
この辺りが、地球に来て何かを見てコピーした感じが否めないんだけどなぁ……
て、話が戻っちゃうな;;

とりあえず、眠くならないような、何か面白い、後々引きずらないような映画が観たいな~
という人にはいいかも。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]