忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[823] [822] [821] [820] [819] [818] [817] [816] [815] [814] [813]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

神の世界アスガルドの王オーディンの息子ソーは、最強の戦士としてその力を誇っていた。
しかし、その傲慢さから、氷の巨人の世界へ勝手に攻め込む。
その行為に怒ったオーディンはソーの力と伝説の武器ムジョルニアを奪い、地球へと追放する。
地球の荒野で目覚めたソーは、オーロラを追ってきた天文学者ジェーン達の乗った車に追突される。
病院へ連れていかれたソーだが、自分の置かれた状況が理解出来ずに大暴れ。
しかし、ジェーン達に救われ(?)、慣れない人間生活を送り始める。
ジェーンとの出会いによって分別と他者への思いやりを身につけていく。
一方、その頃神の世界では、ソーの弟であるロキが陰謀を企てていた。
ソーの護衛であった三人と女神シフは、国家の危機をソーに伝えるため地球へやってくる。
しかしロキは、ソーを亡き者にするため、刺客を放っていた。
ソーは力を取り戻し、地球と神の世界を救うことが出来るのか?

やっと観てきました。
2Dで上映してるところとなかなか時間が合わなくて……
3Dは、どうも体に合わないので(ご予算的にも合わないですけど)、何でもやたらと3Dにするのは止めていただきたいものです。
だいたい、平面に描かれているものをちゃんと立体として認識出来るのが、人間の目のスゴイところなんじゃないの?
でも、Jキャメロンがメッチャけなしたと噂のピラニア3Dだっけ?とか、逆に3Dの値打ちあるかもね~
ホラーは向いてると思うんだよね。
フレディーの爪がジャキーン!!とか、飛び出したら怖くない?
まぁ、観に行かないけど(^_^;)

さて、まず一番の興味はケネス・ブラナーがアメコミ映画の監督!?というところ。
しかし、意外にも(といっては、何ですが…)ハマっていました。
北欧神話がベースになっているのと、ソーの口調はシェイクスピア調で書かれているらしいので、シェイクスピア役者の感性にピッタリマッチしたのかもしれません。
ソー役のクリス・ホニャホニャ君は(名前が面倒くさい!)、まったく好みでないのですが、何だかチュー・バッカに似ている気がする……と思うと可愛い気もする。
頑張って身体を鍛えなくっちゃ~!!と頑張り過ぎて、採寸して作ったコスチュームが着れなくなり、もう鍛えるんじゃねぇ!と怒られたんだとか。
アホやね。
そんなアホなところは、ソーとの共通点でしょうか?
冒頭の子供時代から、ロキの方が断然いいですね~(*^_^*)
何か、ビクビクしてて、光を求めてるんだけど影を背負ってる感じ。
まぁ、お兄ちゃんのことは好きだけど、ライバルでもあるし、憎くもある。という、兄弟ならありがちな感じですけど、もう少し複雑な事情は後々明らかになります。
地球で暮らし始めたソー君。
もっと、わがままで嫌なヤツかと思いきや、豪快過ぎて困るけど、基本的にいいヤツ。
ここんとこが、何かね~
もうちょっと嫌なヤツでもよかったんでは?
まぁ、驕りはあったけど、改心した後とここら辺でそんなに性格よくなった感じもしないんだよね~
ダイナーで地球の食事を美味しく食べていたところ、衛星が落ちてきたとの話を耳にする。
それはきっと、一緒に飛ばされたムジョルニアに違いないと、拾いに行くんだけど、神の力を奪われたソー君がいくら引っ張ってもビクともしないのでした。
ガックリするソー君。
力だけの問題じゃなくて、ムジョルニアを持つに値する存在にまだ成れていないということなのでしょう。
そして、一方のロキの出生の秘密に、彼の陰謀の理由があるのですけど……
これを知ると可哀想であんまり責められない。
そりゃあ、屈折しちゃうよ!

一方、ソー君はジェーンに自分達の国のこと、宇宙観を教え、彼女の心も掴み、送り込まれた刺客にも周りの思わぬ方法で対処して(刺客に本来の方法で殺させないところがロキのソーへの愛憎だよね)、それが評価されてムジョルニアも彼のとこに戻ってきて、スンゴイ力で敵をやっつけて、世界を守るために自分の恋も犠牲にしちゃうけど(当たり前だよ)、とりあえずはめでたしめでたし。
で、
エンドロールの後に続く、と。
最初にエンドロールの後も話が続くよ。と注意書きが出たのですが、早々に出ていく人もいました。
これからご覧になる方は、おしっこ漏れそうとかじゃない限り、最後まで見て下さいね。
エンドロールといえば、見ながらハッとしました。
「しまった!!スタン・リーを探すの忘れたぁあ!!」
必死で思い出して、当たりをつけました。
はぁ、ヨカッタ(^_^;)

さて、エンドロール後のお話。
やっぱり、アイアンマン2を見なきゃいけなかったのかな~?
体調がイマイチだったのか、忙しかったのか、グウィネスもあんまり見たくないし、無理してまではいいやって止めちゃったんだよね~;;
アヴェンジャーズに向けて色々盛り上げていってるようですけど、この感じだとソーはもちろんロキも出るんだね~楽しみ(^_^)v

お話としては、至極単純過ぎる気もしますけど、最近ヒーローは屈折しまくりだったから、久しぶりに一本気なヒーローもよろしいんじゃないですか?
でも、私はロキが好き(笑)

あ、別に浅野忠信に恨みはないけど(好意もないけど)、北欧の神さんがモンゴロイドって、個人的にはやっぱヤダな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]