忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[755] [754] [753] [752] [751] [750] [749] [748] [747] [746] [745]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨年の午前10時の映画祭企画でも見そびれてしまっていたのですが、今年は別の館ですが複数回上映されることになり、やっと観れました。
TV放送された時に見たと思うんですけどね。
あんまりちゃんと見なかった気がします。
今さら、あらすじを書くのも何ですが……
映画監督のサルヴァトーレは深夜帰宅すると母からの伝言を受け取る。
それは、「アルフレードが死んだ」というものだった。
その名を聞き、彼は小さな村で過ごした子供時代を思い出す。
アルフレードは村の映画館の映写技師だったのだ。

やっぱりね、ボーボー泣きました(ToT)
でも、この映画何でヒットしたかということをふと考えたんだけど。
映画館に足を運ぶ人間は、基本的に『映画』と『映画館』を愛してるんだな。
そういう人間は、こういう『映画』や『映画館』への愛についての映画、しかも子供時代の思い出とリンクしているような…
を見ると堪らないものがあると思うんだね。
「いい」って聞いて観に行ったけどイマイチ。
という人は、『映画』は『映画館』で。
という人は少ないんじゃないのかな~と。

私個人としては、『映画館』で、この『映画』を観れてよかったと思います。
いや~、やっぱトルナトーレ、モリコーネのコンビはいいなぁ(^_^)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]