忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アメリカ、大恐慌時代、銀行強盗ジョン・デリンジャーは、警察をあざ笑うかのような大胆不敵な犯罪の手口と、金を奪うのは強者からだけという独特の倫理観で、それまでの“強盗”のイメージを覆し、不況に苦しむ多くの国民を魅了した。
ある日、デリンジャーは、運命の女、ビリー・フレシェットと出会う。
彼女との出会いは、デリンジャーのこれからの人生を決定付けるものだった。
ビリーもまたデリンジャーのことを危険な存在だと分かりながらも次第に惹かれていく。
その頃、FBIはデリンジャーをアメリカ初の“社会の敵ナンバーワン(PUBLIC ENEMY NO.1)”として指名手配。
離れ離れになってしまっても、二人の愛は決して揺らがなかった。
捜査の目をかいくぐり、デリンジャーは遂にビリーと再会を果たす。
だが、二人を取り囲むFBIの捜査網は徐々に縮まっていた……。

え~と、これってラヴ・ストーリーだったのですか!?
いや~気づかなかった……(^_^;)
あちこちで粗筋とかレビューとか読んでビックリさ~;;
ジョン・デリンジャーはいい男だよね。
いや、ハンサムってことではなく(私、ジョニデの魅力が「サッパリ分からない」ので)、仲間思いだし、女には優しいし。
ま、これ、この前に書いた「ジャック・メスリーヌ」もそうなんだよね~
仲間を裏切らず、女には優しく、金を奪うのは銀行や大金持ちからだけ。
ね、一緒でしょ?
でも、ジャックにはムラがあるわけ。
女は愛すべきものと思ってるけど、キレて奥さんを殴ったりするし
自分は必ず正しいと思ってるし……
まぁ、欠点だらけといえばいえる男なのだ。
デリンジャーは、欠点がないよね?
ビリーの他に女がいたかどうかとかは、この映画では描かれないし分からないけど。
仲間を最後まで見捨てないし……
でも、そんな人いるのかな?
まぁ、これが本当に彼の実像だとしたら、面白味がない男だな~と思う。
映画としては、ヘンにどこかに偏ることもなく(デリンジャーをヒーローとして奉ったりとか)、淡々といい出来なのかもしれないんだけど。

「つまんねぇ」

勇気を出して言ってしまう。
感想は?と訊かれたら、この一言。
ジョニー・デップに何の思い入れもないし。
だから、思い入れがある人が観るのとは全然違うと思うの。
今回、クリスチャン・ベイルは誰でも、どうでもいいような役だったね。

でも、まぁ、組んで一緒に仕事するなら、デリンジャー。
端から見てるなら、メスリーヌ。
かな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
最近は
ジョニデの映画観る気しない。ジョニデってもう、タイプキャストっていうか、いつも良い人とか出来た人とか、まーちゃんの言うとおり「面白くない」人なんだもん。評価され過ぎというか、固まっちゃったというか、もともとあんまり好きじゃないけど、最近は本当に全く観る気しない役者さんになっちゃった。
chuchu 2010/01/08(Fri)00:03:45 編集
あれ、そうですか?
>いつも良い人とか出来た人とか

というよりは、いつも変な人(そうじゃない場合ももちろんあるけど)

だと思ってました。
なので、今回普通にかっこいい人の役だから、イマイチなのかしらね~と。

まぁ、ファンじゃないんで、仕方ない部分はありますけど。
とりあえず、『アリス』に期待してみることにします。
【2010/01/08 18:16】
そうそう
ヘンな人!それもあるな~。でも、「ヘンなんだけど、愛すべき人」みたいな、ぶっちゃけ「汚れ役」みたいのは演らないじゃん?「・・・カリビアン」とか、なんであんなの評価高いのかわかんないよ。「キース・リチャードをモデルにした」って言ってるの聞いてムカついたもん(笑)
chuchu 2010/01/11(Mon)22:34:32 編集
うんうん
「パイレーツ~」のジョニデのどこがいいのか、
「サッパリ分からない」(湯川先生風で)
「キース・リチャードをモデルにした」って言うのは、髪に括りつけた5円玉とかのことでしょ?
まぁ、ムカつかないけど、私。
どうせなら、昔々のキースがいいけど、それじゃ海賊になりませんな。
キースの変遷を見ると「あぁ、クスリやっちゃいかんな~」と、皆しみじみ思う筈。
【2010/01/12 17:13】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]