忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[600] [599] [598] [597] [596] [595] [594] [593] [592] [591] [590]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

舞台はアユタヤ王国による侵略が進む(多分)14世紀のタイ。
名武将の息子ティンは、両親を殺されながらも悪名高い山賊「ガルーダの翼峰」のボス、チューナンに救われ生き延びる。
チューナンに見込まれたティンは、彼らの住む山奥の村で生活することになった。
そこには、ムエタイ、剣術、カンフーなどありとあらゆる格闘技の使い手たちがおり、ティンは彼らから徹底的な教えを受け、やがて究極の戦士へと成長する。
チューナンはティンを自分の跡目にと考え、ティンもチューナンを父のように慕っていたが、ティンにはどうしてもやり遂げなければならないことがあった。
それは父と母を殺した者への復讐だった。
ある日、父を裏切った男が、父から奪い取った領土に王朝を設立し、王になるという知らせを受け、ティンは単身乗り込む。
彼の本当の戦いが、今始まる!

今回もCGなし、ワイヤーなし(自分は)、スタントマンなし(自分でやります)、早回しなし。
『マッハ!』の超絶アクションで映画界に衝撃を与えたトニー・ジャーが、自らメガホンを取ったのが、この作品。
『マッハ!』は、観たんだけど全然内容を覚えてなくって、「どんな話だっけ?」と友達に訊いたら「村の仏像が盗まれて、取り返しに行くんだよ」と。
あぁ、そんな話だっけ……?
何かもう、滅多やたらと痛そうで、「もう、馬鹿じゃない!?」と思ったことしか覚えてませんでした(^_^;)
今回はムエタイだけじゃなくて、剣を使ったり、総合格闘技ぽかったり、ヌンチャクや酔拳まで(!!)
話自体は簡単ですね。
ストーリーよりもアクションが売りだから、初恋(多分)の少女との再会もあっさりスルー;;
見所はいっぱいあるのですが、ありすぎたのか、途中ボーっとしてしまいました……
イマイチの体調では処理し切れなかったみたい(>_<)
ラストは、あっと驚く(でも、ありがちな)どんでん返しに思わず涙するも、唐突。
後で、実話ベースにありがちな、「この後彼は……」という文章が続く。
物凄く尻切れトンボに終わっているというレビューは、この文章がくっついてなかったのを観たのかも。
何か、唐突ですが、仏教の国タイっぽい終わり方といえばいえます。
やっぱりさ、『因果は巡る風車』ってやつなんですよ。という。
まぁ、そのレビューのとおり、製作がトラぶったんでしょうね。
うん。
まぁ、もう『3』も作ってるという話ですが、多分続きではないんじゃないでしょうか?
だって、文章だけど話としては落としたんだし。

HEROESでしたっけ?真田宏之と、チャン・ドンゴンとニコラス・ツェーが出た思わず笑ってしまう映画がありましたが、アレでリウ・イエが演ってた黒ずくめの殺し屋がいたでしょ?
あんな感じの人とトニー・ジャーが象の上で戦うんですけど、この人が目とかがトニーに似てる感じがして、誰!?と。
どうやらこれが、ダン・チューポンらしい。
これは、今回のとっても見所らしいですよ。
『七人のマッハ!』に出てたんですよね?
私、この映画は見逃しちゃったんでよく分かんないんですけど、この人もスゴイらしいです。
とにかく、アクションシーンは圧巻です。
でも、『マッハ!』ほどはスカッと爽やかな帰り道ではない感じですね。
って、お前『マッハ!』覚えてねぇじゃねぇか!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]