忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[592] [591] [590] [589] [588] [587] [586] [585] [584] [583] [582]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すっかり押し詰まりましたね~
明日、あさってくらいからお正月休みという方も多いのではないでしょうか?
帰省されたり、旅行されたりと予定のある方もいらっしゃると思いますが、今年は曜日の並びがイマイチよくなくて、ちょっと短めですよね。
そんな訳で、今年はもうどこにも行かずにまったり過ごすよ~
と、いう方は普段はなかなか見られない長編映画をご覧になってはいかがでしょう?
個人的にオススメするのは
『ハムレット』
ここでも書きました、よね?
ケネス・ブラナー監督主演の完全版。
4時間あまりあったと思います。
普通なら名前が出てくるだけのローゼンクランツとギルデンスターンもちゃんと登場。
舞台となる宮殿もとても美しく、悲劇の舞台にピッタリ。
設定を近代くらいに変えているので衣装も、何じゃこりゃ!?という所までは行かず、でもクラシカル。
ケイト・ウィンスレットの死ぬとは思えない、でも熱演のオフィーリアも見所です。
ハリウッド映画にチョコチョコ顔を出すようになったルーファス・シーウェルも美味しい役どころで凛々しい姿を見せてくれます。
更にお暇のある方は、定番のローレンス・オリヴィエ版や、評価の高いソ連版と見比べてみるのもオススメです。

『ルートヴィヒ』
ヴィスコンティ×ヘルムート・バーガーの決定版、でしょうか?
これも4時間程。
ヴィスコンティの美意識が隅々まで行き届いた映像を堪能してください。
狂気に満ちた、それでいながら繊細なルートヴィヒ王を演じきったヘルムート・バーガーも見事です。(偉そう…ごめんなさい;;)

そして『天井桟敷の人々』
タイトルくらいは耳にされたことがあるのではないでしょうか?
買ったまま開けてもいないDVDのパッケージには「フランス映画史上に燦然と輝く金字塔」とあります。
え、お前見てないんじゃないか、って…?
いえ、観たんです。
2年くらい前によく行く劇場で「荒野の七人」とか、クラシック映画の名作を期間限定で上映する企画があったんですよ。
それで、その時に、このタイトルだけは聞いたことのある作品を見ました。
3時間あまりの作品なのですが、「あぁ、ロマンティックというのはこういうことなのかも。」と思いました。
今ではレンタルするよりも安いくらいの値段でDVDが買えます。(って、レンタルしたことないから相場がイマイチ分かんないけど;;)
私の持ってるは500円、かな。
ほら、3枚買ったら割引とかあるでしょ?
あの時にもう一枚あれば…、というので買ったんですけど、何しろ長いから。
途中まで見て、また明日っていうのも嫌だし(^_^;)

あ、それから
どれもHAPPY ENDではございません。
正月から、そんなのは嫌だという方はお気をつけ下さいませ。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]