忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2年に一度開催されるフランス料理の国際大会「ボキューズ・ドール」。
この舞台で世界一を目指す一流シェフの戦いを追ったドキュメンタリー。
世界中から集まった一流シェフたちが、与えられた3つの課題食材を使い、5時間半を戦い抜く。
この映画では、スペインの代表となった若きシェフ、へスース・アルマグロと彼をサポートするスペインチームを軸に、世界一を目指して試行錯誤を繰り返す彼らの奮闘ぶりが描き出される。
芸術的ともいえる料理がどのように完成するのか?
その裏側では熱いドラマが繰り広げられていた。
大会の会場では観客達が国旗を振り、歓声をあげて自国のシェフを応援する。
その光景は、まさに“美食のオリンピック”だ。

え~、ご無沙汰でございます。
も~、好きな劇団3つの公演と好きな方の舞台がひと月の内に(正確には十日の内に;;しかも複数回観たりするから…)重なった日にゃ~エラいことでございますよ(>_<)
しかも、その合間を縫って、新しいテレビの設置、祝賀会の受付の手伝いと。
も~~ホンマにめっさ忙しかったんですわ;;
そんな、ハードスケジュールなので、ちょっとの休みも家でバッタリ討ち死に状態。

同じ日に試写会(理想の彼氏)誘ってもらってたんですが、気になってたこの映画をやっぱり観たくって残念ながらお断りしてしまいました(ToT)

料理をするのは好きじゃないんですが、作っているところを見るのは好きな私。
餃子の皮を包む職人さんが恥ずかしがって止めちゃったり、インド料理店でおっちゃんが(もちろんインド人)メッチャ張り切ってナンを焼くくらい見つめてしまいます(笑)

主人公ともいうべき、へスースはスペインの一流フランス料理店の料理長。
何だかおっとりした雰囲気の漂う彼ですが、地元の大会、全国大会でも優勝して、ボキューズ・ドールに挑むことになります。
料理するのは彼ですが、国を代表して出場するわけで、周囲も何かとかまびすしい;;
試食会を開いては受ける先輩シェフ達のアドバイスというかダメ出しというか……
しかも、それぞれのシェフに理念というかスタイルや好みがあるし、全員の言うことを聞いたのでは、とてもまともな料理にはなりそうにない。
映画の中でも出てくるのですが
「英語のことわざにあるだろ?シェフが多いとスープが不味くなる。」
つまり、船頭多くして船山を登る(でしたっけ?)というわけです。
フランス料理でありながら、自国のエッセンスとシェフ自身のセンスも盛り込み……、そして、やっぱりフランス料理であること、なんだろうなぁ…優勝者を見るとそう思わざるを得ない。
ま、フレンチのシェフの大会なんだしね。
課題として出される3つの食材を、それこそ信じられないほどの量を使って繰り返し繰り返し調理しては、メニューを試行錯誤。
こんなに一生懸命なのに、あんなにダメ出しばっかりされて、よく泣かないな~(>_<)
と思っちゃうほど。
泣きそうになったと言ってたかな?
あれは、アシスタントだっけ?
とにかく、大の男が泣きそうになっちゃうくらい、辛い毎日。
休みも欲しいけど、休めば休んだで自分が不安になる。
あぁ、本当に大変だ(@_@;)
しかし、この映画の中で見るだけでもへスースの料理が格段に進歩していくのが分かる。
大会で出したへスースの料理の載ったトレー(これは自前で用意するらしい、大変;;)が映画の最初の試食会のものと比べると本当に雲泥の差!
なんだけど……
この大会、過去の成績順に料理を出す。
調理時間が長いため、24カ国が2日間に分かれて戦う。
へスースは1日目に出場。
つまり真打は2日目ってこと。
いや~もう、ね。
それは食べ物ですか?って感じですよ。
審査員もデジカメでバシバシ撮影!!

結果は、予想通り、残念ながら……
なのですが、優勝した人達も表彰台で泣いていた。
きっと、ヘスースと同じか、もっと辛い毎日を送ってきたんだろう。

いや、でも何かさ~食べる気がしなかったなぁ、あまりに綺麗過ぎてどうやって食べたらいいのか分からない。
きっとお味も超一流、なんだろうけどね。

最後に大写しになるヘスースのママの作るパエリャなべの中身の方が、よっぽど美味しそうに見えてしまう(^_^;)

あ、ボキューズ・ドールの主催(?)のポール・ボキューズはヌーベル・キュイジーヌの旗手といわれた人。
といっても小難しいやね、クレーム・ブリュレを作ったのも彼だそうでございます。

ディッシュ・ギャラリー
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]