忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568] [567]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

母親とパリにやって来た少女ザジ。
母親は新しいボーイフレンドとデート。
彼女は叔父のガブリエルに預けられる。
ザジの目的は地下鉄に乗ること。
それなのに、地下鉄はスト中で乗れないと叔父に言われてしまう。
翌朝、一人で街に出た彼女は地下鉄乗り場へ向かうが叔父の言うとおり動いていなかった。
泣いていると見知らぬ男が声をかけてくるが……

地下鉄に乗ることを夢見てパリにやって来た生意気でお転婆な少女ザジと、奇妙な大人達が大騒動を引き起こす。
ノミの市、エッフェル塔、モンマルトルなどパリの名所をザジと一緒に駆け回っているような気分にひたることが出来ます。

今年は作品誕生から50周年ということでの記念上映。
ずっと気になっていた映画なのですが、ちゃんと観たのは初めてです。
いや~、こんなに楽しいとは思わなかった!!
どうやって撮ったの?と思う場面もたくさん!
観終わった後も楽しさの余韻が残ります。
ルイ・マルが撮ったんだと思うと何だか不思議ですけど(笑)

フランス映画なんて~と言わずに、ぜひ一度。
自分も子供時代に戻ったつもりでザジと一緒にパリの街を闊歩しましょう!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]