忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449] [448] [447] [446]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

基本的にホラーは観ないんですけど……
ま、観てきちゃいました。

名作といわれる1981年公開のホラーを3D映像を使ってリメイク。

新米の炭鉱作業員トムは事故を引き起こしてしまい、5人が生き埋めになった。
その中の唯一の生き残りが、ハリー・ウォーデン。
彼以外は全員惨殺されており、彼の犯行と見なされていた。
そのハリーも命は取り留めたものの昏睡状態にあった。
しかし、一年後のバレンタインデーに突然目覚めると、病院内の人を始め、住民22人を次々と殺害し、炭鉱のトンネルの奥へと姿を消した。
そして、ハリーの仕業と思われるバレンタインデーのチョコレートボックスに収められた心臓が発見された。
その事件に遭遇し、自らも襲われたトムは、その日以来姿を消す。
10年後、トムが街に戻ってきた。
実は彼は事故のあった炭鉱の持ち主の息子で、父が亡くなった後、炭鉱を処分するためにやってきたのだった。
炭鉱が唯一の産業である街の人たちは彼に冷たく当たる。
そして、ある夜、炭鉱夫姿にガスマスクをつけ、つるはしを持った、10年前と同じ姿の殺人鬼が出現し、平穏を取り戻していた街は再び恐怖に包まれた。

典型的なアメリカのホラーでしょうか?
アジアン・ホラーのあぁいう怖さとは全く質が違う。
ひたひたと恐怖は迫ってくるんだけども、迫ってくるものの性質がまるで違っている。
東洋の怖さって何か湿ってる感じがしますよね?
ポタポタと水が滴り落ちるような。
そういうんではないですね。
ガツッと来る感じ。
だから、まぁ、怖いよりは驚きの方が私は強かったです。
こういうホラーに付き物の無駄なお色気シーンもあります。
ヒロインはタンクトップで逃げるしね。
なので、いかにもアメリカなホラーが好きな人はどうぞ。

3Dって初めて観たんですが、飛んで来る物とかに身体がビクッと反応しちゃいますね。
それと、何か~気持ち悪くなってくるね;;
多分酔ったんだろうね。
乗り物とかもめっちゃ弱いもん(-_-;)
帰りも気持ち悪かった。

あ、冒頭にナイスショットな感じの映像がありますんで、しっかり見てね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]