忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[415] [414] [413] [412] [411] [410] [409] [408] [407] [406] [405]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

気になっていたこの映画、観てきました。

チーズで有名なスイスはエメンタール地方の小さな村で暮らすマルタばぁちゃんは最愛の夫に先立たれて失意のどん底にいた。
このままじゃいけないと考えた彼女の友達三人組。
その一人がマルタの家に出かけ、夫の洋服などを処分させようとしていた時、クローゼットの棚にキレイな箱を見つける。
見せまいとするマルタを説き伏せ、中を開けるとそこには刺繍やレースで美しく飾られたランジェリーが!
「昔はこういうものを作っていたの。」懐かしそうに語るマルタ。
ある日、裁縫が得意だったという話を聞きつけ村の合唱団の旗の修繕を頼まれた。
その布の買出しのために友人達と街へ出かけることに。
久々に出かける街、店に飾られた美しい生地やレースを見るうちにマルタの目は輝き始める。
買い物も終わり、カフェでお茶を楽しむ彼女達。
マルタは『パリでランジェリーブティックを開くのが夢だったのよ。』と語り始める。
アメリカ帰りのリジーは今からでも遅くないと勧めるが、他の2人は保守的な村で下着の店なんて……と否定的。
マルタもただの昔話だと笑うのだが……
村に帰り、旗を繕うためにミシンを操るうちに、むくむくとその夢が甦ってきた。
街へ出かけ、生地やレースを買い揃え、リジーにモデルになってもらい……
マルタの夢は、この田舎の村で叶えられるのか?

ちょっとホロリとさせられて、ばぁちゃん達の思い切った行動にスカッとしたり笑ったり、元気が出る映画です。
お店を始めると決めたマルタは突如キラキラと輝いて見える。
保守的な村ゆえにランジェリーショップは様々な妨害に遭う、実の息子もいい顔をしない。
そんな時に、聞きかじったインターネットでの販売を持ちかけ、コンピューターを勉強する友達のばぁちゃんも、旦那さんを施設入れさせないために自動車学校に通うと決めたばぁちゃんも。
皆それまでとは、見違えるように生き生きし始める。

月並みな表現だけどさ、やっぱり、夢を諦めないっていいことだよ。

それにしても、のどかに見える小さな田舎の村もやっぱり社会、色んなものが渦巻いているんだね(~_~;)
昨年の大阪ヨーロッパ映画祭で紹介された時のタイトルは「遅咲きの乙女たち」。
幾つになっても、女は乙女なんだよ、うん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
ぬくぬく
やっぱ人間って、多少の障害があった方が生活にハリが出るのかしら。楽してぬくぬくしてちゃダメかな~

いやでも、ぬくぬくできるうちにして置かないと(笑)
チュチュ 2008/11/27(Thu)19:13:51 編集
Re:ぬくぬく
ぬくぬく出来るんならぬくぬくしてる方がいいんですよ。
障害で大きくなる人もいるけどこすっからくなる人もいるし。

あぁ、ぬくぬくしたい!!
【2008/12/01 17:27】
確かにいくつになっても乙女よねぇ
>のどかに見える小さな田舎の村もやっぱり社会、色んなものが渦巻いているんだね

割と田舎の方が色々ある気がする。
あまり隠し通せないもの、でもその分見てみぬ振り~ってのもあるかも

>見違えるように生き生き

誰かの為に何かをするってことが持っている力以上のものを発揮するんじゃないかねー
URL 2008/11/30(Sun)10:38:34 編集
田舎の方が色々ある気がする。
確かに。
親のところに行く時にみやげどうするかとか聞くと、何か難しいんですよね~
この間も私に送る予定の宅配便の宛名をオカンが書き忘れてて、近所の親戚のオバハンが電話してきたんですが、その件でまたどうのこうの;;
ややこしや~です。

>誰かの為に何かをするってこと

もですが、それで喜ぶ顔が見れたり、お礼言ってもらったりの報酬が人を幸せにするんじゃないかと、現金な私は思うのです(笑)
【2008/12/01 17:33】
可愛かったよ!
去年の大阪ヨーロッパ映画祭で一番良かった作品で「遅咲きの乙女たち」の題名よりこっちがいい!
映画鑑賞後、マルタ役のおばあちゃんとティーチ‐インがあって、ユーモアに溢れた可愛い人でした!
映画からそのまま抜け出てきたみたいでした。
angie 2008/12/03(Wed)01:14:29 編集
Re:可愛かったよ!
マルタ役のおばあちゃんは、スイスではお茶の間の人気者なんですってね。
でも、映画は初主演とか……
本人も遅咲きの乙女?
ばあちゃんになってもああいう民族衣装を着るんだな~と、映画を観ながら思いました。可愛いですよね。
【2008/12/04 17:11】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「マルタのやさしい刺繍」スイス発の元気ムービー
「マルタのやさしい刺繍」★★★☆ シュテファニー・グラーザー 、ハイジ・マリア・グリョスナー 主演 ベティナ・オベルリ 監督、スイス、89分、2006年 町のみんなが顔見知り、 スイスの小さな田舎町に住む 80歳のマルタが主人公。 長く連れ添った夫に先立たれ 気落ちしていた主人公を 周囲の女友達があれこれと世話をやいてくれる、 そして彼女は昔抱いていた自分の夢 店を持つということに夢中になっていく。 スイスの映画だ、役者さんも知らない人ばかり、 でもこういう...
URL 2008/12/15(Mon)07:59:35
忍者ブログ [PR]