忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[260] [259] [258] [257] [256] [255] [254] [253] [252] [251] [250]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

やっぱり、アカデミー賞なんですかね?
今日書くとしたら、ね。
知り合いからメールで速報もらったり、こっそり情報サイト見たりしてたんですが……
何といっても、作品賞にノミネートされているものを、まだまったく見てない状況なんで、気もち的にはイマイチ盛り上がりませんね(^_^;)
その他の部門でも、見てないものが多いし……
助演女優賞をティルダ・スウィントンが受賞したのは驚いた!!
ケイトが有力って話だったですもんね。
個人的にはデレク・ジャーマンのミューズはどこへ行くのか!?って感じですが……まぁ、上手さと存在感なんだろうな。
助演男優賞のハヴィエルは、受賞作に関しては見てないけど、元々好きというか、凄いと思ってた人なので、受賞は嬉しいですね。
今回受賞作(何かで…)の内、既に観たのは
『ヒトラーの贋札』(外国語映画賞)
『エディット・ピアフ/愛の賛歌』(主演女優賞/メーキャップ賞)
『ボーン・アルティメイタム』(編集賞/録音賞/音響編集賞)
『ライラの冒険/黄金の羅針盤』(視覚効果賞)
『レミーのおいしいレストラン』(長編アニメーション映画賞)
くらいかな?
あ、『スウィニー・トッド』(美術賞)もあったね。
主演女優賞受賞のマリオン・コティヤール(エディット・ピアフ)はビックリでした。
確かに、鬼気迫るものがあって、凄かったけど、他と見比べていない状態なので、何とも……
『ヒトラーの贋札』は、このブログでも書きましたが、よい作品なので、受賞をきっかけに見てくれる人がいると嬉しいなぁ。
『レミー~』は確かによかったけど、いつも通りって感じですね。
作品賞は、監督賞とともにまさかの『ノーカントリー』。
どれもまだ観てないのに“まさか”もないもんだけど……
確かに本命視されてたけど、アカデミーの作品賞にはバイオレンス過ぎると思ってたんだけどな~
いや~、コーエン兄弟がね~~いや~……
私の予想は「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」だったんですが、まぁ、観て決めたんじゃなくて、他の賞の結果からの予想なんだけど(^_^;)
結構、こういう賞の結果に惑わされる日本人は多いからね。
スッゴイ混み合ったりするんでしょうか、『ノーカントリー』!?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]