忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[255] [254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Grace
彼が唯一残したアルバム『Grace』を聴きました。
亡くなった当時、音楽雑誌で記事を読みましたが、その頃はちゃんと聴いたことがなかったんじゃないかなぁ。
ミシシッピ川で泳いでて一度沈んで、浮かび上がったけど、次に沈んだ時はそのまま浮かび上がることはなかったというのを読んだ記憶があります。
以前に、Jamie Culumが彼の曲『Lover, you should've come over』をカバーしているのを聴いて、オリジナルってどうなのかなぁと思っていたんですが、ちょこっと声を聴いてその時は買うのは止めちゃったんですね。
で、まぁ、それからずい分経ったわけですが、何となく気になっていたんでしょうね。
購入してしまいました(~_~;)
『天使の歌声』と称される彼の声ですが、私にはどっちかというと幽霊とか、亡霊とか、そういう感じがする。
これは、私が彼の声から思い浮かべるものの喩えであって、それが悪いと言っているのではありません。
でも、前に買わなかったのは、その時はそういう感じが好きになれなかったのかもしれない。
か細いようにも思えるんだけど、力のある声、というか……妙に耳に残る、忘れ難い声です。

死後にも何枚かアルバムが出ているけど、コレだけでいいんじゃないかなぁ…と思います。
彼がアルバムとして作ったのはこの一枚だし。
この一枚しかないから、今みたいに伝説めいた存在になったともいえるのじゃないかと思いますけど。

『死んだ人を愛するのは易しいわ、だって、もう間違いを犯さないもの。』

とはいえ、1990年代、必聴の一枚としてあげられる、このアルバム。
一度聴いても損はないと思います。
何か、ちょっと夢に見そうだけど、白いドレス姿の髪の長い女とかさ(^_^;)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]