忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきました。
公開前から、何だか評判の高かったこの映画。
お盆だけど(私ゃ仕事だし)仕事終わりの時間くらいならそんなに混んでないんでは?
と思ったけど、最終的には立ち見も出たようです。(私は座れました)
いや、どうしたの?
イタリア映画よ、これ!?

北イタリアののどかで小さな村で、少女が行方不明になる事件が起きた。
捜査のために、ベテラン警部サンツィオがやってきたが、少女は丁度発見された所だった。
しかし、少女の話から新たな事件が……
湖のほとりで、少女(と言っても高校生)アンナの全裸死体が発見された。
不自然な姿勢で横たえられた遺体。
また、抵抗の跡がなかったことから彼女は自ら死を受け入れたものとされ、容疑者は顔見知りと推定された。
サンツィオ警部が捜査を進めるうち、村の住民達がそれぞれに抱える『誰にもいえな苦悩』が明らかにされていく。
警部自身もまた、病に犯された妻、通じ合えない娘との関係と、悩みを抱えていた。

美しい死体といえば、「ツイン・ピークス」を思い出しますね。
といっても、物凄く早い段階でギブアップしたので(何か、合わなかったの;;)、内容が分かってないんですけど(^_^;)
最初は、行方不明の少女のネタ振りから、異常性のある犯罪や猟奇殺人を連想させられるんだけど、サスペンスやミステリーというよりはヒューマンドラマ。
警部の犯人探しも、ほとんど考えてないでしょ?な理由で犯人を逮捕したりするし……
犯人が明らかになっていくにつれてその背後にあったアンナの純粋過ぎる愛情が見えてくる。

のですが、個人的には、こんな人はダメだ。
自分の考える『正しいこと』を押し付けているように感じられる。

薄日が差した感がありながら、まだ靄に包まれているように感じてしまうラストシーン。
う~ん、イタリア映画。
ものっ凄い辛気臭くて、頑固で、時に押しが強過ぎて、軽率かと思えば思慮深過ぎる刑事コロンボ、といった雰囲気。

イタリア映画なんて観たこともないわ。という向きにはあまりオススメしません。
95分らしいけど、もっと長く感じます;;
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
辛気臭い?
最近イタリア映画を見てないから、多分寝てしまうような気がする(^^ゞ

ヒューマンドラマね・・・
angie 2009/08/17(Mon)20:50:44 編集
辛気臭い。
もっとミステリー色が強いかと思ってたから……
何というかスカッとはしなかったですね(^_^;)
【2009/08/18 17:13】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]