忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[538] [537] [536] [535] [534] [533] [532] [531] [530] [529] [528]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観てきちゃいました。

NATOによって護送されていた新兵器“ナノマイト”が奪われた。
もともとは癌などの治療のために開発されたものが、兵器へと転用されたものだ。
それは、あらゆる物を食い尽くしてしまうという恐ろしいものだった。
パリのエッフェル塔など世界各地が“ナノマイト”を奪った悪の組織『コブラ』によって狙われる。
それを阻止すべく、史上最強の国債機密部隊G.I.ジョーが立ち上がる。
各国から知力、体力共に優れた者ばかりを集めて訓練したエキスパート集団である。
世界を舞台に彼らと『コブラ』の戦いが始まる!

粗筋を書くのに公式サイトとか見直してみたら、1990年代が舞台だと書いてあるのですが、確か『遠くない未来』と映画の冒頭部分で出ていたと思うので、ハッキリした時代設定はないのでしょう。
適当な近未来という感じでしょうか?
冒頭は中世のフランスから始まって、敵軍にも武器を売ったために罰せられる武器商人の話から始まります。
この辺りは、予想を裏切る感じで「おぉっ」と思いましたね。
この武器商人の子孫は彼の語った言葉どおり繁栄し、今では世界最大の武器会社のオーナー。
“ナノマイト”も、この会社の発明品。
何のためにどこに運ぶんだったか、(デモンストレーションのためだっけ?)イマイチハッキリしないまま、盗まれてしまうこの弾頭(ミサイルに付けて使用)。
実は、裏でこの武器商人が関わっていたのでした。
じゃあ盗まなくっても、作れるやん!てなもんですが、まぁNATOの失墜を狙っての計画だったのですね。
で、この護衛に関わっていた兵士のうち生き残った二人が、仲間の敵も討ちたいってことで、G.I.ジョーなる特殊チームに参加して一緒に戦う。という。
そして、宿敵『コブラ』側には彼らと関わりのある人物がいたり、他にもチームの仲間と浅からぬ因縁を持つ者がいたりして、世界を救う戦いでもあり、私闘でもある。
ま、中心は新兵器を巡ってのドンパチなんで、特に中身らしい中身はないです(笑)
こういう映画はこれでいいのよね。
多分。
どう見てもつっこみどころ満載の『東京』とか。
ビョンホンの子供時代の役の子もイマイチ韓国系じゃない感じやし;;(韓国語喋ってたけどね。でも東京なんやろ?っていう…)
それに、あんな武術道場みたいな所は香港映画とかでしか見たことないんですが……
とにかく、つっこみきれない位に荒唐無稽っつうか、メチャクチャなんだけど、まぁこんなもんでしょう。
何も考えずに楽しめます。

あ、そうそう、“ナノマイト”が色んなものを破壊していく様子が『地球最後の日』みたいですよ!まんま(笑)
怒られないの、コレ?
シエナ・ミラーは、「私はこんなに不細工じゃない!」と、フィギュアに文句つけてるらしいですが。
……そんなもんやで。
どんだけ自分を美人と思ってんのか知らんけど;;
今回お目当ては、ジョセフ・ゴードン・レヴィットだったんですけど。
う~ん……いいのかしら、これ?
いかにも『続く』って感じのラストだったので、また出るんでしょうけど、……まぁ、殆ど顔が隠れてるしね、イメージが固定されるとかは、心配しなくてもいいのかな?
でもねぇ……何だかビョンホンよりも彼の行く末が案じられます(~_~;)
ビョンホンは思ってたよりも出番たっぷりでしたね。
クールな悪役っつう感じで、これなら彼を目当てに観に行った奥様、お嬢様にも満足していただけるのでは?
でも、アジア系ってやっぱりコレなのね;;と思っちゃうけどね。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
チケット売り場で・・・
チケット売り場が開いてたら冒頭の中世のフランスを見れたのに。
少し、見逃したと思ってたのに、あかんわ~
気になるからもう一度見ようかな
angie 2009/08/17(Mon)20:58:02 編集
あの辺だけ?
もっとブッチギリで見逃しはったかと思ってましたわ。
でも、冒頭の中世フランスは、本当にチョッピリですよ。
んで、そんなにストーリーには関わらないと……
あ~、でも、それじゃあ「先祖と同じになってしまった」って、意味分からんかったんじゃ……?
でもまぁ、もう一回観るほどでも……
【2009/08/18 17:16】
それって大事かも
「先祖と同じになってしまった」ってセリフ、どこやったかも覚えてない・・・
やっぱり、見なきゃ(^^ゞ
angie 2009/08/20(Thu)17:13:34 編集
大事かな~
ま、観てれば、観てる方がいいかなと思うんですけど。
後でも、出てきませんでした?
仮面の説明。
しかし、
>どこやったかも覚えてない・・・
って、お疲れですね;;
【2009/08/31 18:21】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
G.I.ジョー
夏休みに見た映画・その1。  「G.I.ジョー」 娘のリクエスト、一緒に行きました。 公式サイト ⇒ ★  【あらすじ】 1990年代...
URL 2009/09/07(Mon)01:09:08
忍者ブログ [PR]