忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[214] [213] [212] [211] [210] [209] [208] [207] [206] [205] [204]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2007東京国際レズビアン&ゲイ映画祭のクロージング作品だそうなのですが、別にそんなことは考えなくてもいい映画です。
これ↑は、私も後で知ったし。
『ウォン・カーウァイの洗練と、ホウ・シャオシェンの文学性を併せ持つ。』と言われちゃあチェックしないとね。
少し翠がかった(ガラスの瓶越しに覗いているような)映像が、ノスタルジーを感じさせます。
恋をするって大変ね。ってことと、やっぱ女って厄介だな。と思う。
どちらも人事のように書いてしまうのは、人事だから(笑)
どちらも自分から遠いところにあるもののように思うんだよね(~_~;)
でも、みんながとても切ないのは分かるのよ。
だから、恋したことがある人はもっと分かると思う。
そいで、自分の中に埋もれてるかけがえのない時間を思い出せると思う。
別にすごいシーンとかはないので、普通に見てもらっていいと思います。R-15だけど。
いや、やっぱ、スゴイのかな……(^_^;)
主役の一人、ブライアン・チャンは、小泉孝太郎と徳重聡を足して2で割ったような男前です。
この二人、どちらも特に好きじゃないんだけど、彼は男前だと思います。
とりあえず、切なくなりたい方はお出かけください。
それと五月天(MAYDAY)の阿信が担当した主題歌も、すごくいいです。これまた切なくて(@_@。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]