忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[366] [365] [364] [363] [362] [361] [360] [359] [358] [357] [356]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

奇蹟の出会いに隠された『秘密』とは?

亜細亜のスーパースター(らしい)ジェイ・チョウの初監督作。
特殊効果も目いっぱい使った、トリッキーで切ない青春ラブ・ストーリーですかね。
主演はジェイ・チョウと「藍色夏恋」のグイ・ルンメイ。
父親が教師をしている学校の音楽科に転校してきたシャンルンは、旧校舎のピアノ室から聞こえるメロディに誘われるように部屋に入る。
すると、ドアのすぐ横の本棚に立てかけたはしごに登る女子生徒と目があった。
彼女の名はシャオユー。
聴いたことのない美しい旋律に興味を持ったシャンルンは曲名を尋ねるが、シャオユーは「誰にも“言えない秘密”よ」と耳元でささやく。
ミステリアスな雰囲気を持つシャオユーに引かれ始めるシャンルン。
二人は家族や音楽のことを話すうちに打ち解け、やがて恋に落ちる。
喘息のせいなのか授業を休みがちなシャオユーを不思議に思いながらも、2人の愛は急速に深まっていくようだった。
そんな矢先、ある間違いからシャオユーはシャンルンの前から姿を消してしまう。
誤解を解きたいシャンルンは彼女の家を訪ねるが、母親はシャオユーはとっくに学校を辞めたという。
5ヶ月後の卒業式の日、卒業生代表として舞台で演奏するシャンルンは、戸口にシャオユーの姿を見つけ、ステージから駆け降りてしまう。
久々に再会した二人だが、シャオユーの様子はおかしく、また姿を消してしまう。
再びシャオユーの家を訪ねたシャンルン。
母親はシャンルンが手に取った楽譜に挟まれていた絵を見て「あの子の言ったことは本当だったのね。」と涙を流した。
シャンルンは部屋で見た一枚の写真に衝撃を受ける。
シャオユーの『秘密』に気付いたシャンルンは、取り壊し工事が始まった旧校舎に忍び込み、ピアノを弾き始める。
出会った日に聴いたあの曲を……。

え~、ちょっと、自分が男前過ぎな感じもしますが亜細亜のスターやからいいのかしら?
自転車での帰り道とかのカメラアングルとか、構図的には趣味が合うのか、結構好きだったりします。
『旅』する図が何だかすごいですね。
自分だったら、初めての時はめちゃくちゃ動揺します。
予告とか見てた時はシャオユーは幽霊みたいなものかなと思ってたんですが、ちょっと違いますね。
彼だけに見えているのか、そうでないのか分かりにくい演出もいいです。
だんだん自分の考えに自信がなくなってくるもん。
シャンルンの父親役はアンソニー・ウォン。
彼を見るたびに「うおぉ、人肉万頭!!」と思ってしまう私ですが(いい加減忘れろよ;;)今回は眼鏡のせいか、印象が柔らかいです。(眼鏡マニア;;)
ちょっと寺尾聡っぽいです。
この人が北京語を話すのは初めて観たような……。

ラスト、みんなこの方がいいのかな~と思いつつも、ちょっと不満。
ラストに向かってどんどん出てくる謎が未解決のままとか、そういいうのもあるけど……。
結局は、私という人間は、間に合ったハッピーエンドよりも、間に合わなかった悲劇が好きなのだ。
現実でないのなら、ね。

蛇足の補足:シリーズ化?
ちょっとタイトルが……日本語としておかしくないですか?
訳としても何だかおかしい気が……
原題は『不能説的・秘密』
言えないこと、と、秘密、は繋げちゃいけないんじゃ?
だいたい、言えないから、秘密なんでしょ?
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]