忍者ブログ
私が観たり、聴いたりしたものの感想と日常のしょうもないことをウダウダと…
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
オモシロモノ
最新コメント
[09/11 クマネズミ]
[07/20 クマネズミ]
[07/16 クマネズミ]
[05/23 樹里@]
[03/05 angie]
最新トラックバック
(09/16)
(08/20)
(08/17)
(08/15)
(07/20)
プロフィール
HN:
赤姫
性別:
女性
趣味:
映画・演劇・音楽鑑賞
自己紹介:
関西在住。生まれ育ちも関西のコテコテ(?)関西人。
洋画・洋楽・歌舞伎で育ったため(?)、ちょっと感覚がヘンかも……
野球好き。ご贔屓はロッテとやっぱり阪神。
別名(まーちゃん)で時々よそ様に出没。

赤姫とは…歌舞伎に出て来る典型的なお姫様。たいてい真っ赤な着物を着ていて、キラキラとした大きな銀の花櫛を鬘につけ、振る舞いもとても可愛いらしい。
子ども時代の私の憧れでありました。
バーコード
ブログ内検索
かうんたー
数え始め 2006/11/14
[491] [490] [489] [488] [487] [486] [485] [484] [483] [482] [481]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

観ちゃった;;
いや~アホやったわ(笑)
原作は以前から、ま、話題になったし、タイトルが気になってたんですけど未読のまま。
小さい頃から何故か翻訳物ばかり読んできたので、日本の人が書いた小説とかは何だか……;;

二浪して晴れて京大生になった安倍(山田孝之)だったが、嬉しかったのも束の間、五月の今は目標を見失い、ボーっと毎日を過ごしている。
同級生で帰国子女の高村(濱田岳)と葵祭のアルバイトの帰り道、「京大青竜会」という怪しげなサークルの新歓コンパに誘われる。
「ただ飯」にありつくだけの目的でコンパに参加した二人。
しかし安倍は、その席で「美しい鼻」の持ち主に一目惚れ。
彼女に近づきたい一心で、高村を誘って入会する。
青竜会に入会したのは、新歓コンパに参加した一回生全員だった。
新歓コンパの際にも、ひたすら「フツーのサークル」を強調する先輩達。
ただのレジャーサークルか?と思われた青竜会だったのだが……。
祇園祭の夜、呼び出された新入生達。
そこで待っていたのは、揃いの青い着物に身を包んだ会長達。
観光客でごった返す四条烏丸交差点で、白、赤、黒の同じような衣装の集団と向かい合う。
そして、ついに安倍たちは、このサークルの目的が、京都に千年続くという謎の祭り、“ホルモー”を行うことだと知らされる!
白、赤、黒の集団は、立命館、龍谷、京都産業大学で同じく“ホルモー”を行うメンバーだという。
いったい"ホルモー"とは何なのか!?

何で観に行ったかっていうと、久々に京都に浸れるかな~と思って。
赤姫の母校も参加してるし(ホルモーに)。
でも、ちょびっとしか出てきませんが;;
鴨川べりとか、京都タワーとか八坂さんとか、四条辺りのちょっと入った通りとか。
あ、ちょっと懐かしいな……という所も出てきますけど。
“ホルモー”という謎の祭を触媒のように使いながら描かれているのは普遍的な『青春物語』かもしんない。
しかし、まぁ、ホントにアホっちゅうか
奉納するのは何故にその歌!?とか
何故その食べ物がエネルギー源なの?とか
いや、ホント、くっだらね~のですが、不思議と金返せ!とは思わない。
笑えて、(大学生だったことのある人は)ちょっとノスタルジーも味わえます。

観に行ったもう一つの理由は山田君。
ナイナイの番組で『箱の中身は何でしょね~♪』みたいなゲームをやった時に、ぷっくぷくの手が気になって(爆)
次に観に行くのは多分MWかな。
今度はどんな顔を見せてくれるのでしょうか?

んで
ここだけの話、吉田神社はマジで何かいると思うわ。
あの鳥居と鳥居の間から、今にも何かが飛び出してきそうな気配がしてたもん。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]